UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/02UEFA情報
●レアル・マドリーの会長選を翌日に控え、候補者の一人であるロレンソ・サンス氏が、フランス代表左サイドハーフのフランク・リベリー(23)と合意に至ったと発表した。
●スペインサッカー連盟(RFEF)の幹部らと約1時間に渡る話し合いを行なった後、ルイス・アラゴネスの代表監督続投が決まった。
●選挙に万が一負けたらカカー契約の真相を語ると発言したラモン・カルデロン氏に再びミランが反発した。レアル・マドリーの会長候補であるカルデロン氏に対して、ミランは再び法的処置を要求するために告発を行った。
●バルセロナがついに、ユニフォームを“汚す”スポンサーを決め、ほぼ合意に達した。地元テレビ局の報道によれば、バルサはユニセフの広告をユニフォームに入れることでユニセフとほぼ合意。この夏のアメリカ遠征で最終的にサインする予定だ。
●A・マドリーのベラスコのエスパニョール移籍が実現するかどうか、時間の問題となっている。エスパニョールとベラスコ間では既に合意に至っているが、あとは両クラブ間での合意を待つのみとなっている
●バルセロナのテクニカル・ディレクター、チキ・ベギリスタインは、ベンチの補強は終了したと語っているが、ディフェンスの選手を獲得するチャンスがあれば、獲得に動くだろう。バレンシア所属のポルトガル代表DFミゲルがその1人だ。
●パナシナイコスは、何としてでもアルゼンチン代表FWハビエル・サビオラをアテネに連れてきたいようで、彼にかかる費用を捻出することも問題はないようだ。年340万ユーロ(約4億9000万円)のオファーを用意している
●ペケルマン監督の辞任により、アルゼンチン・フットボール協会はさっそく後任を探している。その一人がカルロス・ビアンキだ。アトレティコ・マドリーの元監督
●スペインを率いたルイス・アラゴネス監督「サッカー連盟は私の仕事に満足していると言ってくれたし、私自信も続投を望んでいた。これからまた1からスタートしていきたい」「ユーロ(欧州選手権)で少しでも多く勝ち進み、その結果、優勝カップを持ち帰って来ることだ」「もちろん目標は優勝だ。連盟も私に期待しているため続投を決定してくれた。ぜひその期待に応えたい」「今回のW杯では目標にしていた目標にしていた準決勝進出が果たせなかった。決してスペインが他のチームより劣っていたという事はないが、1-0で勝っていた試合をものにできなかった。これはこれからの大きな課題の一つだ」
●FIFA(国際サッカー連盟)の規律委員会は、W杯準々決勝ドイツ対アルゼンチン戦終了後に起きた‘小競り合い’を解明するべく調査を行なうことにした。主審のマッチレポートとあらゆる映像を分析し、アルゼンチンのレアンドロ・クフレに出されたレッドカードについて事実を解明をしていると伝えた。火曜日(4日)に行なわれる準決勝(ドイツ対イタリア)まで裁定されることになる
●チェコサッカー協会はカレル・ブリュックナー監督に契約延長を提示するようだ。チェコサッカー協会が提示したのはユーロ(欧州選手権)2008までの契約。
●「準決勝の前までに治したい。僕らにとってあまりにも大事な試合だ」とフィーゴは試合直後に語った。
●「決勝進出という目標を達成できる可能性が出てきた」とスコラーリはポルトガルのテレビ局のインタビューに対して語った。
●フランス代表ドメネク監督「ブラジルと戦うにはまず守備がよくなければ。ピッチにきちんとゾーンを作るのが最優先課題だった。もう1つは、何とか相手チームに不利な状況を作ることだ。この強いチームに守りだけでは通じない。きちんと守って、時々不安がらせることができたらと考えた。最後はヒヤヒヤしたね。絶体絶命の場面もあった。全体的には厳格さ、規律、団結力、チームプレーができていたと思う。今度はポルトガルだ」「支配ではなく、うまくコントロールできただけだ。ブラジルと対戦するときに気をつけなければならないことを、しっかりできた」
●ブラジル代表のパレイラ監督「選手たちに感謝したい。決勝に進むことがここでの私の任務だったが、それを果たすことができなかった。いつも通りの話だと思う。ブラジルが敗れる時、責任は必ず監督にあるということだ」
●ジネディーヌ・ジダン「今日の勝利は特別だ。コンパクトな陣形で戦い、ディフェンスでしっかり持ちこたえなければならなかった」「僕らはこの成功にふさわしい戦いをしてきた。次は決勝進出を決めたい。ここで足を止めるつもりはない。すべてが素晴らしいから、みんなこのまま続けていきたいと願っている。最後までたどり着きたい」
●ティエリ・アンリ(FW)「ゴールできたことはもちろん満足だ。でもこれは一番大切なことじゃない。大切なのは準決勝に進出できること。パニックにならずに試合をコントロールできた。1-0で残り15分というとき、今まで通りにきちんと守っていこうと思った。ブラジルとやっていると、プレーに見とれる瞬間があるから要注意だった。ジダンからのパスでシュートを決められてよかったよ。今日ははじけて、それから次のポルトガル戦のことを考える」
●パトリック・ビエイラ(MF)「このチームも僕も、試合ごとに進化する。ブラジルを倒すには100パーセントの力が必要だった。この週末は優勝最有力候補を倒した感動に浸りたいね。3日からは次のポルトガル戦に向けて集中する。このチームでプレーできて最高さ。このチームは謙虚なんだ。目的は7試合することだったが、5試合終わってあと2試合。焦ることはない」
●クロード・マケレレ(MF)「やることはやった。パニックにならずにプレーして、何とか相手のペースにならないように気をつけて集中した。パトリック(ビエイラ)の動きは熟知しているから、どちらが出てどちらが引くか、分かっている。ブラジルをメンタルで疲労させたかった。中盤は崩せないぞってね。終了間際はヒヤヒヤしたけれど、いい仕事ができた。さあ次はポルトガル。彼らも攻撃的なチームだからね。真剣にやらないと」
●best4を賭けたイングランド-ポルトガルは0-0でPKとなり、ポルトガルGKの神がかり的なスーパーセーブの連発でポルトガルが勝ち残った
●best4を賭けた最終試合、ブラジル-フランスは、1-0でフランスが勝利。決勝トーナメントからのフランスの強さは尋常でなくどのチームにも負けるようには見えない。
●ブラジル代表ゼ・ロベルト、スペイン代表フェルナンド・トーレスに続いて、ポルトガル代表DFのミゲルもミランの補強候補に浮上してきた。
●シュツットガルトは、ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れたメキシコ代表から2人の選手をチームに迎える。シュツットガルトの広報担当は1日、MFパベル・パルドとDFリカルド・オソリオの2人の獲得に成功したことを明らかにした。
●ようやくトリノから朗報が届いた。ユベントスのチームマネージャー、ジャンルカ・ペッソットが目を開けたようだ。
●トッテナムはコートジボワール代表のMFディディエ・ゾコラを、フランスのサンテチェンヌから獲得したと発表した。ワールドカップのグループリーグ3試合にフル出場したゾコラには、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといったクラブも興味を示していたが、いち早く交渉を開始していたトッテナムが、アフリカ屈指のボランチの獲得に成功した。
●best4を賭けたドイツ-アルゼンチンは1-1で延長まで行き決着つかずにPKとなり、4-2でドイツが勝利した。先行したアルゼンチンは後半逃げ切りを図るためリケルメを交代した作戦があだとなった。
●アルゼンチンのホセ・ペケルマン監督は30日、当地で行われた準々決勝で地元ドイツにPK戦で敗れ、8強入りを逃した後、辞任を表明した。「自分の任期は終わりに来た。これ以上は監督を続けない」と話した。
●イタリアはウクライナを3-0で破ってbest4に進出した
●ペケルマン監督の辞任により、アルゼンチン・フットボール協会はさっそく後任を探している。その一人がカルロス・ビアンキだ。アトレティコ・マドリーの元監督
●スペインを率いたルイス・アラゴネス監督「サッカー連盟は私の仕事に満足していると言ってくれたし、私自信も続投を望んでいた。これからまた1からスタートしていきたい」「ユーロ(欧州選手権)で少しでも多く勝ち進み、その結果、優勝カップを持ち帰って来ることだ」「もちろん目標は優勝だ。連盟も私に期待しているため続投を決定してくれた。ぜひその期待に応えたい」「今回のW杯では目標にしていた目標にしていた準決勝進出が果たせなかった。決してスペインが他のチームより劣っていたという事はないが、1-0で勝っていた試合をものにできなかった。これはこれからの大きな課題の一つだ」
●FIFA(国際サッカー連盟)の規律委員会は、W杯準々決勝ドイツ対アルゼンチン戦終了後に起きた‘小競り合い’を解明するべく調査を行なうことにした。主審のマッチレポートとあらゆる映像を分析し、アルゼンチンのレアンドロ・クフレに出されたレッドカードについて事実を解明をしていると伝えた。火曜日(4日)に行なわれる準決勝(ドイツ対イタリア)まで裁定されることになる
●チェコサッカー協会はカレル・ブリュックナー監督に契約延長を提示するようだ。チェコサッカー協会が提示したのはユーロ(欧州選手権)2008までの契約。
●「準決勝の前までに治したい。僕らにとってあまりにも大事な試合だ」とフィーゴは試合直後に語った。
●「決勝進出という目標を達成できる可能性が出てきた」とスコラーリはポルトガルのテレビ局のインタビューに対して語った。
●フランス代表ドメネク監督「ブラジルと戦うにはまず守備がよくなければ。ピッチにきちんとゾーンを作るのが最優先課題だった。もう1つは、何とか相手チームに不利な状況を作ることだ。この強いチームに守りだけでは通じない。きちんと守って、時々不安がらせることができたらと考えた。最後はヒヤヒヤしたね。絶体絶命の場面もあった。全体的には厳格さ、規律、団結力、チームプレーができていたと思う。今度はポルトガルだ」「支配ではなく、うまくコントロールできただけだ。ブラジルと対戦するときに気をつけなければならないことを、しっかりできた」
●ブラジル代表のパレイラ監督「選手たちに感謝したい。決勝に進むことがここでの私の任務だったが、それを果たすことができなかった。いつも通りの話だと思う。ブラジルが敗れる時、責任は必ず監督にあるということだ」
●ジネディーヌ・ジダン「今日の勝利は特別だ。コンパクトな陣形で戦い、ディフェンスでしっかり持ちこたえなければならなかった」「僕らはこの成功にふさわしい戦いをしてきた。次は決勝進出を決めたい。ここで足を止めるつもりはない。すべてが素晴らしいから、みんなこのまま続けていきたいと願っている。最後までたどり着きたい」
●ティエリ・アンリ(FW)「ゴールできたことはもちろん満足だ。でもこれは一番大切なことじゃない。大切なのは準決勝に進出できること。パニックにならずに試合をコントロールできた。1-0で残り15分というとき、今まで通りにきちんと守っていこうと思った。ブラジルとやっていると、プレーに見とれる瞬間があるから要注意だった。ジダンからのパスでシュートを決められてよかったよ。今日ははじけて、それから次のポルトガル戦のことを考える」
●パトリック・ビエイラ(MF)「このチームも僕も、試合ごとに進化する。ブラジルを倒すには100パーセントの力が必要だった。この週末は優勝最有力候補を倒した感動に浸りたいね。3日からは次のポルトガル戦に向けて集中する。このチームでプレーできて最高さ。このチームは謙虚なんだ。目的は7試合することだったが、5試合終わってあと2試合。焦ることはない」
●クロード・マケレレ(MF)「やることはやった。パニックにならずにプレーして、何とか相手のペースにならないように気をつけて集中した。パトリック(ビエイラ)の動きは熟知しているから、どちらが出てどちらが引くか、分かっている。ブラジルをメンタルで疲労させたかった。中盤は崩せないぞってね。終了間際はヒヤヒヤしたけれど、いい仕事ができた。さあ次はポルトガル。彼らも攻撃的なチームだからね。真剣にやらないと」
●best4を賭けたイングランド-ポルトガルは0-0でPKとなり、ポルトガルGKの神がかり的なスーパーセーブの連発でポルトガルが勝ち残った
●best4を賭けた最終試合、ブラジル-フランスは、1-0でフランスが勝利。決勝トーナメントからのフランスの強さは尋常でなくどのチームにも負けるようには見えない。
●ブラジル代表ゼ・ロベルト、スペイン代表フェルナンド・トーレスに続いて、ポルトガル代表DFのミゲルもミランの補強候補に浮上してきた。
●シュツットガルトは、ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れたメキシコ代表から2人の選手をチームに迎える。シュツットガルトの広報担当は1日、MFパベル・パルドとDFリカルド・オソリオの2人の獲得に成功したことを明らかにした。
●ようやくトリノから朗報が届いた。ユベントスのチームマネージャー、ジャンルカ・ペッソットが目を開けたようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。