FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/05/02UEFA情報
●アトレティコが次に獲得に動くのは、今季CLでベスト4入りの躍進を果たしたビジャレアルの右SBハビ・ベンタと、ボルシア・ドルトムント所属でチェコ代表のMFトマス・ロシツキー
●マジョルカのホナス・グティエレスはアウェイでの対A・マドリー戦で1点をあげ、これが唯一の得点となった同試合でチームに貴重な勝ち点3をもたらした。「どうしても勝たなければならない試合だった。ゴールを決める事ができて満足している。(チームメートのフェルナンド・ナバーロとの練習中の諍いやパルマ空港での警察との口論など)最近は明るい事がなかっただけに、この1点で嫌な事が忘れられ良かった。でもチーム全員がとても良い試合をしたことが何よりも嬉しい」
●レアル・マドリー次期監督の有力候補とされていたとミランのカルロ・アンチェロッティ監督だが、「R・マドリーと契約するという望みはない」と明言。この発言でアンチェロッティ監督自らこの噂に決着を着けようとしたようだ
●フェルナンド・マルティン前会長が3月にリストアップしていたカペッロ(現ユベントス監督)、モウリーニョ(現チェルシー監督)、アンチェロッティ(現ミラン監督)、ベニテス(現リバプール監督)、ベンゲル(現アーセナル監督)、エリクソン(現イングランド代表監督)、リッピ(現イタリア代表監督)の7名の監督候補のうち、カペッロ、モウリーニョ、アンチェロッティ、ベニテス、ベンゲルがすでに「ノー」と伝え、残るはエリクソンとリッピのみとなっている
●セリエA第36節対リボルノ戦の前半41分に負傷で交代したミランDFスタムだが、病院へ同行したチームドクターによると右肩の靭帯先端部負傷が確認された。回復期間は近日中に発表される見込み
●ドイツW杯へ向けて、優勝候補の一つであるイタリア代表の登録メンバー最終選考合宿が、2・3日の2日間、ローマ郊外のボルゲシアーナで行われる。合宿ではさまざまな練習が準備され、とりわけグループとしての一体感を作り上げることが重要視される
●セリエA第36節でリボルノを自身の2ゴールで下したミランFWインザーギは、火曜日から始まるイタリア代表選考合宿へ参加することになった。インザーギは試合後、「リッピ代表監督が(直接)電話してきてくれたよ。代表を離れていたこの2年半はずっと怪我ばっかりだったけど、代表入りするっていうことはいつだって素晴らしい、特別なことなんだ。今はやる気でいっぱいだよ。新しい代表メンバーの多くを知らないけど、リッピ監督のことはよく知ってる。この合宿で練習してより調子をあげていくよ」
●チェルシーの最高経営責任者(CEO)であるピーター・ケニヨン氏はジョゼ・モウリーニョ監督との不仲を否定。来季も指揮を執るとし、モウリーニョ監督の辞任は考えられないと述べた
●イングランド代表DFで、右足の骨折などで長期離脱していたアーセナルのA・コールが1日のサンダーランド戦で後半途中出場し、実戦復帰した
●アルゼンチンとアンゴラの親善試合は、5月30日にサレルノで開催されることになった
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.