FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/04/14UEFA情報
●バルセロナのFWリオネル・メッシーがチャンピオンズリーグ準決勝のミラン戦2試合(18日と26日)に欠場する見込みとなった。メッシーのケガの状態を見るためにバルセロナまで駆けつけたアルゼンチン代表のチームドクターが明かした。「あの状態ならミラン戦2試合の欠場は確実だろう。順調に回復しても復帰時期はチャンピオンズリーグ決勝戦(5月17日)あたりになるのではないか」。「彼は筋肉の裏側を痛めており、3週間から4週間の治療期間が予想されるけがだ。つまり、彼の今シーズンはすでに終わってしまったということになる」
●バレンシアのMFアイマールは、12日、バレンシア市内の‘Hospital 9 d’Octubre’に強い頭痛と発熱のため入院したが、診断結果は「リンパ性髄膜炎(ずいまくえん)」と発表された
●バレンシアのFWクライファートの代理人は、トルコのべジクタシュから電話を受け、クライファートのバレンシアとの契約条項について質問を受けた。
●FCバルセロナのFWロナウジーニョが、リーガ次節のビジャレアル戦(14日)の召集メンバーから外れた。一方、DFプジョールは、前節のラシン・サンタンデール戦で受けた退場処分撤回をスポーツ審議会に申請中で、結果待ちの状態であるため召集メンバーには含まれた
●来シーズンに向けフォワードの補強を望んでいるリバプールのラファ・ベニテス監督は引き続きレアル・マドリーのラウル・ゴンサレスの獲得を考えているようだが、R・マドリー側はベニテス監督からの興味について「ラウルはアンタッチャブルな選手である」とクラブ側の意向をきっぱり伝えている
●ビジャレアルのペジェグリーニ監督は、金曜日(14日)に行なわれるアウェーでのバルサ戦に主力を招集しないことがわかった。これは翌週に控えたチャンピオンズリーグ準決勝対アーセナル戦に備えてのもので、リケルメ、タッキナルディ、フォルラン、ソリン、ビエラがそのままビジャレアルに残り、GKにはバルボサが代わりに入る。
●シーズン当初は出場も多かったR・マドリーのディオゴ。しかし、シシーニョの加入と共に徐々に出場機会も減っていた。同選手はインタビューにて「出来れば、R・マドリーでプレーを続けたい。しかし、クラブ側が僕をレンタル移籍させたいのであれば、それを受け入れる。そのような決定が下されたときは、また考えるよ」
●バルセロナのDFカルレス・プジョルは、ホームのカンプ・ノウで行われる国内リーグのビジャレアル戦に出場することができる。ラシン・サンタンデール戦での退場により、1試合の出場停止処分を受けていたプジョルだが、スペインのスポーツ規律委員会は、この処分の適用を暫定的に停止することを決定
●かつてレアル・マドリーの監督を務め、2002年にはチャンピオンズリーグ優勝も果たしたビセンテ・デル・ボスケ氏が、スペインのラジオに出演し、現在のレアルに関して歯に衣着せぬコメントを発表した。デル・ボスケ氏は、チームに復帰する可能性を完全に否定しながら、最近のレアルが「謙虚さを失った」など、さまざまな批判を行った
●残り5試合となった今季のセリエA。優勝の行方はユベントスで間違いない状況だが、ここにきて恒例の“残留争い”が過熱している。今季から“プレイオフ”を廃止したセリエA、勝ち点が並んだ場合の優先順位は①直接対決の結果②直接対決での得失点差③全試合での得失点差④全試合での総得点⑤抽選となっている
●ドイツワールドカップ終了後に退任するイングランド代表スベン・ゴラン・エリクソン監督の後任を巡る人事が難航している
●ACミランとのミラノ・ダービーを翌日に控えた13日、インテルのマンチーニ監督が会見に応じた。「アドリアーノはあまり好調ではないが、試合までまだ1日あるので先発させるかどうかは明日決める。問題がなければマルティンスとの2トップで挑む」
●14日に行われるセリエA第34節ACミラン対インテル“ミラノ・ダービー”でインテルサポーター席のチケットが7,000枚の売り出しに対し700枚しか売れていないことが13日分かった。8日に行われた欧州CLビジャレアル戦に敗れた事に対するインテルサポーターのストライキ行為とみられている。
●11日に行われたイタリア杯ウディネーゼ戦でゴールを決め、同杯決勝進出に貢献したインテルMFピザーロが14日に行われるACミランとの“ミラノ・ダービー”に望む意気込みを明かした。「ずっとプレイしてみたいと思っていた試合の1つ。我々にとってはとても重要な試合になるだろう。何としても勝利しなくては。現在クラブ内に沈んだ雰囲気があるのは確かだ。ビジャレアル戦(8日に行われた欧州CL戦)で敗れた事はあまりに悔しくて忘れることが出来ない。あの日まで我々は今季絶好調といっても過言ではなかったのに・・・。インテルほどのビッグクラブならばリーグ戦優勝か欧州CL優勝を果たさなければいけないのだろうが、ダービーで勝利し2位で今季を終えることが現在の目標だ」
●前リボルノ監督ロベルト・ドナドーニ氏は、今さらリボルノの指揮官の座に戻る気などなく、新たな経験を積むためにアメリカのMLS(メジャー・リーグ・サッカー)で監督をやりたいと考えているようだ
●ミラノ・ダービーを翌日14日(現地時間)に控え、アンチェロッティ監督が1トップ構想を明らかにした。1トップということは、同監督お得意の通称“クリスマス・ツリー”、つまり“4-3-2-1”システムの頂点にFWジラルディーノを置くということである。「確かにそれを思案中だ。シェフチェンコは腱に問題を抱えているし、インザーギには熱があるから」
●アンゴラサッカー連盟は、初出場となるワールドカップに向けチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督にスタッフ入りの要請をしたようだ。この要請はモウリーニョ監督がアンゴラ代表の指揮を取るというものではなく、練習方法やメンタル・フィジカル面での準備において、ルイス・ゴンサルベス・オリベイラ代表監督をサポートして欲しいというものだ
●イングランド代表FWで、右足骨折のため戦列を離れているマイケル・オーウェンが13日、負傷後初めてスパイクを履いて練習した
●負傷のため3カ月間の戦線離脱を強いられていたオレクサンデル・ショフコフスキーがゴールマウスに戻ってきた。ディナモ・キエフのレギュラーに復帰したことで、ウクライナ代表としてワールドカップ(W杯)本大会に出場できる望みも高まってくる。
●アーセナルのDFソル・キャンベルは、4月12日のポーツマス戦で相手選手と激突した際に鼻を骨折した。
●ローマのブラジル人GKドーニは、クラブと契約延長することで合意に達した。ローマは公式サイト上で「彼は2009年6月30日までローマのユニホームを着ることになる」
●ローマは早い段階でディディエ・アガテの獲得を決めるかもしれない。1975年生まれのフランス人MFアガテはセルティックとの契約を解消しており、移籍金ゼロでローマに加入することができる
●トルコ、ベシクタシュのジャン・ティガナ監督は『フランス・フットボール』紙のインタビューに対して次のように語った。「私が代表監督に選ばれなかったのは黒人だからだ。能力が問題となったわけではない。候補から外されたのはアル・ファイド氏との訴訟問題によるもので、また肌の色も理由の一つだった」
●ボルトンのナイジェリア人MFジェイジェイ・オコチャが、チェルシーのFWディディエ・ドログバの試合中の態度、とりわけイングランドで物議をかもしている例の「ダイビング」を厳しく批判した。「僕はあんな行為は認められないね。相手チームのサポーターの怒りを煽るだけさ。自分自身は一度もやったことがないし、これからもやることはない。僕は自分の持っている資質でプレーするし、その中にダイビングは入っていないよ」
●インテルのオーナー、マッシモ・モラッティ氏は、いつまでもクラブのナンバーワンサポーターに違いない。しかし、今彼の中で何かが音を立てて崩れ始めている。インテルはまたしてもシーズンを無冠で終え、モラッティ氏の我慢も限界といった様子だ。もちろん、ローマとのコッパ・イタリアの決勝戦は残っているが、イタリアでは、やはりリーグ優勝をしなければ何の価値もない。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.