FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/04/20UEFA情報
●急性リンパ性髄膜炎(ずいまくえん)でバレンシア市内の‘Hospital 9 d’Octubre’病院に入院していたバレンシアのMFパブロ・アイマールだが、本日(19日)退院の許可が下り1週間ぶりに同病院を退院した
●18日のCLミラン戦で負傷交代したバルセロナのDFオレゲールが全治10日間と診断された
●マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督がリケルメ獲得に動き出した。チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、アーセナル対ビジャレアル戦の前日(18日)、ファーガソン監督はビジャレアルが滞在するロンドンのホテルに訪れ、その場でリケルメ獲得の意思をビジャレアル側に伝えている。
●マンチェスター・ユナイテッド所属のオランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイがレアル・マドリーに逆オファーをしている。ファン・ニステルローイはマンチェスター・Uで厳しいシーズンを送っており、スタメン出場の機会も減っている。そのゴール嗅覚は失っておらず、プレミアリーグ、ゴールランキングでもティエリ・アンリに次いで2位(21得点)につけているファン・ニステルローイだが、フランス人FWルイ・サハの台頭でベンチで過ごす時間帯が多くなっており、今やマンチェスター・Uの第1FWの座はウェイン・ルーニーに奪われ、ファン・ニステルローイは第3FWに甘んじている状態
●サラゴサのMFサビオ・ボルトリーニは、まだ契約が残っているものの、今季終了後に母国ブラジルに戻ることで合意したと発表した。「ブラジルに帰りたいし、帰らないといけない」と、サビオは昨年11月の父親の死にショックを受けたようだ
●バルセロナのクラブの実情やジョアン・ラポルタ会長や他の役員達との関係について綴った自身の著書『Bienvenidos al mundo real(真実の世界へようこそ)』をバルセロナ市内のホテルで発表した前副会長サンドロ・ロセイ氏は、ジョアン・ラポルタがバルサの会長でなければ、「クラブはもっと民主的になるだろう」と明かした。ロセイ氏は今のクラブは「たった一つの思想」で占められていると見ている
●今季ユベントスから1年間のレンタル移籍でビジャレアルにやってきたイタリア人MFアレッシオ・タッキナルディ(30)が、来季もビジャレアルでプレーすることとなった。ユベントスとビジャレアルは20日、1年間のレンタル延長で合意した
●ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長と幹部のジャネサ氏は、その翌日、「大会では主審の判定に苦しまされ続けている」と不満を漏らした
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督「今回は不運なジンクスもおしまいになるはず。準々決勝より先まで駒を進めることができるだろう。たくさんの人が今度のW杯でのスペインの成功を望んでいる。それは私の監督としての野望でもあり、この目標に達しなければならないということを、選手たちにしっかりと理解させるよう努めます」「バルデス(バルセロナ)とパロップ(セビージャ)も健闘しているが、選出されるキーパーはレイナ(リバプール)、カニサレス、そしてレギュラーとなるカジージャスの3人だ」
●スポーツ紙『マルカ』はアンチェロッティの選手交代を批判し、「守備的な監督」という烙印(らくいん)を押した。マルディーニ、アンブロジーニ、カフーの投入は、さらなる失点を防いでスコアを維持するための消極的な交代と感じられたようだ
●ハイバリーでの結果に、ホセ・マリは十分に満足している様子だ。「0-1はそれほど良くはないが、悪くもない」「アーセナルは非常に良いスタートを切り、速いリズムのプレーを仕掛けてきた。その後は僕らも試合に入っていくことができた。1点も取れなかったのは残念だ。アーセナルは、うまくリケルメを止めていた。彼はチームを動かす存在で、僕らは彼のような選手を必要としている」「ひざには痛みがある。こういう試合で途中交代するのは、誰にとっても好ましくないことだ。だが、監督はチームを良くしようと思ってそうしている。誰も、自分のチームに不利になることはしない」
●ビジャレアルのタッキナルディ「1-0なら全く分からない。僕らは信じている。僕のプレーは、警告を受けるようなタックルだとは思えなかった。だけど、チームメートのみんなが、決勝進出というプレゼントをしてくれることを願っている。ビジャレアルはまだ生き残っている。ホームでの試合に、すべてが懸かっている。僕らは、ホームで数々の相手を苦しめてきた。ファンがスタジアムを素晴らしい雰囲気にしてくれて、インテル戦の時と同じように僕らを強く後押ししてくれるだろう。今日は厳しい試合だった。アーセナルはやりにくい相手だ。1人だけを前線に置いて、全員で守り、速い攻撃を仕掛けてくる」
●18日にスペインのラジオ局『カデナ・セル』の番組に出演したレアル・マドリーのスポーツディレクター、ベニト・フローロ氏は、スティーブン・ジェラードの獲得がレアルにとって最優先課題であると語り、「とりわけ、アドリアーノのようなタイプのセンターFW、それから、もしジダンが勇退する場合のことを考えてMFを1人獲得するべきだ、と進言した」次の監督候補として、かつてレアルで活躍したドイツ人選手ベルント・シュスターの名前を挙げた。シュスターは現在、ヘタフェの監督として評判を高めつつある。「理想的な監督は、スペインのサッカーを良く知っている人だと思う。それに、シュスター監督はレアルが望んでいるようなサッカーを確立することに力を注いでいる」
●19日の欧州チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、アーセナル対ビジャレアルの一戦は、ホームのアーセナルが前半41分のトゥレのゴールで1-0の勝利を収めた
●アーセナルの アーセン・ベンゲル監督「結果には満足しているが、第2戦を終えるまでまだわからない。2点目を狙いに 行ったのだが、ナーバスになりすぎた部分もあったね。ビジャレアルの中盤が激しく て、なかなかチャンスを作ることができなかった。第2戦でも無失点を狙うつもりだ し、十分可能だと思っている。ただ、守るだけではやられてしまう。自分たちのサッ カーをして、点を獲りに行くつもりだよ。土曜日にはプレミアのトッテナム戦も控え ているので、第2戦までの6日間は今シーズンの集大成となるだろう」
●キャプテンのティエリ・アンリ「失点しなかったことが大きい。第2戦ではビジャレアルに攻めてきて欲しいね。 そうすれば、カウンターでチャンスを作れるだろうからね。今日は難しい試合だった けど、1-0のスコアは悪くない結果だと思っている」
●インテルのブラジル人FWアドリアーノが母国の新聞社による電話インタビューに応じ、スランプに悩む胸中を明かした。「クラブ側が僕に対する思いやりが欠けている事は確か。チーム状況が悪い時にクラブは僕にマスコミ対策として、『チーム内は上手くいっている』と言う様に指示した。自分の調子がいいときはクラブの為と考えてそれに従った。一転、僕の調子が悪くなったら誰も僕を守ってくれない。試合に負けて誰か1人に責任を押し付ければ簡単だからだ。ブラジル代表で上手くいくこともインテルではそうはいかない。インテルで起こる事(悪い事)は全て僕に押し掛かってくる」と
●ユベントスは19日、MFカモラネージに下された2試合出場停止の判決を不服とし、異議を申し立てた。申し立てに対し規律委員会は20日、再考され最終判決が下される予定になっている
●19日の練習中、ユベントスを率いる名将カペッロ監督が3回激怒して練習を中断させた。最初の激怒は練習中に選手がダラダラした時に起きた。カペッロ監督は「時間を無駄にするぐらいなら家に帰った方がましだ!!」と叱咤した。2度目、FW陣が紅白試合ですらゴールを決める事が出来ないことに対して「毎試合6-7回ゴールチャンスがあるのに全くゴールを決める事が出来ない理由を考えろ!!」とヒートアップ。3度目は綻びの見えるDF陣に切れた「オランダのようにするな!対戦相手は一対一で来る、ゾーンディフェンスじゃないんだぞ!」と
●「昨夏、モラッティと会食し『インテルに来ないか?』と誘われた時はリボルノとの関係を絶つことが出来なかったので丁重に断ったんだ。だが、今同じ誘いを受けたら喜んで受け入れるだろうね」とリボルノ主将で昨シーズンの得点王ルカレッリが現在の心境を明かした
●ドイツサッカー協会(DFB)は19日、先週末のリーグ戦で反則行為を犯したバイエルン・ミュンヘンのフランス人DFバレリアン・イスマエルに、リーグ戦3試合の出場停止処分を言い渡した
●ベルギーとオランダは、2018年ワールドカップ(W杯)の共催に立候補することを再び検討し始めている
●イングランドの日刊紙『デイリー・ミラー』が報じたところによると、リヨンのジェラール・ウリエ監督が来季のニューカッスルの監督候補として挙がっているという
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.