FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/06/20UEFA情報
●アルゼンチン代表FWリオネル・メッシーが、W杯ドイツ大会でファンに最も衝撃を与えている若手プレーヤーとなった。FIFAの行なったアンケートによると、メッシーは計1万6776票のうち、44%となる7401票を集め、2位につけたポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドの2063票に大差をつけトップに立った。
●FIFAの規則委員会がイタリア代表MFデ・ロッシ(22=ASローマ)に対して6試合の出場停止を言い渡す可能性が出てきた。この判定が確定となった場合、デ・ロッシはドイツW杯での出場機会を失うことになる。
●82年W杯スペイン大会のアズーリ優勝メンバー、マルコ・タルデッリ氏がイタリア代表監督リッピに対し「以前の様な確実さが見られない」と批判した。「戦術は変えず、調子の悪い選手は交代する方が良いだろう。そして司令塔トッティは絶対出場させるべきだ」
●チェコ代表FWミラン・バロシュが練習を再開し、W杯グループリーグ最終戦、対イタリア戦出場の可能性がでてきた。バロシュは6月3日に行なわれた親善試合で左足アキレス腱を痛め、ドイツ入りしてからも鎮痛剤の助けを借りなければならない状態で、第1戦、第2戦を欠場している。
●G組はスイスがトーゴを2-0で破り、1勝1分けの勝ち点4で3大会ぶりの決勝トーナメント進出に前進した。
●H組ではスペインがチュニジアに3-1で逆転勝ち、2連勝で2位以内を決め、2大会連続の1次リーグ突破を決めた。
●H組では初出場のウクライナはサウジアラビアに4-0で快勝、W杯初勝利で1勝1敗とした。
●パブロ・イバニェス(アトレティコ・マドリー)のコメント。「点を取られた時はカバーリングに入ったけれど、リバウンドが相手に渡ってしまった。でも、それ以外の場面では相手にチャンスを与えなかった。特に後半は、前線と中盤でのプレスが効いたことで、後ろの僕らは楽になった。プジョルと2人で守ることが多いが、前の選手たちの(プレスの)おかげで、負担は小さいものになっている。これから試合をやるごとに、この機能性はより高まるだろう」
●マリアノ・ペルニア(ヘタフェ)のコメント。「前半は攻め続けてもゴールにならなくて、悪いサイクルの中にいた。ただ、後半はボールを前、横、後ろと大きく動かすことで、相手を崩すことができた。今日示したように、僕らは高いレベルで、違ったリズムとプレースタイルを作ることができる。これは、これからの戦いに向けて大きなアドバンテージになるだろう」
●ルイス・アラゴネス監督のコメント。「(後半の選手交代について)守備的MFのセナに代えて攻撃のリズムが作れるセスク、サイド寄りに開いていたルイス・ガルシアに代えて、前線と中盤で動き回れるラウルを入れた。そして、その2人がより動きやすくなるためのスペースを作る役目として、ビジャに代えて右ウィングのホアキンを投入した」
●ルイス・ガルシア(リバプール)のコメント。「いつだって交代なんかしたくない。でも、チームが難しい状況になっていることも、自分が交代するのと同じくらい嫌なことだ。だから、今日の交代には納得している。ラウルは、前線と中盤を動き回るプレースタイルでボールの動きを変えたからね」
●アルゼンチンを災難が襲った。ホセ・ペケルマン監督は、ルイス・ゴンザレスを欠いて戦わなければならない。MFゴンザレスは16日に行われたセルビア・モンテネグロとの試合で鼠径部(そけいぶ)を痛めてしまった。10日間ほどの戦線離脱が予想されており、21日のオランダ戦は欠場が確実となる。
●オサスナとエスパニョールはモロッコ人モハの移籍に関し、30万ユーロ(約4350万円)とさらにエスパニョールが1部残留した場合2年間で10万ユーロ(1450万円)がオサスナに払われるという内容で合意に至った。
●セビージャのデル・ニド会長はR・マドリー元会長ロレンソ・サンスがラジオ・マルカでスポーツ・ディレクターのモンチを手に入れたいとコメントした事に対し、モンチはセビージャを離れる気はないと反論に出た。実際に、現在W杯に出場中のサビオラの将来やどの選手と契約するかについてはモンチに委ねていると主張した。
●MFステファノ・フィオーレは、バレンシアが保有権を持ち、今季はフィオレンティーナにレンタルされていたが、フィオレンティーナ退団を認め、「今後は全てのチームに門戸を開く」と、語った。フィオーレは2004年に結んだバレンシアとの4年契約がまだ2年残っているが、「来季もイタリアでのプレーを希望している」と明らかにしている。
●レアル・マドリーが獲得を狙っていると噂されるユベントス所属のイタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタが、自分は‘ギャラクティコ’ではないと明かした。「僕がR・マドリーへ?新聞なんかで読んだよ。他のクラブからの関心があるってこともね。(R・マドリーから関心を持ってもらうことは)選手にとって光栄なことだ。でも、彼らは‘ギャラクティコ’だけれど、僕は違うよ」と語った。
●レアル・マドリーの会長候補であるフアン・パラシオス氏がスポーツ・ディレクターにすえようとしているホセ・アントニオ・カマーチョ元監督は19日、ACミランと交渉の結果、MFカカの獲得は不可能だと明かした。「変なうわさを流したくない。ミラン、インテル、ユベントスと話し合ったが、ミランにはカカを放出しないと言われたし、この件は国際サッカー連盟(FIFA)に訴えられている(不正交渉の可能性)。R・マドリーが訴えられるのは重大な汚点だ。カカを獲得するようなことはしない。インテルのFWアドリアーノも放出不可能だ」
●フェルナンド・トーレスが今季こそアトレティコ・マドリーを去るだろうという噂は後を絶えない。W杯が終わったら出て行くという報道のたびにアトレティコは否定しているが、やはり“エル・ニーニョ”移籍は連日のように新聞をにぎわせている。最新のニュースでは、ミランがついにフェルナンド・トーレスと移籍に向けて合意したとも報じられている。マルカはこの報道を受けて早速ガリアーニと接触した。本来の用件はカカーに関するものだったが、フェルナンド・トーレスに話が及ぶと「今のところ彼を狙っているという噂は全くのでたらめだ。我々はこの件についてアトレティコの幹部とは一切話をしていない。ミゲル・アンヘル・ヒルとは仲もいいが、そんな話はしていないよ」
●レアル・マドリーの会長候補アルトゥーロ・バルダサーノ氏は、現在いるメンバーの中で、ロベルト・カルロス、イバン・エルゲラ、アントニオ・カッサーノら計7選手の放出を考えていると伝えた。同氏は、「スポーツ・ディレクターの任務に介入するつもりはないが、ディフェンスではロベルト・カルロス、エルゲラ、パボン、ウッドゲイト、中盤ではパブロ・ガルシア、グラベセン、FWではカッサーノの放出を検討する必要があると思っている。ファンが思っているようにね」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.