FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/02/09UEFA情報
●2006年に入ってから8勝1分けとヨーロッパ最高の勝率を収めるレアル・マドリー。そのR・マドリーの象徴ともいえるキャプテンのラウールが窮地に立たされている。ラウールがケガに倒れたのは昨年11月19日の対バルセロナ戦。一時は「ワールドカップ絶望か」ともいわれたがその後手術を回避できると判明、最近ではチームメイトと同じ練習メニューをこなすまでに回復し、ゲーム復帰もまもなくとされている。だが、そのラウールに厳しい現実が突きつけられた。スペインの‘Marca’紙が実施する「ラウールが復帰した場合、誰をベンチに座らせるべきか?」とのアンケートでは、ラウール、ロナウド、ロビーニョ、ジダン、グティの5つの選択肢の中から、55,067の総投票数のうち50,13パーセント(8日現在)が「ラウール」を選択しているのだ
●今週日曜日に迫ったバレンシア対バルサの上位対決。首位を独走するバルサをバレンシアは果たして止めることが出来るのか。バレンシアのレゲイロは「バルサが相手の時には、バルサより良いプレーをし、ボールを奪い、そしてスペースを与えないことが大事なんだ。もし、これまで僕らがやってきたプレースタイルを変えて戦おうとすると大きな過ちを犯すことになるだろう」
●水曜日(8日)に行なわれたチーム練習にFWダビ・ビージャ、CBダビ・ナバーロの両選手は参加しなかったが、左膝に重症を負っていたMFエドゥが6ヶ月ぶりにチーム練習に復帰した
●ボルシア・ドルトムントのMFトマス・ロシツキーは、クラブを出たがっている。気持ちがすでにアトレティコ・マドリーに向いていることは、ドイツでは周知の事実であるが、移籍は今夏となった。ロシツキーはアトレティコで起こっていることを知りたがっている
●8日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝第1戦は、ホームのラ・ロマレダで戦ったサラゴサがレアル・マドリーから6ゴールを奪って圧勝し、決勝進出に王手をかけた。恐ろしいほどの大差で終了したこの試合だが、実際にはそれ以上の差がついていてもおかしくない内容だった。サラゴサは攻撃面だけ見れば欧州トップレベルのプレーを披露、一方のR・マドリー守備陣は完全なる崩壊を迎えた
●スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相が3月7日にカンプ・ノウで行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント第2戦、バルセロナ対チェルシー戦を観戦することがわかった。これまでカンプ・ノウでスペインの首相が試合を観戦した例はなく、これが初めてとなる
●レアル・マドリードのファン・ラモン・ロペス・カロ監督は、水曜日に行われるスペイン国王杯準決勝のサラゴサ戦で、DFウッドゲートとDFシシーニョを温存する意向だ
●先日行われたスペインリーグ第22節、1-3でアトレチコ・マドリードに敗れたバルセロナのDFシルビーニョは試合を振り返り、主軸が抜けてベストな布陣で試合に望めなかったのが敗因だと語った「いつかは連勝が途切れると思っていた。いつでも高い水準でプレーし、全ての試合を勝つのは不可能だと思っている。シャビ、モッタ、ロナウジーニョ、エトー、エジミウソン、そしてベレッチを欠くことはチームにとって非常に大きい。しかし彼らのいない布陣にも慣れなくてはいけない。いつまた主軸選手を欠くか分からないからね」
●エスパニョールのダニエル・サンチェス・リブレ会長が再選され、これからの5年間も会長を務めることとなった。
●レアル・マドリードは2月21日に行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントの初戦をホームのサンティアゴ・ベルナベウにアーセナル(イングランド)を迎えて戦うが、水曜日の時点で既にチケットが完売したと発表した
●セリエA第24節の行われた8日夜、2位インテルをホームに迎えた4位ビオラ(フィオレンティーナ)が激闘を2-1で制し、勝ち点を50に伸ばし欧州CL出場権獲得となる4位をキープした
●5日のリバプール戦に勝利し、プレミアリーグ連覇を確実としたチェルシーのモウリーニョ監督が、優勝決定日を大胆予言。優勝が決まるのは2006年4月9日のウェストハム戦だというのだ!!「残り14試合で8勝すれば優勝は決まるだろう。マンチェスター・ユナイテッドとの勝点差は15もある。アーセナルやトッテナムとの差も十分だ。我々はすでにカウントダウンに入ったのだよ」
●伝説のフランス人プレーヤー、エリック・カントナ氏は、ウェイン・ル-ニーのサッカープレーヤーとしての将来はこの数年で彼自身がライフスタイルをコントロ-ルできるかどうかにかかっていると語った。20歳になるル-ニーは、今やマンチェスター・ユナイテッド、そしてイングランド代表でも欠かすことのできないプレーヤーの1人となっているが、カントナ氏は、「厳しいトレーニングをこなし、早く寝て、食事に気を使うことの大切さが彼に分かっていれば、25歳で世界最高のプレーヤーになれるだろう」と伝え、「もしその逆であれば、最高のクラブからもイングランド代表からも、そして世界のトッププレーヤー100人からも外れてしまうことにもなる」
●バイエルンは火曜日に行われたリーグ第20節、対ヘルタ戦を0-0で引き分け、2006年に入って初めて勝利を逃した
●アーセナルに所属するベラルーシ代表MFフレブ(24)は、クラブ側の扱いに納得がいっていないようだ
●トットナムに溶け込めずにいたポーランド代表FWラシアク(26)が、今シーズン終了までサウサンプトンにレンタル移籍することになった
●トットナム所属のエジプト代表FWミド(22)は、シェハタ監督と衝突したことによって代表チームから追放され、アフリカ選手権決勝のコートジボアール戦に出場できなくなった
●チャールトンのカービッシュリー監督は、FWベント(22)がイングランド代表に選ばれるべきだと指摘し、ベントがワールドカップのキープレーヤーになりえると強調した
●フランスリーグ杯の準決勝が行われ、ニースがモナコを1-0で下し、初の決勝進出を果たした。また、松井大輔が所属するル・マンはナンシーに0-2と敗退。決勝のカードはニース-ナンシーとなった
●イングランドFA杯4回戦の再試合分が7日、8日に行われ、チェルシー、バーミンガム、ミドルズブラ、ブレストンが5回戦に進出を決めた
●セリエA第24節の試合が行われ、レジーナに敗れて今シーズンホームで6敗目を喫したウディネーゼは、コスミ監督の解任が濃厚となってきた
●セリエA第24節ローマ対カリアリの試合が行われ、ローマが2点のリードを奪われながらもトッティの2本のPKなどで逆転し、クラブの連勝記録を8に伸ばした。勝ったローマは5位のまま、敗れたカリアリはパルマ、エンポリに並ぶ16位に順位を落とした
●セリエA第24節の試合が行われ、ホームの3位ミランが19位のトレビソを撃破した。なお、この日2ゴールを挙げたウクライナ代表FWシェフチェンコが、ミランの伝説リベラが持っていたクラブ通算ゴール記録を抜いた。ミラン新記録となる通算165ゴール
●首位独走中のユベントスがパルマと引き分け、今シーズン初めてホームのデッレ・アルピで勝ち点3を得ることができなかった。ユベントスから勝ち点1を奪ったパルマは17位から同率の16位に順位を上げた
●外国人選手のみが給料を受け取っていることを知り、ガラタサライの選手たちはストライキを行うことを決めた。ガラタサライは巨額の負債を抱えており、4カ月前から選手たちに給与を支払っていなかった
●シルビオ・ベルルスコーニははっきりとこう語った。「現時点ではトッティが世界最高の選手だ」「サッカーにおいて、チームの象徴的な選手は売り買いするものではない。ネスタ? 彼を獲得したのはラツィオが放出リストに出したからだ。ほかのライバルチームに取られないための補強でもあった」
●ドイツサッカー協会のスポーツ・ディレクター任命にまつわる騒動は終結を迎えた。勝ったのはザマー
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.