FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/27UEFA情報
●ズラタン・イブラヒモビッチがレアル・マドリー会長選の切り札となる可能性がでてきた。イブラヒモビッチは、ユベントスがセリエBに降格した場合、R・マドリーに来る気持ちはあるのかについて、すでにある候補者から打診を受けている。イブラヒモビッチ本人はユベントスがセリエBに降格した場合、クラブを退団すると決めている。そしてもう一人、ジャンルカ・ザンブロッタもある候補者からの連絡を受け取っている。ザンブロッタは、フアン・パラシオス候補が当選した場合、スポーツ部門の最高責任者になるとされているホセ・アントニオ・カマーチョお気に入りの選手である。
●来季に向けてCFの補強を目指すバルセロナは3選手と交渉を行なっている。第1オプションがビジャレアルのディエゴ・フォルランであることははっきりしており、ライカールト監督もフォルランが獲得候補の1人であると認めている。交渉は順調に行っているようで、合意も近いとされているが、まだビジャレアルとの交渉という難関が残っているため、慎重に進めたいとしている。バルサは、フェルナンド・ロッジ会長がフォルランの移籍金を1500万ユーロ(約21億円)に減額するとふんでいる。バルサはフォルラン獲得失敗に備え、チェルシーのグジョンセン、フェイエノールトのカイトというオプションも考えている。
●ロレンソ・サンス氏(レアル・マドリーの元会長)がラジオ・マルカの番組内で、R・マドリー会長選に立候補する意向であると伝えた。
●9年間サラゴサの会長を務め先日辞任を表明したアルフォンソ・ソランスの後任、アガピト・イグレシアスは、来季からビクトル・フェルナンデスを監督として迎える旨を表明した。
●来季以降についてはW杯後に決定されると見られていたサラゴサのMFカニだが、ビジャレアルと5年間の契約で合意に達したと発表された。
●ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長はディエゴ・フォルランをどこにも売るつもりはないと語り「彼にはまだ3年契約がある」と断言した。バルセロナが獲得を狙うフォルランだが、ロッチ会長は「来季は彼に加えてニハト、ギジェ・フランコ、ホセ・マリという優秀なFWが揃う」と満足げに語っている。
●ブラジル代表のドクターが、調子を取り戻していないと騒がれているロナウドの正確な体重について「絶対に明かせない秘密だ」と語り、周囲を牽制した。
●フェルナンド・トーレスは、ドイツW杯でビジャとの相性の良さで世界にアピールできると自信を高めている。「彼とは18歳のときから、U-20代表で一緒だったし、お互いのことを良く分かっているよ。今も理解は完璧だし、この相性の良さをまずはロシア戦(27日)、それから本大会でも見せたいね」。
●ティーニュでの1週間の合宿を終えたフランス代表のジネディーヌ・ジダンは、26日金曜日にクレールフォンテーヌで行われた記者会見では、落ちついた物腰で元気な姿を見せた。メキシコとの親善試合を翌日に控え、チームのモチベーションは最高に高まっているとのことだ。ワールドカップ(W杯)まであと2週間。ジダン自身も自らのキャリアの最後を飾るW杯で「最善を尽くす。その気持ちがいつもの1000倍ある」と語った。
●インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカル・ディレクター)は26日、同クラブに所属するFWアドリアーノの今夏の放出を否定した。同TDは、ミランやレアル・マドリーへの移籍が噂されるアドリアーノについて「彼は来季もインテルに必要不可欠な選手。移籍マーケットに出していなければ、そうするつもりもない。メディアが騒いでいる(移籍)話はすべて作り話だ」と語り、アドリアーノ獲得を狙うクラブに警告を発した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、右足骨折でワールドカップ出場が微妙な状態であるFWウェイン・ルーニーについて、「ワールドカップでプレーすべき選手」と語り、愛弟子のドイツ行きを後押しする姿勢をみせた。
●チェルシーへの移籍を正式に表明したACミランのウクライナ人FWアンドリー・シェフチェンコが移籍を希望するに至った経緯を説明した。「移籍したいという意思をACミランが尊重してくれる事を願う。アンチェロッティ監督やクラブとの関係など理由ではない。まして金銭面などもってのほか。サポーターが送ってくれた数々のメッセージを読むと今回の結論は非常に辛い。今回の決断に妻は関係ない。我々2人が話し合って家族の将来の為に出した結論だ。自分は英語が話せず、妻(アメリカ人)はウクライナ語が話せない。現在我々夫婦の共通語はイタリア語だが、子供達が理解するのが英語のみなので。自分の要求に対してガリアーニ(ACミラン副会長)、ベルルスコーニ(同クラブオーナー)が耳を傾けてくれた事に大変感謝している。この決断は今後の人生の為に重要だった。ACミランの様な素晴らしいクラブに巡り会うのは難しい。この選択が家族にとって最善であると願っている」と苦渋の選択だった事を明かした。
●「トニは移籍市場の選手のように思えた」とインテルのオーナー、マッシモ・モラッティがフィオレンティーナの点取り屋トニ獲得の可能性について語り始めた。同オーナーは続けて「今はフィオレンティーナをあまり刺激しない方がいいだろう」。また移籍の噂が絶えないインテルFWアドリアーノについて「彼は我々の選手。インテルのために貢献してくれるだろう。今季は厳しい1年だったが、クラブへの愛着心と相互理解は変わらない」と残留を明言している。
●ブラジル代表合宿に参加中のユベントスMFエメルソンが記者会見でユーベを去る可能性を口にした。カルチョ・スキャンダルの渦中にあるユベントスだが「今後クラブがどうなるか見守らなければならないが、ユーベに残るかどうか現時点では分からない」と移籍の可能性を示唆している。ブラジルのメディアによるとエメルソンは既にACミランとレアル・マドリーからオファーを受けていると報道している
●ジェレミー・トゥラランに続くリヨンの2人目の補強となったのは、スウェーデン代表でレンヌ所属のMF、キム・カールストレムだ。
●ランスは積極的にユース世代の登用を行っている。地元ラガイエット養成センターから、21歳のギニア出身DF、カミール・ザヤエットと22歳のMF、ジミー・ケベと契約した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.