FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/26UEFA情報
●来季に向けてFWの補強を必要とするバルセロナの第一オプションはビジャレアルのディエゴ・フォルランであることははっきりしているが、バルサはフォルラン獲得に必要以上の額を費やすことは考えていない。ビジャレアルはフォルランの移籍金を2300万ユーロ(約32億8000万円)に設定しているが、バルサとしては1000万ユーロ(約14億2900万円)以上払う考えはないようだ。
●バレンシアのイタリア人FWマルコ・ディ・バイオは、クラブがリバプールのフェルナンド・モリエンテスを獲得する代わりに自身がリバプールに行く可能性について、これを拒否する構えを見せている。「その提案についてはバレンシアから話しがあった。バレンシアはモリエンテスを欲しがっているようだが、交換トレードの可能性については何も知りたくないんだ。自分が望んでもいないクラブに行くつもりはないし、ましてや他の選手を獲得するためだなんてね。僕はモノでも何でもないし、家族だっているんだよ」。
●元イタリア首相であり、ACミラン会長であるベルスコーニは、今週水曜日(24日)に「本当に残念だが、バルサはロナウジーニョを売る気は全く無いようだ。」と語り、すでに退団の意思を示しているシェフチェンコを引き止めなければいけなくなった。同会長は「シェフチェンコは出て行きたいと言っている。私達はいくらかかろうとも彼に残ってもらうつもりだ。ロナウジーニョ獲得の噂がミラノでも流れたが、我々はシェフチェンコに残ってもらいたいんだ。それにバルサは彼を売ってはくれないしね」
●リバプールは25日、スペイン人FWフェルナンド・モリエンテス(30)のバレンシア移籍をクラブの公式サイト上で発表した。契約期間など詳細は明らかにされていない。
●二年間ケガと戦い続けているR・マドリーのウッドゲイト。いつまでたっても希望が見えずフラストレーションがピークに達している。血のにじむような努力も世界中のどの名医も、彼の問題を解決する事はできていない。故郷のイギリスにいる家族や友人とも離れ一人寡黙に戦い続けてきたが、出口の見えないトンネルの中で体力も精神も疲れ果ててしまっている。R・マドリーはすでに4月、家族の見守る中治療に集中できるようリーズへの移籍を許可している。
●R・マドリーが注目していると噂されているバイエルン・ミュンヘンのブラジル人DFルシオは「R・マドリーからは何の誘いも受けていない」と噂を真っ向から否定した。
●今週土曜日(28日)に行なわれるロシア代表との親善試合に向けて、戦術練習を行ったスペイン代表。ロシア戦は、ドイツW杯に向けて大事なテストとなる。
●元ミランのデヤン・サビチェビッチはブラジルを優勝候補に推している。「メッシは本物の怪物だ。このまま成長を続け、けがをさせられることがなければ、私以上になるかもしれない」
●バルセロナは、新シーズンに向け、ユベントスのDFジャンルカ・ザンブロッタ獲得を最優先課題に掲げている。
●アルゼンチン代表のFWエルナン・クレスポは、チェルシーから契約延長のオファーを受けたことを明らかにした。プレミア王者チェルシーとの契約を2年残すクレスポは、アルゼンチン紙の取材に対し、2009年までの契約延長を提示されたと語っている。「チェルシーとの契約は2年残っているけど、さらに1年間の延長をオファーされた。今季の働きが評価されたんだろうね。プレミア優勝に貢献できて僕も満足しているよ」
●「ユベントスのような名門クラブでプレイ出来ることにとても満足している。クラブ側の歓迎も良かったし」。トリノに到着したクリスチャン・ザネッティが短く語った。
●フランス代表合宿に参加中のユベントスDFリリアン・テゥラムが25日、記者会見で一連のカルチョ・スキャンダルについて語った。「いったい何が起こっているのか?と驚いている。スキャンダル発覚当初は冗談かと思いあまり気にもしていなかったが、日に日に色々なことが明るみになり、これは現実なのか?と自問自答している」
●「おそらく明晩会えると思うが、今日ガリアーニ(ACミラン副会長)と会う予定はないので、今はまだ何もいえない」ミラネッロ(ACミラン本拠地)に待ち構える多くのマスコミを前に、去就が注目されるFWアンドリー・シェフチェンコが短く答えた
●「我々ACミランは潔白で、クラブ経営も最善の方法で行っている」とフィレンツェ近郊のコベルチャーノの代表合宿に参加中のACミランMFアンドレア・ピルロが25日、記者会見で語った。
●パルマ当局での賭博容疑の事情聴取を終え、身の潔白が証明されたアズーリの守護神ブッフォンが25日午後、詰め掛けた報道陣を前に心境を語った。「他の事を一切気にせずに、ようやくW杯にのみ集中できるようになった事を実感している。明確にしなければならないこと全てを明らかにし、ほっとしている。憑き物が落ちて身が軽くなった様に感じるよ」
●代表キャプテンのDFカンナバーロが昨日に行われた会見の報道に誤解がある事を危惧し、翌25日に再度記者会見を行った。「今朝、新聞を読んでみて自分の言いたい事が伝わってないように感じた。自分もカルチョ界が潔白である事を望んでいるし、過ちを犯したものが償うのは当然の事だと思っている。カルチョ界が混乱した今、『アズーリを出来る限りサポートする』といってくれたロッシ氏(イタリアサッカー協会の新会長)には絶大な信頼を置いている。我々は再びカルチョを信用してもらえるように試合で結果を出さなければならない事も十分理解している」
●ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の開催国ドイツの主将MFバラックが25日、合宿地のジュネーブで行われた地元クラブのユースチームとの練習試合で、左足首を負傷した。
●パリ・サンジェルマン(PSG)の公式ウェブサイトは25日、FWのパウレタが2008年6月までの契約延長に応じたと伝えた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.