FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/12UEFA情報
●欧州CL(チャンピオンズリーグ)決勝を1週間後に控え、バルセロナのFWサミュエル・エトーが欧州初タイトルへ意欲をみせた。今季リーガエスパニョーラでは25ゴールをマークし(11日現在)、得点王を走るエトーは「これまでもすべてはゴールという結果で自分の役割を果たしてきた。パリでの決勝はその集大成だ。生涯最高のゴールをパリで決めたい」と、決勝戦でのゴールを誓った
●バルセロナのFWリオネル・メッシーが、欧州チャンピオンズリーグ決勝を欠場する可能性が高いことがわかった。アーセナル戦を1週間後に控える10日、バルサは通常とおりの練習を行ったが、メッシーはチームメイトとは別メニュー。チームメイトのデコもメッシーの出場は難しいと考えているようだ。「CL決勝のような大舞台にメッシーが出場できないのはチームにとっても痛いが、それよりも彼の気持ちを考えると心が痛む。彼はバルサにとってとても大きな戦力。特にチェルシー戦では彼の活躍が勝利のカギになった。アーセナル戦には是非出て欲しいけど……」
●今シーズン途中に「チャンピオンズリーグに出場できるクラブでプレーしたい」と移籍希望を述べたホアキンに、ユベントスとバレンシアが興味を示している。右サイドの補強が急務なバレンシアは『1000万ユーロ(約14億円)+選手1人』のオファーを準備。一方のユベントスも、1500万ユーロ(約21億円)+選手1人を条件に交渉に臨むつもりのようだ
●ロナウジーニョは、17日のCL決勝、対アーセナル戦でバルサが攻撃重視で戦う事をフランスのレキップ紙によるインタビュー内で認めた。「僕達の特徴は攻撃にある。パリでも同じようにいつものプレーをするだけ」と、ロナウジーニョは語った。アーセナルについては、「とてもいいチームだね。すばらしい選手が多い。だけど、僕はポジティブに考えたい。タイトルを取るすばらしい日になると思っている。しかし、勝つのが難しいのは分かっている」
●FCバルセロナのラポルタ会長は、17日のCL決勝がすばらしい試合になる事を期待すると同時に、タイトルを取れることを確信している。「我々、サッカーファンとして、大事な決勝戦までのこの時間を楽しもうではないか。チームは、決勝に向け準備をしている。コーチ陣も選手達も集中しているよ。決勝は、激しい試合になると予想されるが、我々は勝てるし、そのためにこのチームはある」来年の選手獲得についてはコメントを拒み、「最も私が好きな選手達は、バルサのプレーヤーだ」と語り、獲得が噂されるアトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレスについても、「その問題は、スポーツTDであるチキ・ベギリスタインに任せてある。しかし、我々がビックプレーヤーを獲得する事は考えにくい。多少の補足は有り得る」と現バルサ所属選手に信頼を寄せている
●スペイン代表チームのゴールを守るR・マドリーのGKカシージャスは、ワールド杯に向け「勝ち抜くためチームメートと共に全力を尽くしている。若手が多いがどの選手も経験豊富で良い結果が期待できると信じている」と抱負を述べた。
●次節のオサスナ戦を最後に引退するバレンシアのカルボーニだが、クラブの首脳陣は既に彼の後任としてビジャレアルのフアン・パブロ・ソリンに注目しているようだ。
●W杯ドイツ大会に行くチャンスはわずかしかないととはえ、バレンシアのビセンテ・ロドリゲスはまだ諦めていないし、準備もしている。右足首のケガを完全に治すのに4ヶ月以上を費やしたビセンテだが、チーム練習にも復帰し、リーガ前節では招集メンバーに復帰した。彼は諦めず、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督がチャンスを与えてくれるのであれば、その期待に応えるつもりでいる。「W杯に行けるのなら、やれる自信はある」。昨日(10日)練習後にビセンテはそう伝えた。
●バルセロナの左SBジオバンニ・ファン・ブロンクホルスト(愛称ジオ)は、17日パリで対決するチャンピオンズリーグ決勝戦の相手であり、4シーズン前には自身も所属していたアーセナルの指揮官アーセン・ベンゲル監督を賞賛している。「ベンゲルは全てを兼ね備えた監督だ。組織を重んじ、選手には練習だけではなく食事や、どう生活するべきかとか、いろんな事をコントロールしている。アーセナルで長年指揮を取り、チームをヨーロッパでも有数のクラブに導いた」
●今週末に行われるアトレティコ・マドリー戦が、ホアキンにとって、ベティスとしてプレーする最後の試合になりそうだ。しかしホアキンは「もしくは、この試合が最後ではない可能性もある。」と残留の可能性もわずかにあることを認めた
●今シーズン中には、R・マドリーから去ることも考えていたロナウドだが、シーズン終了後に行なわれるW杯後も、引き続きR・マドリーでプレーしたいよう。「間違いなくR・マドリーでプレーするだろう。確かにR・マドリー自体、今シーズン思うような結果が得られず、色々と疑う部分もあるが・・・でも、契約は残っているし、新しい会長が僕を気に入ってくれるのであれば、残ることに問題は無い」
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
●イタリア杯決勝第2戦が行われた11日、ホームのインテルが3-1でASローマを破り昨シーズンに続き連覇を達成した。アウェイでの第1戦を1-1で終え余裕を持って挑んだインテルは前半6分、MFカンビアッソの豪快なボレーで先制すると同ロスタイムにFWクルスが個人技で追加点を挙げる最高の展開。後半に入りFWマルティンスの駄目押しで勝負を決めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、ドイツワールドカップを戦うイングランド代表に若干17歳で選出されたFWセオ・ウォルコットを、本大会の試合で起用するようスベン・ゴラン・エリクソン監督に求めた。「正直に言って、ウォルコットの選出には驚いた。彼には経験がないからね。ただ、私にとっては嬉しい驚きだ。ワールドカップ出場でさらに成長してくれるだろうからね。もちろん、ウォルコットを軸に据えるわけにはいかないだろうが、出場機会さえ与えればチームに違いをもたらすことができる選手だ。サイドと中央のどちらでもプレーできるし、スピードに乗ったら誰も止められない。途中出場が多くなるだろうが、1、2試合なら先発で使っても面白いだろう」
●「申し訳ないが、私はもうFIGC(イタリアサッカー協会)の会長ではないので、何もお話出来る事はないです」と先日会長辞任を表明したフランチェスコ・カッラーロが10日フィレンツェで、詰め掛けた報道陣の「マッシモ・デ・サンティス審判がナポリ警察庁の事情聴取を受けたことについてどう思うか?」という質問に対して応えた
●楽天家で有名なACミランのブラジル人DFカフーが、14日にホームで行われるセリエA最終節ASローマ戦を前に「まだ100%優勝の可能性があると信じている。試合で何が起こるかなんてやってみないと分からないからね。まずは我々が勝利する事。そしてプレゼントを待つ。まだ結果は決まっていない、レッジーナを信じている。彼らならユーベに勝つ力があると思う。真剣勝負をしてくれる事を祈るよ」
●「私の人生でコカインを使用した事は一度も無い」。元イタリア代表でユベントスFWだったジャンルカ・ビアリが11日、無実を主張した
●アズーリ主将ファビオ・カンナバーロ(ユベントスDF)がメディア“バニティ・フェア”で「代表では監督の重要度は低い」と発言、リッピ代表監督との確執が囁かれていた。 リッピ監督は「新聞記者による誤解もあった。ファビオは『ここ数年、代表での失敗は監督ではなく選手が責任を取るケースが多い』と言いたかっただけだ」と特に気にしてはいない様子。
●イタリア1部リーグ(セリエA)での不正行為の疑いで捜査を受けているユベントスは11日、取締役が総辞職すると発表した。
●ローマは来シーズンからフランス人DFリカルド・ファティをチームに加える。
●スクデット(セリエA優勝)争いはもう決着がついたと見られているが、ミランのFWシェフチェンコはまだ勝利を信じている。ミランにもタイトル獲得の可能性があると考えているシェフチェンコだが、次のようにも語った。「結果的に無理だったとしても、自分たちの成し遂げたことに誇りを持つべきだ。それにミランはスペクタクルな素晴らしいサッカーをしてきた」
●ブルガリア人FWディミタール・ベルバトフは間もなくトッテナムの選手となるかもしれない。現在バイヤー・レバークーゼンに所属する彼がトッテナムに移籍する可能性があると報じたのはドイツの『ビルト』紙。
●左足首のじん帯とひ骨を負傷していたトッティは、インテル戦で81日ぶりに復帰を果たした。
●インテルは5月15日に新監督の名前を明らかにする。ユベントスの現監督ファビオ・カペッロが、来季はインテルの監督としてベンチに座ることになりそうだ。電話盗聴問題でモッジとジラウドがユベントスを去ったことで、カペッロのトリノでの挑戦も終わりを迎える。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.