FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/02/07UEFA情報
●セリエA第23節レッジーナ対パレルモ戦の後半ロスタイム、1-2と敗戦濃厚の中レッジーナMFパレデス(29)が目の覚めるオーバーヘッドを決め同点に追いついた。友人に捧げる執念の一発だった。数日前パラグアイ代表でセリエBビチェンツァのFWジュリオ・ゴンザレス(24)が交通事故により片腕を失う悲劇が起きた。ゴール後駆け寄ってくるチームメイトを制し、TVカメラの前でユニフォームを脱いだパレデス。ユニフォームの下には「ジュリオ、俺の意思はお前のために」と書かれたTシャツがあった。一瞬にして主役に躍り出たパレデスはテレビカメラに向かい「人生はまだ終わらない、まだまだ続く。諦めることは何も無い。だから頑張れゴンザレス」と片腕を失った友人を励ました
●セリエA第23節、首位ユーベはウディネーゼを相手に1-0の勝利を飾り、勝ち点を62と伸ばしたが各方面から非難が集中している。問題の場面は後半25分左サイドからのザンブロッタのアーリークロスに途中出場のデル・ピエロが決めた瞬間。唯一の得点シーンだったが、デル・ピエロ、トレゼゲの2人が完全なオフサイドポジションにいた
●先週末のチェルシー対リバプールで、事件は起きた。チェルシーのロッベンがリバプールの守護神レイナと衝突。その後、両者は口論となり、怒りが頂点に達したレイナがロッベンのアゴをその大きな手でつかんだのである。そして、ロッベンはまるで首が折れたように、大げさに倒れこんだ。しかし、事の一部始終を監視していた主審は、なぜかレイナに向かってレッドカードを掲げたのである。このロッベンの“演技”に激怒したのが、リバプールの指揮官ベニテスだ。「狂っているとしか言いようがない。相手に触っただけで、レッドカードを受けるなんて。ロッベンの首が折れたかって? そんなこと知るか!」
●インテルがアーセナル(イングランド)FWアンリを獲得するというセンセーショナルな話題がイタリアをにぎわしている。1月の移籍期間でFWを獲得できず、インテルはいまだアーセナルとの契約延長にサインをしないアンリに照準を合わせたようだ
●チームを離れていたアーセナルのイングランド代表、ソル・キャンベルが練習を再開した。「彼を許すかどうかって? 許さなければならないことなど何もない」とアーセナルのベンゲル監督は語った
●独『ビルト』紙によれば、ドイツサッカー協会はマティアス・ザマーをテクニカル・ディレクターに起用することを考えているとのこと
●ベルギーサッカー界が八百長スキャンダルで揺れている。かねてから八百長問題がうわさされていたベルギーサッカーだが、国営テレビVRTの番組『パノラマ』がベルギー国内と中国・上海、さらにフィンランドで取材を慣行。隠しカメラを駆使して多くの証言を集めた
●7日(現地時間)、昨年11月に行われたワールドカップ(W杯)プレーオフ、トルコ対スイス戦後の騒動に対する国際サッカー連盟(FIFA)の制裁が発表される予定となっている。FIFAのブラッター会長が「トルコにあらゆる制裁を下す準備がある」と発言したこともあり、トルコではどのような制裁が下されるかが大きな話題となっている
●現アーセナルの監督で日本代表の次期監督候補にも名前の挙がるアーセン・ベンゲルが、‘フランスフットボール’誌の中で、レアル・マドリーからの監督就任オファーを蹴っていたことを明らかにした
●今週日曜日にメスタージャで行なわれるバレンシア対バルセロナ戦(現地時間夜9時キックオフ)のチケットはすでに完売し、チケット売り場には「チケット売り切れ」の張り紙が貼られている
●アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスは、FCバルセロナの天敵だ。5日のバルサ戦で2点をあげ、バルサ戦通算では7点をあげている。そのうちの1点は、リーガ1部にデビューした2002-03シーズンにあげている。昨季と今季はバルサ戦で3点あげている
●先日R・マドリーに完敗したエスパニョールのMFデ・ラ・ペーニャは、エスパニョールはもっと実力があるにも関わらず試合への意気込みが劣っていたと、試合を振り返りながら熱く語った。「練習試合でも負けると悔しいのに、R・マドリー戦での負け方は考えただけでも頭に血が上る。僕達はもっとレベルが高いはずなのに良いプレーができず、R・マドリーは波に乗った途端見る見るうちに試合を支配していった」と悔しさを隠さなかった
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は、5日のリーガ第22節アトレティコ戦を1-3の敗戦で終え「今日は我々の日ではなかった」とコメントした。この試合にロナウジーニョ、エトー、チャビなど多くの主力を欠いたことは「敗戦の言い訳にはならない」と語った。また「チームが機能した上での敗戦ならば心配しないが、今日はこれまで我々がやってきたプレーが出来ていなかった」とゲームを振り返り、「これからの試合では、これまでのプレーのイメージを取り戻さなければならない」
●首位のバルサから9点差で2位に位置するバレンシアのFWアイマールは、次節に行われるバルサとの直接対決を前に「絶対に得点差を縮ませる」と断言するとともに「そろそろバルサが負ける頃だろうと思っていた」とコメントした。しかし「1試合負けたからと言って、バルサは順位にしてもレベルにしても引き続き1位には間違いない」「勝つにはとにかく走りまくり、良いプレーをする事。バレンシアにもレベルの高い選手が揃っているが、それらを上手く活かし、さらに相手に弱みを見せない事が大事だ」
●バルセロナのFWリオネル・メッシーが、右足大腿二頭筋の軽い肉離れで約10日間の戦線離脱となった。メッシーは5日のアトレティコ・マドリー戦で同箇所を痛め、途中交代していた
●ビジャレアルのMFフアン・ロマン・リケルメは、左足ハムストリングの治療のため、アルゼンチンに帰国した。リケルメは3か月前からこの負傷に苦しんでおり、スペインに戻る期日を設けず治療にあたる
●膝に重傷を負ったものの、その驚異的な回復力でリハビリの最終段階に入っているレアル・マドリーのキャプテン、ラウル・ゴンサレスは、本日行なわれたチーム練習に合流し、メンバーらと同じ練習メニューをこなした
●レアル・マドリードのベッカムは、友人であるイングランド代表DFキャンベルが現在の苦境を乗り越えられると確信している「ソル(キャンベル)は強く、しっかりとした心の持ち主だ。彼は自身が望み、ベストだと思うことをする人間だ。偉大なクラブにいるし、アーセン・ベンゲルという偉大な監督もいることだしね」
●スペインリーグ第22節、オサスナはセビリアを1-0で下してようやく2006年初勝利を飾り、チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて再び始動した
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.