FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/10UEFA情報
●イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督は、5年間続いた政権の中で、最もインパクトのあるサプライズ人事をやってのけた。ドイツワールドカップに連れて行く23人のメンバーに、アーセナルの若手FWセオ・ウォルコットを加えたのである。ウォルコットは、アーセナルでデビューすらしていない若干17歳の若手ストライカーだ。
●ドイツワールドカップに臨むイングランド代表メンバー23人に、若干17歳で選ばれたFWセオ・ウォルコットは、自身のメンバー入りについて次のように語った。「最初にメンバー入りを聞いたときは本当に驚いたよ。騙されているんじゃないかと思ったくらいさ。バックアップメンバーには入れるかもしれないとは思っていたけど、まさかメンバー入り出来るなんてね」
●「まだ37.5度の熱がある。難しいと思うが何とか11日に行われるイタリア杯、インテルとの決勝戦には出場したいが」とASローマ主将トッティがSKYの番組中、電話取材でコメントした
●「ノーコメント。現時点ではこの質問には答えない方が賢明だ」と元イタリア代表でユベントスでも活躍したストライカー、ジャンルカ・ビアリ氏がユベントスの幹部入りするのでは?という噂について語り始めた。
●イタリア代表監督マルチェロ・リッピは15日に提出するW杯メンバーから現在負傷中のクリスチャン・ビエリ(モナコFW)とアイモ・ディアナ(サンプドリアMF)の2名を除外することを発表した
●「カルチョ界にダークな部分が存在するのならば、払拭するのは当然なこと。関係の無い自分も巻き込まれそうな事件だった。カルチョ界には規則に反し、自分のモラルで物事を進め、利益を優先する人物がいることは間違いない」ステファノ・ファリーナ審判はANSAに対しこのように宣言した。
●8日、フランチェスコ・カッラーロがFIGC(イタリアサッカー協会)会長職を辞任した。カッラーロは8日午後CONI(イタリアオリンピック委員会)会長ジャンニ・ペトルッチを訪れ、FIGCに辞任を申し出た事を報告
●「辞任という勇気ある行為をカッラーロが選択した。彼を知っている人ならば誰もが驚きはしなかっただろう。個人的には辞任を撤回してくれることを望んでいる」とレーガ・カルチョ会長でACミラン副会長ガリアーニがFIGC(イタリアサッカー協会)会長カッラーロ辞任の一報を受けてコメントした
●間もなく開幕を迎えるドイツW杯。キャプテンのバラックは現在のドイツ代表チームについて「みんな、この若いチームのことを理解してくれないと。このチームであれば、みんなを驚かすことも出来ると思う。もちろん早々に敗退する可能性もあるけどね」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアメリカ代表GKティム・ハワード(27)が、来季にエバートンへ期限付き移籍すると報じた
●5月6日にリーグ優勝を決めたばかりのバイエルン・ミュンヘンは、今季末で契約の切れる元ドイツ代表MFのメーメット・ショル(35)と契約を1年延長することで合意した
●イングランド代表でチェルシーに所属するDFウェイン・ブリッジが、日曜夜にナイトクラブで暴行を受けて顔を負傷した
●オランダ代表のファン・バステン監督は、ワールドカップに先立って行う合宿の参加メンバー18人を発表したが、その中にエドガー・ダービッツの名前は挙がっていない。マカーイ、セードルフに続いて、ワールドカップをテレビの前で観戦するオランダのスタープレーヤーが、また1人増えたことになる
●フランス・リーグアンのホープ、マルセイユのフランク・リベリ(23)が、来シーズンもマルセイユでプレーしたいという意思を改めて明らかにした
●来季、クラブ創立100周年を迎えるトルコの強豪フェネルバフチェが、ブラジル代表でレアル・マドリー所属のDFロベルト・カルロス(33)の獲得に乗り出した
●FCバルセロナのライカールト監督は、試合前までゲームプランを語らない。17日のチャンピオンズリーグ決勝を考えれば、次節のリーガ(対セビージャ、又は対アスレティック・ビルバオ)は、当然無理を避けるであろう。しかし、リーガ得点王とヨーロッパの最優秀ゴールゲッターが懸かるエトーは、試合に出ることを望むであろう
●FCバルセロナのファン・ブロンクホルスト(愛称ジオ)は、今シーズンで退団するラーションに替わる選手を見つけるのは難しい事を認めた。セルティックで7シーズンプレーしたラーションに対する在西イギリス大使からの勲章授与式典に出席したジオは、「セルティックで多くのゴールを決めていた。ファンから愛されるすばらしい選手だった」
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、チームのユニフォームに商業広告をつけることはないと断言した。それと同時にクラブが新しく慈善活動を展開すると予告し、バルサのユニフォームには人道的メッセージが込められることになりそうだ。「あまり深くは説明しないが、クラブは近々人道的メッセージを伝える新しい活動を始める予定だ」
●タイトルも獲れず、ヨーロッパの大会にも出場できないアトレティコ・マドリーでは選手から不満の声が上がっているが、フランシスコ・モリネロがこの意見に同調している。「フェルナンド・トーレスの意見は良く分かる。僕らは若いし、タイトルも欲しいしチャンピオンズリーグにだって出場したい。その目標にはたどり着けることが出来ないけど、これからもスペインやヨーロッパで活躍したい」
●カルロ・アンチェロッティが来季レアル・マドリーを率いることはない。最近のクラブ内部の危機により、アンチェロッティ監督はもちろん、彼と来季の契約に合意していたR・マドリーの幹部たちも以前にかわしていた合意を断念。R・マドリーの新監督の名は、選挙で選ばれる新会長の手に委ねられることとなった。
●アルゼンチン代表のリケルメは、噂されていたアルゼンチン代表監督ペケルマンとの不仲説を完全に否定。親友であるアイマールをアルゼンチン代表に招集しなかったこともリケルメは納得のいっていない様子だったが、「確かに何人か気に入らないやつはいるよ。僕をそういう噂の渦に落とし込もうとしているやつらだ。例えば、僕とベロンの不仲説を流したときもそうだった。ベロンが代表にいないのは、リケルメが彼のことを嫌いだからだと勝手に噂を流し、でも、結局それは間違いだったんだ」と語り
●ディナモ・モスクワがギリシャ代表DFギオルゴス・セイタリディス(24)の移籍金を500万ユーロ(約7億円)に設定した。欧州選手権ポルトガル大会での優勝メンバーでもあるセイタリディスには現在、アトレティコ・マドリーなどが興味を示している
●スペイン・プロリーグ(LFP)は、リーグ戦の終了を遅らせることがFIFA(国際サッカー連盟)に認められたことを明らかにした。これにより、今季のリーガ・エスパニョーラはFIFAの指定していた5月14日ではなく、20日に閉幕することになる。LFPは公式サイト上で、FIFAの承認と変更後の日程について伝えている
●スペインの新聞各紙は、ミランのカルロ・アンチェロッティがレアル・マドリーの新監督になると主張し続けている。スポーツ紙『アス』によれば、アンチェロッティはイタリアのシーズン終了を待って、レアルの監督就任を発表するとのことだ
●アーセナルのロベール・ピレスがビジャレアルと急接近している。ピレスはかねてよりアーセナルに対して2年間の契約延長を希望していたが、クラブ側は1シーズンのみの契約延長しか認めていなかった。そうした中、ピレスは先月にビジャレアルとコンタクトがあったことを認め、ビジャレアルの幹部らとの間で、2年間の契約案に応じたものと見られている
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.