FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/11UEFA情報
●10日付けのガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると21名が当確メンバーとして名前が挙がっており、残り2名をMFバローネ、MFマルキオンニ、FWヤクインタの中から選ぶことになると記載。以下が当確メンバーリスト、()内は所属クラブ
<GK>
ジャンルイージ・ブッフォン(ユベントス)
アンジェロ・ペルッツィ(ラツィオ)
マルコ・アメリア(リボルノ)
<DF>
ジャンルカ・ザンブロッタ(ユベントス)
アレッサンドロ・ネスタ(ACミラン)
ファビオ・カンナバーロ(主将、ユベントス)
ファビオ・グロッソ(パレルモ)
クリスティアン・ザッカルド(パレルモ)
アンドレア・バルザリ(パレルモ)
マルコ・マテラッツィ(インテル)
マッシモ・オッド(ラツィオ)
<MF>
マウロ・カモラネージ(ユベントス)
アンドレア・ピルロ(ACミラン)
イバン・ジェンナーロ・ガットゥーゾ(ACミラン)
ダニエレ・デ・ロッシ(ASローマ)
シモーネ・ペロッタ(ASローマ)
<FW>
ルカ・トニ(フィオレンティーナ)
アルベルト・ジラルディーノ(ACミラン)
フランチェスコ・トッティ(ASローマ)
アレッサンドロ・デル・ピエロ(ユベントス)
フィリッポ・インザーギ(ASローマ)
●カーディフのミレニアム・スタジアムで行なわれるFAカップ決勝戦を控えたリバプールサポーターが、チケット盗難の被害に遭ってしまった。試合を13日に控え、リバプールサポーター宛てに発送中であったチケット1600枚が、郵便配達の車から盗まれたというのだ
●9日、スポーツ裁判は中止試合となったセリエA第37節メッシーナ対エンポリ戦をデータ上は3-0でエンポリ勝利にすることを決定した
●「幾つかのことは周知の事実だったよ」とASローマDFクリスチャン・キブ(25)が審判操作の裏取引について言葉を濁さずに語り始めた。キブは続けて「我々ASローマは道徳心のあるクラブだったから気にはしていなかったが。グラウンドではプレーにのみ専念している。何が起きたのか納得できない人もいるだろう。なんにせよ我々が裁かれる義務はないものだが」。
●9日、モナコFWクリスチャン・ビエリ(32)の左膝関節間軟骨の除去手術がミラノ近郊の街パビアにあるサン・マッテオ病院で行われた。ベナッツォ医師の執刀により手術は無事成功したが、ビエリは来月9日に迫ったドイツW杯出場が絶望的
●「最終チェックの結果、シェフチェンコの怪我は完治まで25日かかる事が分かった」とACミランの医療責任者ジャン・ピエール・メールスマンがシェフチェンコの状況を明かした。メールスマンは続けて「25日間の内訳は、15日間の完全休養と10日間のリハビリとなるだろう
●ファビオ・カペッロ監督の代わりとしてではなく、フィアット社の新ドゥカート(車の名前)の宣伝に一役買う目的でトラパットーニ氏が古巣ユベントスの練習場に姿を現した。
●フランスリーグ5連覇を達成したリヨンは、来シーズンの補強としてチェルシーのFWディディエ・ドログバの獲得を望んでいるようだ。
●2月に左脚を骨折したマンチェスター・ユナイテッドのアラン・スミスは、9月初旬に再びピッチの上に立つこととなりそうだ。
●スペインのマドリーに集まったアルゼンチン代表のFWエルナン・クレスポ「僕らにはグループリーグを突破できるだけの経験がある」
●マルセイユのフランク・リベリは、その代理人とともにリヨンからの誘いを断るコメントを発表したが、リヨンのジャン=ミシェル・オーラス会長は10日、リヨンのTVチャンネル『OLTV』にて、リベリへの入れ込みようを再び明らかにした。
●トリノでは、ユベントスのジェネラル・ディレクターであるルチアーノ・モッジ氏の辞任がうわさされている。モッジ氏は盗聴問題に深く巻き込まれており、検察から捜査を受けている。
●ユベントスがまた新たな災難に見舞われた。トリノ検察は不正経理の疑いでアントニオ・ジラウドを捜査している。盗聴問題に加えて、クラブの行った移籍市場での取り引きに関する捜査も開始された
●木曜日にインテル戦、日曜日にミラン戦。ローマのルチアーノ・スパレッティ監督はこのシーズン終盤の重要性を十分に理解している。記者会見に臨んだスパレッティはこう語った。「ミラノで2つの決勝がわれわれを待っている。まず木曜日はインテルとの(コッパ・イタリア決勝の)第2戦に勝ちたい」
●バレンシアのブラジル人MFファビオ・アウレリオが来季からの4年契約でリバプールに移籍することが濃厚となった
●すでにアトレティコ・マドリー入りが内定しているセルヒオ・アグエロをバイエルン・ミュンヘンが横取りしようと狙っているようだ。バイエルンのスタッフがブエノス・アイレス入りし、A・マドリーを超えるオファーを用意し、彼の代理人と交渉していると言われている
●アーセナル所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、来シーズン、アトレティコ・マドリーのキャプテン、フェルナンド・トーレスと共にアーセナルでプレーできたらうれしいと明かした。フェルナンド・トーレスにはアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルといったイングランドのクラブが獲得に関心を示しており、リーガエスパニョーラを離れプレミアリーグでプレーする日も近いと言われている
●建設開始から6年。FCバルセロナの新練習場、‘ジョアン・ガンペール’で下部組織の練習が開始された。近日中に、B、Cチームの練習も始まる。この新練習場はカンプ・ノウから4.5キロ離れたサン・ジョアン・デスピーにある。30ヘクタールにもなる用地は、1989年にホセ・ルイス・ヌニェス元会長が900万ユーロ(約12億6000万円)で取得
●オサスナのハビエル・アギーレ監督は、16日の最終節バレンシア戦を前に辞任を発表。10日には一部の選手にも知らされた。チームには8日に伝えられ、ルドビック・デルポルテやダビ・ロペスなど許された選手にのみ伝えられた。オサスナとアギーレ監督の契約は6月30日までとなっており、数か月前からアトレティコ・マドリー入りが有力とされているものの、まだ進路は発表されていない
●クラブ創立100周年を迎えたセビージャがヨーロッパの大会での初タイトルを目指しミドルズブラと対戦。ルイス・ファビアーノ、マレスカ、カヌーテのゴールで4-0とミドルスブラに快勝し、その記念すべきシーズンでUEFA杯初優勝を飾った
●インターネットを通じて世界中のサッカーファンと友達になろう-。ブラジル代表MFでバルセロナ(スペイン)の人気者、ロナウジーニョが10日、当地のホテルで自らが制作に力を入れた公式ホームページ(HP)を披露した http://www.ronaldinhogaucho.com
●マジョルカのFW大久保嘉人(23)は10日、代理人を通じて移籍先を探していることを明らかにした。
●オランダのアイントホーフェンで行われた決勝戦で、セビージャはミドルスブラに4-0の完勝。UEFAカップ優勝を果たした。 2ゴールを決めて試合の主役となったのは元ユベントス、フィオレンティーナのエンツォ・マレスカ。タイムアップの笛のあと、彼は次のように語った。「今夜は完ぺきな夜だった。自分たちの力を見せ付け、大きなタイトルを勝ち取ることができた」 ファンデ・ラモス監督もこう付け加えた。「われわれは多くの人々に喜びを与えることができた。それが素晴らしいことだ」
●ビジャレアルのウルグアイ人FWディエゴ・フォルランは10日、移籍のうわさを否定した。フォルランはスペインの『アス』紙で、「クラブとの契約は2009年までだし、ここを出て行くことなど考えたこともない。バレンシアが僕に興味を持っているようだ、と友人から言われ、新聞や雑誌を読んだ。でも本当に、移籍の話なんて全然ないよ」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.