FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/19UEFA情報
●チェルシー移籍かレアル・マドリー残留かで揺れるロベルト・カルロスが18日、スペインのラジオ局‘Radio Marca’のインタビューに応じ、来季の去就についての見通しを語った。「チェルシーからのオファーは2年間プラス1年間の契約延長オプション付だ。さらに年俸などの条件では、現在のレアル・マドリーとの契約を凌ぐものだ」「レアル・マドリーがチェルシーと同条件を提示してくれれば間違いなく残留する。でも、そうじゃなくければ条件のいい方を選ぶことも考える」
●R・ソシエダからビジャレアルへ移籍したトルコ人FWニハトは、18日朝にメディカルチェックを受けた後エル・マドリガルで1500人のサポーターに見守られる中、入団発表を行った。「最高のニハトを見せたい。昨シーズンはあまり良いシーズンではなかったので、ぜひビジャレアルでポジションを獲得しチームに貢献したい。今からとても楽しみだ」
●先日ルイス・アラゴネス代表監督から発表されたスペイン代表チームメンバーに名を連ねなかったモリエンテスについて、リバプールで共にプレーをするシャビ・アロンソは「リバプールのスペイン人選手は全員招集されると思い楽しみにしていただけに残念だ」と心境を語った。「最後の招集リストまでは名が挙がっていただけに、本人にとっても意外だった。かなりのショックを受けているが、落ち込んでいてもしょうがない。またいつか選ばれるよう前進するしかない」
●レアル・マドリー会長選挙に勝利するための鍵となり、選挙戦が改革となるような選手を見つけるのは容易な事ではない。フロレンティーノ・ペレス氏が、ロレンツォ・サンス氏に勝った時のように、誰もが不可能と思われたフィーゴ獲得という驚きを起こすことが次の選挙では重要である。さらに、その選手の実力は言うまでもなく、世界的スターであると同時に感動を与えられる選手であることが条件になる。いい補強をするということに限らず、例えば、ライバルチームを弱体化させるような選手獲得が必要だ。バルサのカンテラ(下部組織)出身のメッシーやセスク。アトレティコ・マドリーの至宝、フェルナンド・トーレスなどは、単にチーム力を増すだけではなくそれ以上のインパクトがあり、選挙の票を集めるのに大きな要素となる。有名な選手は、次の選挙戦候補が打ち出す将来を見据えたすばらしいプロジェクト以上の価値があるだろう。ジェラード、ルーニー、イブラヒモビッチやカカといった選手獲得は、どの候補を信頼し、投票すればよいか明らかではないマドリー会員の期待を呼び起こすこととなるだろう
●水曜日(17日)にアーセナルを倒し、見事ヨーロッパチャンピオンに輝いたバルサ。メンバーのジュリがオリンピック・リヨンと引き続き、コンタクトを取っていることを同選手が認めた。「今週、確かにリヨンのディレクターと話はした。でも、バルサとはまだ1年契約が残っているし、交渉の席に勝手に着くことは出来ない。それに、僕は2008年までバルサに残りたいしね」
●スペイン代表の背番号の割り当てが決定
1 カシージャス
2 M・サルガド
3 デル・オルノ
4 C・マルチェナ
5 プジョル
6 アルベルダ
7 ラウル
8 シャビ
9 F.トーレス
10 レジェス
11 ルイス・ガルシア
12 A・ロペス
13 A・イニエスタ
14 アロンソ
15 セルヒオ・ラモス
16 セナ
17 ホアキン
18 セスク
19 カニサレス
20 ファニート
21 ダビド・ビジャ
22 パブロ
23 レイナ
●バルセロナの周囲では、フランク・ライカールトとヨハン・クライフの比較をする声が後を絶たない。弟子が師匠を超えたと言い切るのは困難であるが、2度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を決めた今回のバルセロナがライカールト監督をクラブの偉人に仕立て上げたことは認めなければならない。1992年の時のクライフ監督と同じく、ライカールトはCLを制し、バルセロナは欧州のクラブをひれ伏させた
●欧州チャンピオンズリーグで優勝したバルセロナ(スペイン)のメンバーが、サンドニ(フランス)での決勝から一夜明けた18日、地元に凱旋(がいせん)して優勝パレードを行い、市民の熱狂的な歓迎を受けた。約50万人が沿道にあふれる中、ロナウジーニョ(ブラジル)ら選手や関係者は「欧州王者」と書かれた旗に彩られた大型トラックに乗り込み、本拠地のカンプノウ・スタジアムまで行進。スタジアムでも式典が実施された。ロナウジーニョは「チーム全体が夢心地の気分を味わっている。みなさんと一緒に勝利を祝えるのは、何物にも替え難い喜び」とあいさつした。
●バルセロナのFWヘンリク・ラーションは、スウェーデン日刊紙‘Aftonbladet’のインタビューで、チャンピオンズリーグでの優勝は自身のキャリアの中で最高の瞬間だったと明かし、最初で最後のヨーロッパタイトルの獲得をすばらしい出来事と表した。ベレッチの逆転ゴールをお膳立てしたラーションは、「ベレッチがエリア内に入ってくるのが分かったし、そこにパスを出したんだ。素晴らしいプレーだったと思うよ」「ライカールト監督からは僕がセンターフォワードに入り、ロナウジーニョはその後ろに着けと指示されていたんだ。つまりほとんど4トップ状態だ。サイドよりセンターに入る方がベストだと考えていた」。笑みを浮かべながら試合を振り返った。そして、「ライカールト監督は、バルサでの最後の試合、そしてここでのプレーを賞賛してくれた」とも伝えた。
●FCバルセロナのラポルタ会長は、CL決勝戦アーセナルに2-1で勝利した後、「会長就任後3年間でこのような成功を収められるとは想像もしていなかった。我々は大きな変革を必要としていたが、短い期間でこれだけの事ができるとは思いもしなかった」「我々は、常にバルサを最優先に考えてきた。この成功を祝う時が来た」と語った。「しかし、あまり度を越してもいけない」と、謙虚な姿勢も崩さないラポルタ会長。試合を観戦したスペイン国王女王両陛下に対して敬意を表し、「すばらしいご厚意だった。バルササポーターと共に苦しい試合を見守ってくださった」とコメントした。「バルササポーターである」と、以前から表明していたサパテーロ首相に対しては、「試合の間ずっと励まし合っていた。首相とは初めて試合を観戦したが、この試合に来てくださる事は分かっていた」
●バルセロナの元監督であり、1992年にはバルサをヨーロッパチャンピオンに導いたヨハン・クライフ氏は、フランク・ライカールト現監督率いるバルサを賞賛し、ヨーロッパチャンピオンにふさわしいチームだと伝えた。「今季、素晴らしいプレーをし、それはこの成功に値するものだ」と賞賛の言葉を送った。審判のジャッジについては、「審判の判断がゲームの展開に影響を与えた」と遺憾を示したが、バルサの勝利は時間の問題だったとも明かした。「試合はどう始めるかだけではなく、どう展開するか、どう終えるかだ」。

●●
●アーセナルのFWティエリ・アンリ(28)が19日付の英紙‘The Sun’の中で、アーセナル残留を明言した。これまでバルサ移籍の可能性を報じられてきたアンリだが、チャンピオンズリーグ決勝の翌日となった18日、同紙の取材に応じ、その中で現在の心中を明らかにした。「CL決勝を戦ってみて、アーセナルから去るべきではないと思った。アーセナルはあの試合ですばらしい戦いを演じた。僕はそこでアーセナルにもこのような大会を勝ち取ることのできるハートがあると感じたんだ。バルサはとても魅力のあるクラブだが、決勝を終えて僕の気持ちはアーセナル残留で固まった」
●彼は夢を実現させた。7ヶ月前迄は彼の代表入りを誰も予想できなかった。ACミランのFWフィリッポ・インザーギ(32)がドイツW杯に背番号「18」を付けて出場する。「なんとも言いようがない特別で最高な気持ちだ。(メンバー発表までは)W杯の事はあまり意識せず、ずっと穏やかな気持ちでいた。リッピ監督が自分の事を見守ってくれている事も知っていたしね。自分の仕事をこなした結果、今ここにいる」
●「自分の行為に対して謝罪しなければならない。サポーターの頃からの遊びで衝動的に歌ってしまった」。17日放送のラジオ番組「ビバ・ラジオ2」に出演したフランチェスコ・トッティ(29=ASローマ)がローマサポーターの歌遊びでライバルのラツィオを揶揄する「青白(ラツィオの意味)くそったれ」を歌ったことに対し、すぐに謝罪声明を出した。
●サンプドリアのノベリーノ監督がラジオ番組“キスキス・ナポリ”に出演し自身の将来について語った。「ユベントスがセリエBに降格したら私が指揮を執るって?面白いアイディアではあるが、ご存知のように私はまだサンプドリアとの契約が残っている。来季に向けて移籍市場も動き出している。今季はついていなかった。前半19節終了時までは31ポイント稼いでいたのにシーズン終了時は41ポイントしかなかった」
●ハンガリーのFCソプロンが、かつてイタリア代表でも活躍し、セリエAで3回得点王に輝いたシニョーリ(38)が同クラブを退団し、現役を引退することを発表
●パベル・ネドベド(33)がユベントスそしてカルチョ界から遠ざかろうとしている。W杯出場の為、オーストリアで母国チェコの合宿に参加中のユベントスMFネドベドが現在の心境を語った。「まだ決心はしていないが、可能性の1つとして現役引退を考えている。W杯後何が起こるかは分からない。夏には34歳になるし、まだその先プレイし続けたいと思うかどうか、今は何とも言えない」
●メディカルチェックの後、サンプドリアのMFマックス・トネット(31)がASローマと2年契約を結んだ
●元ペルージャ会長ルチャーノ・ガウチが滞在先のサント・ドミンゴからイタリアのラジオ番組に出演、フィオレンティーナ会長ディエゴ・デッラ・バーレとアンドレア・デッラ・バーレを批判した。「彼らは今回のカルチョ・スキャンダルの被害者ではない。彼らこそ試合を操作していた張本人だ。110年のカルチョ界の長い歴史において、たかだか3年でセリエC2から欧州CL出場権獲得まで上り詰めるなんて話は聞いたことがない。最低でも7、8年はかかるはずだ。彼らは買収など様々な工作であらゆる障害を乗り越えてきたんだ。2年前セリエAに昇格する際には、私を買収しようとしたしね。私は応じなかったが、結局当時のペルージャの選手を何人か買収してセリエAに昇格した」
●欧州サッカー連盟は18日、公式サイト上で日本代表の中村俊輔が所属するスコットランド・プレミアリーグ覇者のセルティックが、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)の本大会の出場権を得たと発表した
●元アルゼンチン代表MFで、同国代表として歴代最多の99試合に出場したシメオネ氏(36)が18日、アルゼンチンのエストゥディアンテスの新監督に就任すると発表
●バイエルン・ミュンヘンは、ブラジル人MFゼ・ロベルトと今シーズン限りで袂を分かつことになった。バイエルンは今年6月末で終了する契約をめぐって、ゼ・ロベルトと交渉を重ねていた。
●パレルモとインテルの首脳陣との間で、いくつかの移籍取り引きに関しての交渉が進められている。マッシモ・モラッティ氏がオーナーを務めるインテルは、チリ人MFダビド・ピサロのパレルモへの譲渡を提案しているようだが、ピサロはローマへ移籍したいようだ。ピサロがシチリアへの移籍に同意した場合、ファビオ・グロッソ、シモーネ・バローネ、アルベルト・サンターナのインテルへの移籍に向けた扉が開かれることになる
●マルセイユに残るはずのジャン・フェルナンデス監督が、マルセイユよりもより穏やかな環境を提供してくれるオセールの監督に就任する可能性が出てきたことから、一部ではディディエ・デシャン氏が、新たにマルセイユを指揮することになるのではないか、とのうわさが浮上している
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)が“ロナウジーニョ2世”の獲得を狙っている。18歳のブラジル人MFケルロン・モウラ・ソウザに、900万ユーロ(約12億8000万円)の投資を行う準備を進めているのだ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カワイイでしょ?いつもウーちゃんから元気をもらっているんです。でも、やっぱり体までは満たされない…。抱かれたい、激しく抱かれたいです。
2006/05/19(金) 20:46:32 | 旦那様ゴメンナサイ・・・
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.