FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/02/15UEFA情報
●コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝第2戦を前にして、レアル・マドリーのMFグティは「R・マドリーに不可能はない」と語った。「次の試合は我々のホームだ。多くのサポーターの支えを受けてこそ選手たちも最大の力を発揮する。ベルナベウがすばらしい雰囲気を作れば相手チームは息苦しくなる。どうかチームの力を疑うことなく支えて欲しい。僕たち選手たちも全力で(決勝進出を)勝ち取るつもりだ。R・マドリーに不可能はない」
●バレンシアのFWクライファートは、14日午前、オランダでヴァン・ダイク医師により右膝半月版の手術を受けた。バレンシアのチームドクターであるアントニオ・ヒネール氏の話によると復帰までは、8週間から10週間かかるとしている
●マジョルカ監督を辞任したエクトル・クーペル氏は、辞任の理由を、「チームの活性化のためにも変化が必要である」と認めた
●バレンシア戦での出来で強烈な非難を浴びたビクトル・バルデス「チームが負けたことに関してはくやしい。僕らにとっては大切な試合だったからね。でも個人的な面では、僕は今までどおり自分に自信を持っているよ」とバルデス。数々の批判にも「こういうときに批判されるのは当たり前。大切なのは非難そのものではなくて、それに立ち向かうことだよ。僕はその準備が出来ている」
●2005年5月にキケ・サンチェス・フローレス監督がバレンシア監督に就任。その時に交わされた契約内容に今シーズン上位4位以内に入った場合、自動的に契約を更新するという条件が組み込まれていた。バレンシアのソレール会長はすでにキケ監督を全面的に信頼しており、さらに自信を与えるために現時点で契約更新を考えているよう
●前節バレンシアに破れ、バレンシアと勝ち点6、3位R・マドリーとは7と差が縮まった首位バルサ。これによりまだリーグ優勝の行方は分からないと世論は見ている。しかしバルサのエトーは非常に前向きに「勝ち点差6ではまだ分からない?僕らは全くプレッシャーなんて感じていないよ。だって、僕らはまだ2回も負けることが出来るんだからね。でも、他のチームはそうじゃない。もし、彼らが負ければ、すぐに勝ち点差は9になる。もう1つのチームは10だ。じゃー逆に聞くけど、誰がもっとも心配しないといけない?僕個人的にはプレッシャーも無く、非常に落ち着いているよ」
●チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦。世界中のファンが注目するチェルシー対バルセロナだが、22日の第1戦を前に、試合を行なうスタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)のピッチを巡る場外戦が始まっているコルチェスター戦(19日、FAカップ)、バルセロナ戦(22日)、ポーツマス戦(25日)とホーム3連戦を控えるチェルシーだが、大部分で芝がはがれるなどホームスタジアムのピッチ状態は最悪。しかし、チェルシーは現時点での芝の張り替えは不可能だと説明する。
●バルセロナのチーム練習が休みだった14日、レオ・メッシーはカンプ・ノウに赴きリハビリを続けた。肉離れを起こしてバレンシア戦に欠場したメッシーはこの日、少しながらもボールに触れた練習を行い、復帰に向けて大きな一歩を進んでいる
●コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝第2戦のレアル・マドリー対サラゴサが14日に行われ、レアル・マドリーが4-0の勝利を収めたものの、第1戦での大敗(1-6)が響き、2戦合計のスコアでわずかに及ばず決勝進出を逃した
●レアル・マドリードのDFウッドゲートがプレミアシップに復帰するという報道に対し、古巣であるニューカッスル(イングランド)が噂を打ち消した
●ロマン・アブラモビッチはジョゼ・モリーニョにまた新たな選手をプレゼントしたいと考えている。サミュエル・エトーだ
●エクトル・クーペルの辞任を受け、マジョルカは新監督を任命した。グレゴリオ・マンサーノ
●ホセ・ペケルマン、ウーゴ・トカリ、ドナト・ビジャーニがバレンシアのDFロベルト・アジャラの元を訪問した。ワールドカップに出場するアルゼンチン代表監督とドクターである。訪問の目的は、2005年末に右足の半月板を手術したアジャラのコンディションの回復状況を確認すること。3月には復帰できる見通しだ
●インテルMFフィーゴ(33)がイタリアカルチョ界の大物モッジ(68)相手に徹底抗戦の構えを見せた「ユーベに対して(審判問題など)色々と問題があるのになぜ誰も追及しないんだ?モッジは試合前にパパレスタ審判の部屋に居たが何をしていたんだ?まずはその説明が先だろう!!ユーベは外部からの手助けが多過ぎる。特にこの2週間は」と追求
●先日シュツットガルトを解雇されたトラパットーニ前監督(66)が、近々ACミランのユースチームの監督として復帰することが明らかになった
●ハノーバーに所属するDFズラウ(33)がクラブと2年間の契約延長で合意
●ドイツサッカー協会はヘルタ・ベルリンに所属するDFフリードリッヒ(26)に対し、1試合の出場停止処分を課すことを決定
●ブレーメンに所属するドイツ代表FWクローゼの復帰が間近になったようだ
●オンラインベッティングサイト(賭元サイト)Betfair社は、ブンデスリーガの優勝チーム投票に関して、バイエルン・ミュンヘンに対する投票受付を終了することを決定
●日曜に行われたスペインリーグ第25節、対フィオレンティーナ戦で2-0の勝利を収めたリボルノのスピネッリ会長が、マッツォーネ新監督を絶賛
●セリエAで次に解任されるのはトレビソのカバジン監督になりそうだ
●シーズン終盤に向けて、ユベントスのFWデルピエロが3つの目標を掲げた。セリエA第25節インテル戦で決勝ゴールを決め、2位に12ポイント差をつけて首位を独走するチームに絶大なる貢献をするユベントスFWデルピエロ。そのデルピエロがシーズン終盤に向け、3つのタイトル獲得を目標に掲げた。それは欧州チャンピオンズリーグとW杯の優勝、そしてバロンドール(欧州最優秀選手)の栄冠
●マンチェスター・シティに所属するFWアンドリュー・コール(34)が膝の靭帯を痛め、1ヶ月ほどチームから離脱することが明らかになった
●リバプールはアトレチコ・バンフィエルド(アルゼンチン)からDFパレッタ(20)を獲得したことを発表した。契約は今夏から4年間
●スポーツ判事はインテル対ユベントス戦でパパレスタ主審に抗議したインテルのロベルト・マンチーニに対して、1試合のベンチ入り禁止処分を言い渡した。
●インテルのレコバは練習中に太腿の筋肉を痛めた。負傷の程度に関しては今後の検査で明らかになる
●ルート・ファン・ニステルローイ、間近に迫った2006年W杯・ドイツ大会について語った「オランダはかつての栄光を取り戻せると思う。僕らは若くて野心的なチームだ。サポーターと国全体の助けを得て、いい結果を出すことができるだろう。ファン・バステン監督はチームを若返らせた。今のチームには熱意が溢れている。僕らはドイツでベストを尽くすと約束できる」
●オランダ代表のマルコ・ファン・バステン監督は若手に経験を積ませたいと考え、ヤン・フンテラールに目を向けた
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.