FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/06/11UEFA情報
●ワールドカップに向けドイツで合宿中のスペイン代表は10日、スタメン組と控え組に分けた戦術練習を行った。スペインの初戦であるウクライナ戦まであと4日。ルイス・アラゴネス監督は、前日に引き続きチームを2つに分けて練習を行い、スタメン組からラウルを外した。
●アーセン・ベンゲルは17日にもビジャール・ミルに回答する。レアル・マドリーの会長選に立候補するビジャール・ミルとカルロス・サインス両氏の監督就任の要請に、ベンゲルは最終的な決断を下していない。すでにベンゲルはアーセナルにこのオファーを伝えているようだが、一週間後まではどのような回答も避けるつもりだ。
●このまま行けば、12日にもグジョンセンはバルセロナの今季補強第一号となる。バルサと選手がこの度合意に達し、グジョンセンは来週にも契約書にサインするためにバルセロナにやってくる見込みだ。バルサとチェルシー間の合意も事実上終了しており、移籍金は1000万ユーロ(約14億円)から1500万ユーロ(約17億円)の間と見られている。
●ユニフォームから伝統の縞が消えるのはアトレティコ・マドリーだけではなかった。物議をかもした来季のユニフォームに対するファンの反対により、最終的にアトレティコは縞のない斬新なデザインのユニフォームは第2ユニフォームとなったが、これと同じように縞のないナイキのユニフォームはどうやらユベントスやバルセロナも使用することになりそうだ。
●R・マドリーのスポーツ・ディレクター、ミヤトビッチと新会長候補ラモン・カルデロンから幾度にも渡り誘いを受けていたユベントスのファビオ・カペッロ監督は、オファーを断る回答をした。
●デポルティーボ・ラ・コルーニャの前監督ハビエル・イルレタが、来季からベティスの監督に就任することで合意した。
●セルタは来季の強化選手として、現在今季18得点で2部リーグの得点ランキング2位に位置するR・マドリーBのロベルト・ソルダドの獲得に乗り出している。
●ミランは、チェルシーに移籍したアンドリー・シェフチェンコの代役を務めるストライカーを探し続けている。新たにアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWのフェルナンド・トーレスに狙いを定めているようだ。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は10日、フランス代表のFWジブリル・シセが右足を骨折したことでクラブが負った損失を、FIFA(国際サッカー連盟)が補償すべきだと語った。シセはワールドカップを控えたフランス代表のテストマッチで右足を骨折し、復帰の見込みは11月と言われている。この結果、シセを放出した移籍金を戦力補強費に回す予定にしていたベニテスのプランに大きな狂いが生じてしまったのだ
●10日、マルコ・マルキオンニ(25)がメディカルチェックを終了し、ユベントス移籍が正式発表された。
●イタリア代表でユベントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロが10日、会見に応じカルチョ・スキャンダルの中心人物となっているユベントス元GMルチャーノ・モッジについて語った。「現在厳しい状況に追いやられているモッジに対して、自分やその他の選手が愛着の念と人道的に心配していると言っても驚かれる事はないだろう」と窮地の元GMを気遣った
●マルセイユ所属でフランス代表MFフランク・リベリーは、彼自身がリヨン移籍を希望しているということだ。
●サンプドリアはクリスティアン・ビエリを獲得する可能性が非常に高くなっている。元インテル、ミランのビエリは、モナコを経てイタリアに戻ってくることになりそうだ。
●イタリアのW杯初戦となるガーナ監督ラトミール・デュイコビッチはイタリア戦に向けて自身のコメントをした。セルビア・モンテネグロ人のデュイコビッチ監督は「我々を倒すにはアズーリ(イタリア代表)全員が汗だくにならなければならないだろう。今回のW杯の展開を予想する事は不可能だ。我々の目標は準決勝進出、可能性は充分ある。アフリカ勢を倒すのは簡単じゃない」
●「ガーナ戦に出場するかって?問題はないと思うけど・・・。ガーナのタックルは怖くない。どの試合に出場しても、多かれ少なかれ激しいファウルを受けるだろうし。それにここドイツにはプレイする為に来ている。準備は出来ている。あとはリッピ(代表監督)が必要としてくれるかだ。恐怖心はない。自分に残されているのは本来のトッティに戻る事だけだ」とMFフランチェスコ・トッティがデゥイスブルグで行われたユースチームとの親善試合後に復活をアピールした
●9日に行われたデゥイスブルグのユースチームとの親善試合後、イタリア代表監督リッピがコンディションの気になる司令塔トッティについて語った。「フランチェスコ・トッティが本来のプレイを取り戻し復活した。ここ最近で一番イキイキしていた」とトッティ復活を断言した。12日に行われる初戦ガーナ戦のトッティ先発の可能性に対して同監督は「もう少し考えたい」
●イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ(30=ACミラン)がW杯初戦となる12日ガーナ戦に間に合うことが判明した。
●チェコ代表FWミラン・バロシュ(24)が10日、2日後に迫ったアメリカとのW杯初戦への出場がほぼ絶望的となった事が判明した。バロシュはトリニダード・トバゴとの親善試合でファールを受けたことが原因で左足の筋を伸ばしており、完治まで最低一週間はかかると見られている。
●初戦を12日に控えたイタリア代表、10日に行われた記者会見でFWトニは「チームがやってやる!という思いで団結している」とチームの雰囲気が良い事を明かした。
●W杯初戦のガーナ戦を2日後に控えた10日、イタリア代表FWデル・ピエロが同僚MFトッティについて語った。「トッティのコンディションは70%?彼との共存は何の問題もない。ただ自分のコンディションは100%だという事を練習で証明した。今まで沈黙を守ってきたのは熟考し、自身の集中力を高めたかったからだ」と会見に応じた経緯を語っている
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会第2日は10日、フランクフルトなどで1次リーグ3試合が行われ、優勝候補の一角に挙げられているB組のイングランドは、1-0で3大会連続出場のパラグアイを下し、白星で滑りだした。
●1次リーグB組、トリニダード・トバゴ―スウェーデンは0-0で引き分けた。スウェーデンが、後半退場者を出した相手を圧倒的に攻めたが、ゴールを割れなかった。 
●過去優勝2度の強豪アルゼンチンが初出場のコートジボワールを2-1で下し、白星スタートを切った。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.