FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/04/21UEFA情報
●欧州CL決勝進出を賭けたACミランとの第1戦で大活躍したバルセロナFWロナウジーニョの扱いが日増しに大きくなっている。イタリアを代表するスポーツ新聞ガゼッタ・デッロ・スポルト紙は20日、10項目での分析を行った。分析の結果ロナウジーニョはマラドーナ(94点)、ペレ(93点)に次ぐ92点で歴代3位。4位にはクライフとファン・バステンが91点で並んでいる。ロナウジーニョの能力は右足=10、左足=7、ヘディング=7、ドリブル=10、パワー=10、アクロバット=10、FK=10、ゴールセンス=10、ビジョン=10、エリア内での動き=9
●ベティス所属のスペイン代表MFホアキン(24)にユベントスが興味を示した。20日付の伊紙‘コリエレ・デッロ・スポルト’が報じたところによると、ユベントスは今季限りでの退団が濃厚なMFカモラネージの後釜としてホアキンに注目。カモラネージやムトゥを放出して得る移籍金を、2000万~2500万ユーロ(約28億~35億円)と見込まれるホアキンの獲得資金に充てるとのこと
●2部降格の危機がますます現実化してきたシーズン終盤を迎えているマジョルカは、罵声や暴力的プレー等が目立つ荒立った雰囲気での練習となった。きっかけはホナス・グティエレスが“トゥニ”ことアントニ・ルイス・アドロベルに激しいタックルをしケガをさせた事だ。殺気立った二人をフェルナンド・ナバーロや他チームメートが離れさせるはめとなった
●以前R・マドリーのスポーツ・ディレクターを務めていたバルダーノ氏はフロレンティーノ・ペレス前会長の辞任について振り返り「前会長の過ちは選手達から遠のいた事と、結果に執拗にこだわり続けた環境が要因だ」と明かした
●リバプールのラファ・ベニテス監督は、キャプテンのスティーブン・ジェラードが、R・マドリーへ移籍するという噂を否定し、「ジェラードは、マーケットに出ていない」と認めた
●バルセロナのサミュエル・エトーは2ndレグも最大の力を出す必要があるとチームの声を代弁した。「有利なチームが常に勝つとは限らない」とエトーは明かしている。「ファンがチームの勝利に喜び浮かれても、僕達選手は慎重になる必要があるし、決勝にたどり着くにはまだ90分残っていることを肝に命じておく必要もあるんだ」
●バルセロナはヨーロッパの大会、アウェイでの第1戦において、サン・シーロでの0-1という同じスコアでこれまで7回勝利を収め、そのうち6回は次のステージに進んでいる。唯一1980/81シーズン、ケルンとのUEFAカップ決勝トーナメント2回戦第2戦目を0-4で落とし敗退
●アルゼンチンに帰国し、早2日が経ったメッシー。無理がたたり1ヶ月以上も前から完治しない怪我。復帰も全く未定だったが「2週間後にはもうプレー出来ると思う。でも、正確にいつという日付は付けたくない。そうやって焦るとリハビリが全て台無しになる可能性もあるから」「リーグが終わるまでにはなんとか試合に出たい。それにチャンピオンズリーグ決勝、そしてW杯にもね。もちろんそれにはちゃんとコンディションが整って、僕をメンバーに選んでくれればだけど。ロナウジーニョも2年前には僕と同じような状況に遭ったんだ。だから、僕に『慌てるんじゃない』とアドバイスしてくれたよ」
●今季のUEFA杯、欧州CLではイタリア勢惨敗が目立っている。欧州CLベスト8にユーベ、インテル、ACミランが進出した際「イタリア勢がベスト4に3クラブ進出!!」と各紙取り上げたが結果はACミランのみが進出。またUEFA杯ではサンプドリアの予選敗退、パレルモ、ローマはベスト16止まり。欧州CL敗退からUEFA杯にまわった強豪ウディネーゼもベスト8進出ならずに消えた。イタリア勢の惨敗理由として現地メディアは(1)準備不足(2)チームの高齢化(3)ターンオーバー制の不確立を挙げている
●マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・スコールズが、来季の復帰に向け意欲をみせた。原因不明の視力障害に悩まされ、昨年12月のバーミンガム戦を最後に試合出場のないスコールズは、回復の兆しが見えない目の状態に対する不安を率直に話した。「症状が出てから4ヶ月。正直、もうこれ以上良くならないんじゃないかとも考えた…。原因がまったく分からないからね。どうやら僕の歳では珍しい病気みたいなんだ。たしかに残念だけど、何とかやっていくしかない。それに、僕は現役引退を考えたことは一度だってない。出来るだけ早く復帰することしか考えていないんだ」。
●リッピ監督はドイツ大会を彩る主役として「現時点で最高の選手であることに疑いはない。サン・シーロ(欧州CL対ACミラン)でも実感した」とブラジル代表のロナウジーニョを本命に挙げた。また「トッティの体調が良ければ彼に匹敵する」とアズーリ指令塔の活躍も期待している
●「完全に彼らの誤解だ。僕は『居心地が悪いからインテルから出たい』なんて一回も言っていない。サポーターが僕を必要としていないのであれば去るしかないと言っただけだ」とインテルのブラジル人FWアドリアーノが20日、緊急会見を開いた
●イタリアを代表する電話会社テレコム・イタリアとレーガ・カルチョとの契約が2010年まで延長された。20日、ミラノでレーガ・カルチョ会長ガリアーニ(ACミラン副会長)とテレコム・イタリア代表取締役リッカルド・ルジェロ氏が1998年から始まった契約をされに4年間延長した
●もういったい何度目だろうか?またしてもインテルのウルグアイ人FWアルバロ・レコバが20日の午前練習中に負傷した。診断したインテルの医師によるとレコバは左足の大腿二頭筋を傷め、今季絶望となった事が判明した
●「メッシーナとの試合で集中していないやつはクビ!」。これは、先日敗れたチャンピオンズ・リーグ準決勝での敗戦ショックをひきずらせないためのミラン副会長ガリアーニ氏のジョークだが、土曜日のセリエA・メッシーナ戦では冗談は許さない
●ミランMFカカーは、同僚FWインザーギがイタリア代表としてドイツW杯へ行けるようにアシストを惜しまないつもりだ。SKYの番組インタビューに答えたもので「(インザーギは)すごいFWだよ。どんなボールにも喰らいついてくれるし、最後の最後まで諦めない。何よりやれる、って信じきるところがすごいよ。すっごく大事な選手さ」
●欧州連盟(UEFA)カップは20日、各地で準決勝第1戦の2試合が行われ、ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)が先勝、シャルケ(ドイツ)-セビリア(スペイン)は引き分けた
●過去の欧州カップにおいて、ミランがホームでの第1戦に敗れたのは(今週火曜日を含めて)計6回。その中で逆転に成功したのは1955年の一度だけしかない。そのまま敗退したのは2回。残りの2回はチャンピオンズリーグのグループリーグでの試合だったが、ポルトとの対戦は2試合合計のスコアでも相手を下回った。
●元イングランド代表の伝説的選手ボビー・チャールトンは、ウェイン・ルーニーがワールドカップ(W杯)において1958年のペレのようなインパクトをもたらすと確信している
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.