FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/02/24UEFA情報
●ロナウドの「サポーターの愛情を感じない」発言から3日後の23日、レアル・マドリーの主将ラウルが、ロナウドに対して苦言を呈し今後の奮起を期待した。「ロナウドが話した内容が正しかったかどうかを判断するつもりはない。ただ、彼はそれを言う時期を間違えた。彼の発言は(その翌日の)アーセナル戦でのチームの士気に影響を与えた。それは、彼がチームのことより自分のことを優先したからだ」「彼が間違いを犯したのは事実だが、チームにとってはこれから先も“最高の状態のロナウド”が必要だ。彼がベルナベウのファンから愛されたいなら、よいプレーをしてたくさんゴールを決めればいい。僕らもできる限り良い環境づくりをサポートしていくつもりだから、彼自身もここで努力してほしい」
●バレンシアとの契約が6月末で終了するDFファビオ・アウレリオは、契約更新の可能性について具体的な理由は述べなかったが、様々な理由からバレンシア残留は難しいだろうと伝えた。「今の所クラブとは何も話が進んでいないようだ。可能性ゼロという事はないだろうが、現時点では7月以降については白紙だ。しかし今はそれについて話す時期ではない」
●火曜日のアーセナル戦で筋肉を痛めたロナウドとグティは、試合後の1日休暇明けの今日もチームメートとは別のメニューの練習を行った。他にも故障中のパブロ・ガルシアと、アーセナル戦で再度筋肉に異常を訴えたジョナサン・ウッドゲイトは練習に姿を見せなかった
●チェルシーのモウリーニョ監督は、チェルシーDFデル・オルノが退場したプレーについて、「メッシーは、芝居をした」と試合後の記者会見でコメント。これに対し、メッシーは、「芝居なんてしてない。多分、デル・オルノの最初のタックルのほうが、退場のプレーよりひどかったけどね」「もうデル・オルノは、退場しかけていた。選手は、グランドで緊張していると自分を失う」「選手は、FWにしろDFにしろ、いつも相手選手を退場にさせることを考えているよ」
●バルサMFデコは、モウリーニョ監督のコメントについて反論は避けつつも、「メッシーの足がどうなっているか見ればわかる。激しいタックルだった。メッシーの足にそのタックルの痕が残っているよ」と話し、DFプジョルも、「デル・オルノのタックルはよく見えなかったが、メッシーの足の傷跡を見る限り、間違いなくスパイクが入っていたんだろうね」
●チャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦、アウェーでチェルシーと対戦し、1-2で勝利を収めたバルサ。この結果、スタンフォード・ブリッジで勝利を収めた初めてのスペインクラブとなった。これまでチェルシーはヨーロッパ大会においてスペインのクラブと対戦し、6勝1引き分けと負け知らず。さらにモウリーニョ監督が就任してから、ホーム、スタンフォード・ブリッジでは49戦負けなしだったが、その流れをバルサが断ち切った
●チャンピオンズリーグ対アーセナル戦で途中交代したウッドゲイト。左足太ももに違和感を訴えており、当初は筋断裂の可能性も心配された。しかし診断の結果、軽い肉離れを起こしているだけ
●シェフチェンコは「これはミランが逃してはいけないチャンスだ。ロナウドが新しい刺激を求めているのは明らかだし、僕はまだ彼が最高のストライカーだと思っている」
●ビジャレアルのペジェグリーニ監督「チームはとても良かったし、勝つべきだったという印象。前半は良い試合をしていたので、そこで試合を決定付けるべきだったが、後半は苦戦してしまった。ただ、我々はホームに戻って仕事を完了させればよいだけだ」
●ライカールト監督は「私はメッシがファウルを受けるのをいつも見ているし、彼はオーバーアクションをするような選手ではない。彼は多くのファウルを受けている。退場シーンのときにもメッシへのファウルはあった。主審がアドバンテージをとったかどうかは私にはわからない。この特別な戦いで、我々にとっては重要な結果を得られた。試合前からマスコミの注目を浴び、大変緊張感に溢れた試合だった。我々は勝利に十分なチャンスを作り出したけど、ある意味、チェルシーのゴールが我々を助けてくれた。あのゴールの後で明らかに選手のメンタリティーが変わったからね。選手たちは最初ナーバスになり過ぎていたが、よく反撃した」
●Rマドリードは建設中の下部組織競技場を元スターFWの名誉会長にちなみ「ディステファノ競技場」とすると発表した。
●UEFAカップ決勝トーナメント1回戦2ndレグ終了し、ベティス、セビリアが準々決勝に進出。エスパニョールは敗退
●リバプールファンがマンチェスター・ユナイテッドのアラン・スミスを乗せた救急車を襲撃していたことが発覚した。襲撃を受けた救急車は、18日に行なわれたFAカップのリバプール戦で左足骨折と足首関節脱臼の重症を負ったスミスをアンフィールド(リバプールの本拠)から病院へ搬送中だった
●セリエA第26節ASローマ対エンポリ戦で左足首ひ骨骨折をしたトッティが初めて会見に応じた。担当医マリアーニとチームドクターのブロッツィとともに姿を現したトッティは「さて、今から練習に行かないと・・・」と饒舌に切り出した。回復まで2ヶ月の重傷だが「カルチョから離れて、今は落ち着いて過ごしている。最善の方法で回復を待っているし、グラウンドに戻れる日が待ち遠しい」
●ブレーメンのシャーフ監督「チームは夢のような夜を演出してくれた。逆転できるというのは我々の特徴のひとつ。素晴らしいゲームだった」
●インテルのマンチーニ監督「簡単な試合だと思ってゲームに臨んだ。そして、その姿勢が罰を受けたんだと思う。ハーフタイムには全員が落胆していた。当然だけど、私は少々怒ったよ。だが、それよりもっと走るように指示したんだ。私自身も含め、全員が平均以下の出来だ。序盤のアヤックスのテンポに我々が驚き、2失点を食らったことで我々のプランが崩れ、試合の様子が変わったのだろう」
●21日に行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦、対ベンフィカ(ポルトガル)戦に出場したシソッコは、前半にベンフィカMFベトに頭部を蹴られて即座に退場、ポルトガル市内の病院に運ばれ、検査の結果右目網膜が傷ついている可能性があり、失明の恐れがあるとされている
●UEFAカップは23日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、高原直泰が所属するハンブルガーSV(ドイツ)は2-0でトゥーン(スイス)に雪辱し、2試合合計2-1でベスト16入りした。
●メキシコサッカー協会はカルモナとガリンドの出場停止処分の軽減を拒否した。ドーピングによる出場停止処分を受けたサルバドール・カルモナとアーロン・ガリンドの2選手に関して、所属クラブのクルス・アスルは処分の軽減を求めていた
●レーガ・カルチョ(イタリアサッカーリーグ協会)の規律委員会は、アドリアーノの出場停止処分を取り消した
●バイエルン・ミュンヘンのジェネラル・ディレクター、カール・ハインツ・ルンメニゲは、ミヒャエル・バラックのインテルへの移籍を示唆した。インテルはドイツ代表MFバラックに年俸500万ユーロ(約7億円)での4年契約を提示している
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.