FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/04/06UEFA情報
●昨夜(4日)行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝でオリンピック・リヨンを破りベスト4進出を決めたミラン。これでレアル・マドリーはカルロ・アンチェロッティとの契約をまとめることがまだできない状態となっている。ミランがベスト4進出を果たしたことで、R・マドリーはアンチェロッティ招聘の発表を少なくとも2週間以上は待たなければならない。ミランにはチャンピオンズリーグ決勝進出の可能性も残されているからである
●来シーズンに向けセンターバックの補強が必要であるレアル・マドリーは、ローマのルーマニア代表DFクリスティアン・キブに白羽の矢を立てている。現在、R・マドリーのセンターバックにはセルヒオ・ラモス、メヒア、そして負傷しがちなウッドゲイトの3選手がいるが、本来左サイドバックのラウル・ブラボがセンターバックを務めることもあるという状態となっている。左利きのキブの加入でチームのディフェンスラインの中心を固めることができる
●オプション付きでバレンシアからイタリアのフィオレンティーナにレンタル移籍中のイタリア人MFステファノ・フィオーレの代理人フェデリコ・パストレロ氏が、フィオレンティーナが来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したらフィオーレは完全移籍となるだろうと示唆した。「もしフィオレンティーナがチャンピオンズリーグ出場圏内に入ったら、オプション分も支払われる。経済面でも解決されるだろうからね。しかし、チャンピオンズリーグ出場圏内を逃した場合はその価格についての交渉をしなければならないだろう」。
●CL史上2番目に小さいホームタウンの4強進出クラブとなった。ビジャレアルのホームタウンであるカステジョンの人口は約4万7000人で、これを下回るのは約3万2000人のモナコのみである
●レアル・マドリードのMFベッカムは水曜日の練習に参加せず、スペインリーグ第32節、対ソシエダ戦を欠場する可能性が出てきた
●レアル・マドリードのDFロベルト・カルロス(32)が先日の対バルセロナ戦で退場になった件について、審議の結果1試合の出場停止処分が下された
●タッキナルディは、「僕にとってはユベントスは戦いにくいチームだから、アーセナルに勝ち進んで欲しい。ユベントスはセリエAでは優勝してほしいけれど、出来ることなら準決勝はアーセナルと戦いたい」
●ソリンは、「CL準決勝に進めたのは夢のようだ。今は嬉しいの一言に尽きる。我々が勝ち取った結果だと思う。次の目標は決勝に進むことだ。アーセナルとユベントスは強豪だが、挑戦する気持ちで戦いたい。ここまで来ればどちらが勝ち上がってくるかは関係ない。タフな試合になることは間違いないよ」
●ビジャレアルは来シーズンに向けて大きな補強を行った。ロベール・ピレス(32)の獲得である。フランス人MFピレスは今シーズン終了後にアーセナルを去り、火曜日にインテルを破ってチャンピオンズリーグ準決勝進出を果たしたビジャレアルでプレーすることになる
●ベンフィカを破ってチャンピオンズリーグの準決勝進出を決めたバルセロナのライカールト監督は、次に対戦するミランについて語った。「面白い試合になるだろう。ミランの方が有利だ。ミランは何年も前から高いレベルを維持している。優れた選手をそろえており、かなり攻撃的なプレーをする素晴らしいチームだ。何かチームに手を加えるかって? それは先に選手たちに言うことだ」
●レアル・マドリーは引き続き来シーズンの新監督を探している。ここに来て浮上してきたのはスベン・ゴラン・エリクソン。第一候補のカルロ・アンチェロッティがミランを離れられない場合、現イングランド代表監督のエリクソンが有力な候補となりそうだ。アンチェロッティは先日ミランとの契約を延長したばかりだが、スペインではこの契約は表向きに過ぎないと見られており、実際にはアンチェロッティはすでにレアルとの契約を済ませているとも報じられている
●今冬の移籍市場でセリエBテルナーナからフィオレンティーナに移籍したチリ人MFヒメネスが9日に行われるセリエA第33節、ユベントス戦に向けて意気込みを語った。「フィオレンティーナでこんなに多く試合に出場出来るとは思っていなかった。役に立つことが出来て嬉しい。ASローマとの4位争いの為、大勢の“ビオラ”サポーターを幸せにする為にも日曜の首位ユベントスとの一戦は我々には重要だ」
●ミランのMFアンブロジーニは「昨日の試合は最初から最後まで死んでも良いというぐらい激しい試合だった。“スーペル・ピッポ”(FWインザーギのあだ名)出来過ぎだよねぇ。全くたいした人だよ。サン・シーロ(ACミランのホームスタジアム)のスーパーヒーローだね。また2得点の大活躍、3年前のアヤックス戦を思い出したよ。あの時も誰もがもう駄目だーと思った終了間際にゴールを決めてくれたよね(昨夜も後半43分に決勝点を決めた)」
●昨夜主役となったミランのインザーギ本人は「このチームのためならなんだってするさ。欧州CLで昨年は決勝戦、今年はベスト4以上、素晴らしい事だよね。僕の所属クラブながら本当にACミランは“すごいぞ!!”って言いたいよ」
●ユベントスのカペッロ監督は「選手達は最善を尽くしたのでサポーターからのブーイングが残念だ。アーセナルが強豪である事を理解してもらいたい。我々にとって今季は決してネガティブなものではない。ヨーロッパでも屈指のクラブだ。ユーベがイタリア国内でのみ強いとは思わない。この10年間で我々ほどの結果を残しているクラブが他にあるか?私に質問する前にどうかデータを良く見て頂きたい」
●その去就が注目されるなか、バイエルンに所属するドイツ代表バラックはスポンサーのアディダスとの契約延長にサインし、2012年までスター選手であり続けることを確約
●欧州チャンピオンズリーグ準々決勝でビジャレアル(スペイン)に敗れ、大会敗退が決まったインテルのファケッティ会長は、すべては選手達の責任だと怒りを爆発させた。ファケッティ会長は、「第1戦が終わった時、私は強い気持ちを持たなくてはならないとコメントした。しかし選手達は自信がなく、弱い気持ちで戦った。前半は互角だったが、失点を許してからチームは立ち直れなかった。最後の5分間だけ相手にプレッシャーをかけたまでだ。強い気持ちがなければ必ず結果はついてこない。このことに私は最も腹が立つ。失点をしてから気持ちが変わると思ったが、何も変わらなかった。ビジャレアルとの対戦が決まった時は、まさかこのような結果になるとは誰も予想していなかった」
●アンチェロッティ監督は「決していい内容ではなかったが、我々は常に闘争心を見せていた。インザーギをベンチで温めているのは、このような試合のために万全な状態を保つためだ」
●MF中村俊輔が所属するセルティックが当地でハーツに1-0で競り勝ち、勝ち点を82に伸ばして2季ぶり40度目の優勝を果たした
●イングランドサッカー協会はスベン・ゴラン・エリクソンの後任監督をワールドカップ(W杯)前に発表するようだ
●インテルの首脳陣はチームの現状について話し合うためロベルト・マンチーニに会ったようだ
●チャンピオンズリーグ敗退に、ファンだけではなく選手たちも納得できなかったようだ。ビジャレアルに0-1で敗れた試合では、ハーフタイムと試合終了後に選手たちの間で小競り合いが発生したと見られている。ブルガリアのスポーツサイト『フォーカス・スポーツ(focus-sport.net)』は次のように伝えている。「前半終了後、選手たちの半数がアドリアーノに不満をぶつけた。争いは試合終了後にも繰り返された」
●レーマンがユベントスをノーゴールに抑えたことで、アーセナルはファン・デル・サールの無失点記録を更新した。“ガナーズ(アーセナルの愛称)”は2005年9月27日のアヤックス戦以来、チャンピオンズリーグで失点を喫していない。その後のスパルタ・プラハ(1次リーグ2試合)、トゥーン、アヤックス、レアル・マドリー(ベスト16の2試合)、ユベントス(準々決勝2試合)との8試合で、アーセナルは得点9に対して失点はゼロである
●ジャンルイジ・ブッフォンは悔しそうな様子だった。アーセナルとの試合後、彼は次のように語った。「逆転するのは難しい仕事だった。失敗の1年だとは思わない。今年も何かを勝ち取ることはできるだろう。リーグ戦の優勝まではあと一歩だと言っていいはずだ。何のタイトルも獲れないチームだってある。その点は尊重されてしかるべきだ。失点はしなかったが、攻撃面では何かが欠けていた」
●ユベントスのカペッロ監督は次のように語った。「観客からのブーイングは不当なものだ。選手たちはよく頑張った。相手が強かった時には、それを認めることも必要だ。後半はアンラッキーな場面が3回あった。全体的には良いシーズンを送ることができている。相手はヨーロッパで最も好調なチームだった。ロンドンでの2失点が敗退につながった」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.