FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/06/10UEFA情報
●フランク・ランパートとのトレードでチェルシーとバルセロナが交渉していると報道されたデコは、このニュースに不快感を表した。W杯に向けてポルトガル代表として合宿中だが、新聞へのインタビューの中で、この噂について語っている。「僕は何も知らない。ラポルタ会長とチキ・ベギリスタインTDを信用しているから、僕がバルサに残ることは分かっているはず」とデコ。
●バルセロナのテクニカル・ディレクター、チキ・ベギリスタインは、デコがこの夏他の選手とのトレードでバルサを出て行くことはないと断言した。クラブのホームページ、そしてTVで「デコの移籍はない。彼は出て行きたいとは一言も言っていないし、バルサで満足している。それにランパードもバルサに来たいとは言っていない」と明言「我々は彼の活躍に非常に満足している」「デコはポルトにいた時から、常に勝利を導いてきた。ポルトでもバルサでも、チームを支えながらあらゆるタイトルを獲ってきた。彼が来てからバルサは2回のリーガとチャンピオンズリーグを獲っている。彼もバルサで満足していると確信しているし、彼がバルサから出て行く可能性はない」
●ニースケンスのアシスタントコーチ就任のニュースにファン・ボメルは、「彼はとても冷静なコーチ。ライカールトタイプだね。それに元バルサの選手だし、オランダ同様カタルーニャでも有名だよ」とコメント。そして、バルサにとって良い契約となったと考えるファン・ボメルは、「彼はテン・カテとは違う面を持っている。雰囲気はどうなるかって?テン・カテはただ報道陣や僕達に少し厳しかっただけだよ」と付け加えた。一方、2000年のヨーロッパ選手権でニースケンスの下プレーした経験を持つジオも、「ニースケンスはオランダの象徴だし、もちろんバルサでもね。素晴らしい人物だし、スペイン語も完璧に話す。それがとても大切なことでもあるんだ」とコメントを残した。
●8日午後、バルセロナとヨハン・ニースケンスが合意に達し、ヘンク・テン・カテの後任として、ニースケンスがアシスタントコーチに就任するとバルサが伝えた
●サラゴサが、元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロ(25)の獲得で合意に至った。ダレッサンドロは今季、ドイツのボルフスブルグからのレンタルでイングランドのポーツマスに移籍。ポーツマスには買い取りオプションもあったがそれを行使しなかったため、サラゴサが獲得に動いた。
●7月1日よりベティスの会長に就任するペペ・レオン氏は、セラ・フェレールの後任としてイルレタとシュスターのいずれかを迎えたい旨を伝えた。「今の所は何の進展もないようだが、オーナーのマヌエル・ルイス・ロペラ氏次第だろう。早ければ今週末か月曜日には目処がつく可能性もある」と状況を説明した。他にはウーゴ・サンチェスやミカエル・ラウドルップが候補に挙がっていたが、最終的にはイルレタとシュスターに搾られたようだ。
●ワールドカップに参加するトーゴ代表監督を務めてきたオットー・フィスター氏は10日、『キッカー』誌がインターネット上で伝えた監督辞任のニュースが事実であると認めた。フィスター氏はスポーツ通信社(sid)の取材に対し、「辞任は本当だ。プロとして仕事を続けることが不可能になったからだ」と語った。
●デコはトレーニングの途中、イライラした様子で練習場を後にし、帰り際にいすに八つ当たりしたというから穏やかではない。デコのフラストレーションがこれほどたまっている原因は、コスティーニャとぶつかった際に受けた筋肉の痛みであると思われる
●私生活でマスコミを賑わせるロナウドが1週間の沈黙を破り、ついに記者会見に答えた。「がっかりすることがたくさんある」とマスコミに対して失望感をあらわにしたロナウドは、節度ある報道を願っているようだ。
●オランダ代表選手のバルサのMFファン・ボメルはW杯に向けて練習中に右膝にケガを負い、途中でピッチを後にする事となった。報道陣シャットアウトでの練習だったにも関わらずファン・ボメルが苦しんでいる姿が写真やカメラに収められていた
●アルゼンチン代表のホセ・ペケルマン監督が、ワールドカップのコートジボワール戦を翌日(現地時間の10日)に控え、同戦での先発メンバーを明かした。ペケルマン監督によると、GKにはアボンダンシエリ、DF陣はブルディッソ、アジャラ、エインセ、ソリンの4バック。MFはカンビアッソ、マスチェラーノ、マキシ・ロドリゲス、リケルメの4人。そして最前線にはサビオラとクレスポが入り2トップを形成することになる。
●ドイツが開幕戦飾る=4-2でコスタリカに勝利
●エクアドル2-0で勝つ W杯1次リーグA組
●7日の中国との親善試合で重傷を負った後、すぐにその状態を公にしないでほしいと強く要望していたフランス代表のジブリル・シセ。「約5カ月です。特に問題がなければ5カ月後に復帰できると考えるのが妥当でしょう」
●バルセロナの獲得候補として名前も挙がっていたアンデルテヒトのベルギー人DFビンセント・コンパニー(20歳)が、来シーズンよりドイツのハンブルガーSVでプレーすることになった。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、トッテナムのMFマイケル・キャリックの獲得に本腰を入れはじめた。ファーガソンは、昨年末にマンUを退団したMFロイ・キーンの後継者として、イングランド代表にも選出されているキャリックに白羽の矢を立て、9日には1000万ポンド(約20億円)のオファーを提示する意思をトッテナム側に伝えている。
●ランスのベノワ・アス・エコットがトッテナムに移籍することが決まった。22歳の左サイドバック、アス・エコットは今季全38試合のうち34試合に出場したが、これでリーグアンを去ることになる。契約金額と期間については不明。
●ハンブルガーSV(HSV)のベルギー代表DFダニエル・ファン・ビュイテンがバイエルン・ミュンヘンと4シーズンの契約を結ぶことが明らかになった。また、移籍金の額は1000万ユーロ(約14億4000万円)。
●フルラン、ボゴシアン、イルレタがマルセイユの次期監督候補として取りざたされているが、9日付の『ラ・プロバンス』紙はズデネク・ゼーマンがマルセイユと接触を持っているようだと報じている
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.