FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/02/14UEFA情報
●今季レアル・マドリーからインテルに移籍したルイス・フィーゴ(33)に思わぬ落とし穴が待っていた。周囲の思惑とは裏腹にタレント揃いのインテルで不動のレギュラーとして活躍するフィーゴだが、ここに来てユーベのGMモッジの怒りを買ってしまった。事の発端は“イタリア・ダービー”となった第25節インテル対ユーベ戦の前に遡る。首位ユーベと2位インテルの直接対戦を迎え過熱する報道の中、フィーゴは「イタリアカルチョのことは良く分からないが、マスコミのモッジに対する態度はどこか遠慮がちだよね」と発言
●週末の試合でボルトンに1-1で引き分けたアーセナル。この日の主役はベテランGKイェンス・レーマンだった。審判に暴言を吐き、試合を荒らしてしまったドイツ人守護神。彼の言動を受け、FA(イングランドサッカー協会)事情を説明する書類を提出するように求めている。もしFAの規則に抵触するようなら罰則を科される模様
●2-1でユベントスが勝利したこの試合で、ネドベドはエリア付近でフリーキックを獲得しており、それがFWデルピエロの決勝ゴールへとつながっている。フィーゴは「あの試合で起こったことは、本当に恥ずかしいことだ。我々は全員家に帰るべきだよ。全員、バカンスに行ったほうがいいね」スタンコビッチも「(あのプレーは)フリーキックじゃなかった。そんなファウルじゃない。彼はいつでもコンタクトがあると倒れるし、今回はそれで我々から勝ち点3を奪ったんだ」
●アーセナルFWレジェスが11日のボルトン戦で負った怪我は軽傷であることが判明
●マンチェスター・ユナイテッドはアメリカ史上最年少フル代表FWフレディー・アドゥー(16)獲得の噂を否定
●1月末にマルセイユからスイスリーグ・バーゼルへ完全移籍したMF中田浩は、リーグ再開初戦となった12日のチューリヒ戦(アウエー)にベンチ入りしたが、デビューはお預けとなった
●リーグ第21節、最下位のカイザースラウテルンは2位ブレーメンと対戦し、2-0で勝利した。この大金星の勝利で見事最下位からの脱出にも成功したボルフ監督は、「不可能を可能にしてくれた選手達のおかげだ」
●ブラジル代表主将、DFカフー(35)が痛めた左ひざを手術すると、ブラジル・サッカー連盟が13日、公式サイトで発表。代表チームの医師は、ドイツ大会までに十分回復するとの見通しを示した
●長期間にわたる性的暴行を働いたとして、従業員の女性に訴えられたローマのフランコ・センシ会長が、法的な手段を通して身を守ろうとしている
●ボルシア・ドルトムントのスポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルクは、まだアレクサンダー・フレイの獲得をあきらめてはいない
●日曜日のユベントス戦で負傷したファン・セバスティアン・ベロンだが、幸い骨折はしていなかった。
●ローマのマンシーニ「契約はまだ3年間残っている。その後は分からない。僕にとっては、スパッレッティの存在が大きい。ローマは素晴らしいサポーターに支えられた、素晴らしいクラブだ。僕に関しては、いろいろと事実に反することがうわさされていた。例えば僕が、ユベントスやその他のクラブに行きたがっているということだ」
●ワールドカップ開幕まで4カ月を切ったところで、トーゴ代表監督のスティーブン・ケシが解任された。アフリカ選手権でのグループリーグ敗退を受けて、トーゴサッカー協会は解任の決断を行ったことを発表
●ナイキは13日、サポートするサッカー代表チームの新ユニホームをベルリンオリンピックスタジアムで発表した。
●日本サッカー協会の田嶋幸三技術委員長は13日、左そけい部の違和感を訴えている日本代表MF中村俊輔(25)=セルティック=のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(28日)の招集について「クラブの決断次第
●バルセロナのフランク・ライカールト監督が、噂される来シーズンのミラン監督就任の可能性を真っ向から否定した。ライカールト監督は13日、元イタリア代表MFアルベルティーニの引退試合(3月15日:サンシーロでミラン対バルサ)の正式発表に出席するためミラノを訪れ、そこで多くのイタリアメディアに向かって断言した。「今現在、ミランで指揮することは考えられない。1つ目の理由はバルサというビッグクラブで働いているから。そして2つ目は、どこかのクラブの仕事に集中している以上、他のクラブのことを考えるのは正しくないからだ」
●バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督は、12日のバルセロナ戦で勝利を収め「これでリーガの行方はわからなくなった」とコメントした。「リーガは2週間前とは違う様相を呈してきた。あくまでもバレンシアの今季の目標はチャンピオンズリーグ圏内(4位以内)だが、今日の勝利でバルサに恐怖心を与えることができるはずだ」「もっとも大切なことは、チームが今の状態を維持すること。それが出来ればシーズンの最後までバルサにプレッシャーを与え続けられる」
●バレンシアのFWビージャは現役生活のピークを迎えているだけでなく、チームに大きく貢献している。12日のFCバルセロナ戦で今季15点目をあげ、35試合であげた昨季の得点数に並んだ。今季サラゴサから移籍したビージャは、出場停止となった第7節マラガ戦を除く22試合に出場、15点をあげている。これはスペイン人選手では最多得点で、13試合でゴール。アウエーのバルサ戦とベティス戦では2点ずつあげている
●国王杯準決勝でサラゴサにアウエーでの第1戦を、6-1で大敗したレアル・マドリー。困難ながら、14日の第2戦、サンティアゴ・ベルナベウでの逆転を狙っているバチスタは「勝ち抜くため、前半に3点取る」とし、その間はDFセルヒオ・ラモスに対し、無失点でいる必要があると述べた。「失点すると、勝ち抜きはより困難になる。それはみんな知っている。ゴールは必要だが、失点しないことを頭に入れておかないといけない」「サポーターがとても重要だ。私たちは全力で戦うから、サポーターは私たちにかけなければいけない。逆転したら、サポーターは私たちに6点目を取るよう要求するだろう。難しいけど、全力で取り組む」
●先日のヘタフェ戦を1-1の引分けという結果で終えたマジョルカだが、ビセンテ・グランデ会長は引き続きクーペル監督にチームを任せる意志がある旨を伝えた
●レアル・マドリーのロペス・カロ監督は、火曜日(14日)に行なわれる国王杯準決勝第2戦サラゴサ戦でキャプテン、ラウル・ゴンサレスを招集メンバーに加える可能性があったが、無理に復帰を急がせたくはないという判断から最終的にラウルをリストに加えなかった
●ベティスのブラジル人MFのアスンソンは練習中にチームメートと衝突し、右肩を痛め全治1ヶ月と診断された。既に筋肉を痛めており1ヶ月前から戦線から外れていたが、先日のデポル戦で復活を果たしたばかり
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は12日のバレンシア戦を0-1の敗戦で終え「チームは良い結果を求めて戦ったが、運がなかった」「選手たちは戦う姿勢を前面に出し意欲をもってこの試合に臨んだが、結果がついてこなかった。あのような(ミスによっての)負け方は残念だが、チームは今日の試合でメンタルの強さを見せつけられたと思う」「チームの危機? たったひとつの敗戦でそのように言われるべきではないし、私はそのように捉えていない。チームは今日敗れはしたが、状況にあった戦い方ができていた」
●サラゴサのオスカル・ゴンサレス「もし5失点を喰らい準決勝で敗退したら、僕達はサラゴサに帰れないだろうね」。キャプテン、カニも「もしこれで僕達が敗退したら、僕達は終わりだよ」ガブリエル・ミリート「彼らはいろんな意味でモチベーションが必要なんだよ。決勝進出を信じる気持ちがなければ、最後まで戦えないからね」
●バルセロナのトップチームのメンバーらが、日頃の試合で蓄積した疲労を回復させる目的で、バルセロナ郊外のガバにある湯治場を訪れた。プジョールとエトーはクラブの許可を得て欠席したが、他のメンバーは水テラピー、マッサージなどを受け、心身ともにリラックスしたようだ
●マジョルカのエクトル・クーペル監督が13日、クラブに対し辞任の意志を伝えた。マジョルカは昨年の12月6日以来、勝利に見放され、第23節を終了した現在、勝ち点19で最下位と低迷。12日にホームで行われたヘタフェ戦に引き分けたことで、クーペル監督の腹は決まったようだ
●アトレチコ・マドリードのケジュマン「このゴールは、僕にとって自信を取り戻す重要なきっかけになるだろう。僕は自信に基づいてプレーするタイプの選手だから、ゴールを決めることが必要なんだ。僕にとってもチームにとっても重要なゴールだった。試合終盤、僕らはナーバスになっていたからね」
●現役引退を発表したデメトリオ・アルベルティーニは、サポーターに別れを告げるための引退試合の計画も明らかにした。試合は3月15日にミラノのサンシーロで開催され、アルベルティーニがこれまで一緒にプレーしてきた数多くの選手たちが参加することになる
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.