FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/03/12UEFA情報
●ロナウドの来季はイタリアで決まり? 11日付の‘Sport’紙が報じたところによると、来季の移籍濃厚なロナウドがすでにレアル・マドリー退団を決意し、愛着のあるイタリアへの移籍を望んでいると明かしている
●バルセロナのチキ・ベギリスタインTDは、チャンピオンズリーグ準々決勝の対戦相手となったベンフィカのロナルド・クーマン監督について「この対戦の主役は彼」と語った。抽選会が終わり、「(この対戦が決まって)最初に考えたのはクーマンのことだ。彼はバルサがチャンピオンズカップの優勝を決めたゴールを挙げた張本人。その彼がベンチに座っているんだ。それにベンフィカは現チャンピオンを素晴らしい形で倒したチームだ」
●フランク・ライカールト監督は、リオネル・メッシーを出来る限りマスコミや周囲のプレッシャーから守ってきた。非常に大切な選手であるメッシー故障し、ライカールト監督は早速、その原因がシーズンを通してメッシーが感じてきたプレッシャーにあるとラジオのインタビューで語っている。「レオには特別な才能があるし、チームにとっても大切な選手だ。しかし彼はまだ18歳なんだ。壮絶なプレッシャーを感じながら、バルサでも代表でもエネルギーを消耗している」とライカールト監督。シーズン終盤には「重要な役割を果たしてくれる」と期待していることもあり、メッシーの復帰を無理に急ぐつもりはない。若きメッシーにはしばしの休息が必要のようだ。
●元レアル・マドリー監督のバンデルレイ・ルシェンブルゴは、彼が解任された12月当時よりもチームの状態は悪くなっていると語り、ロナウドにとってドイツW杯は絶好の“リベンジ”の場になると分析した。「会長(フロレンティーノ・ペレス)は私が去るべきだと考えた。それがフットボールの世界だが、今や問題は悪化している。しかしそれは私が去ったからではない。それが当然の流れだ。私はもうブラジルのことしか考えないよ」
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は、12日のオサスナ戦がリーガ優勝に向けて「非常に大きな一歩」を踏み出す試合になることを十分理解している。バルサが優勝候補の筆頭であることは認めた監督だが、相変わらず慎重な姿勢は崩していない。「数字的にはまだ可能性がある」とR・マドリーの追走を否定するつもりはないが、「現在首位に立っているチームが一番有利なのは当然だ。しかしまだ先は長いし、日々の練習が大切だ」と余裕も見せた。一方、1ヶ月の戦線離脱が決まっているメッシーの代役については、明言を避けたもののジュリがスタメンに入ることが濃厚。メッシーについては「彼のプレーが必要だと思うこともあるだろう」
●今日3月12日に56歳の誕生日、そしてアスレティックの監督としてリーガ200試合目を迎えるハビエル・クレメンテ監督は「カディス戦での勝利は最高のプレゼントとなるだろう。選手達はそれを実現させるため全力で戦ってくれるはずだ」と意欲を見せた
●今節のアウェイでのオサスナ戦で唯一サンティ・エスケーロが加わる事になった。ケガで戦線から外れているメッシ-に代わっての出場となる
●欧州CL最終抽選の行われた10日、フランスの名門リヨンとの対戦が決まったACミランに頼れる男が復活した。膝の負傷に再三悩まされていた主将パオロ・マルディーニ(37)がようやく練習に合流し、ミニゲームもこなした
●インテルのFWアドリアーノがインテルのファンに対してクラブを出て行く意思が全くないことを伝えた。レアル・マドリーへの移籍が囁かれているアドリアーノだが、「インテルを見捨てることはないよ。僕のことはいろいろマスコミで騒がれているけど、ファンのみんなは僕のことだけを信じてくれればいい」と500人ほどのファンが集まる前で断言
●リバプールの主将スティーブン・ジェラードは、戦力補強を望むラファエル・ベニテス監督をバックアップするようクラブに嘆願した。ベニテスは来季に向けた強化資金が十分に得られない可能性を危惧しており、資金が潤沢なレアル・マドリーやインテルの監督就任に興味を示していると伝えられた。この状況に危機感を表わしたのがジェラードだ。「監督には残ってもらわないと困る。彼のおかげでリバプールは順調に進化を続けているんだ。あとはクラブがもう少し資金を提供してくれるだけでいい。数人いい選手を補強できれば、僕らは本当に強いチームになれるはずなんだ」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.