FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/28UEFA情報
●コパ・デル・レイ準決勝の対戦カードを決める抽選会が27日に行われ、すでにベスト4進出を決めているレアル・マドリーとエスパニョールの対戦相手がそれぞれ決定。エスパニョールはバレンシア対デポルティーボ・ラ・コルーニャの勝者と対戦し、R.マドリーはサラゴサ対バルセロナの勝者と対戦
●フェルナンド・トーレスの代理人であるホセ・アントニオ・マルティン・‘ぺトン’「セレソ会長の発言には驚いている。もちろん、すべての選手に移籍の可能性があるのは当然のことだ。だが、会長がそう考えているのなら驚きだ。このニュースが出てからというものトーレス獲得への興味の連絡を250も受け取ったよ」「トーレスがクラブを去る日が近づいているとは思っていないし、彼の将来を危険にさらすわけにもいかない。我々はアトレティコに期待している。例えば、ジダンはユベントスでタイトルを獲得するためにボルドーを去る必要があった。だが、アトレティコはボルドーよりも偉大なクラブだ」
●サンティアゴ・ベルナベウでのスペイン国王杯準々決勝第2戦目終了後、イギリスの記者数人に囲まれたベティスのホアキンは、そこで興味深い発言をしている。「夏にイギリスのクラブからオファーがあったとはいえ、ベティスの残ったことは後悔していない。移籍という選択肢があったのは事実だけれど、ベティスで幸せさ。リーガでの今の状況は僕達誰もが予想していたことじゃないし、何よりも心配していることだ」と伝えた
●ビジャレアルは水曜日にレアル・ソシエダと6月30日に同クラブとの契約が終了するニハト獲得の優先権についての交渉を行なった
●アトレティコのムルシア監督は「調子を上げていくためにはホームでラコルニャに勝たなくてはいけない」と語り、「次の試合に勝つことによって先週のサラゴサ戦の勝利が評価される。ラコルニャのカパロス監督は経験もあるし、頭のいい人だ。しかし我々は今調子が上がってきているし、向こうもうかうかしていられないはずだよ」
●レアル・マドリード側は複数の人物に来シーズンに向けての監督就任の要請を図っていることを否定したが、実際はイングランド代表のエリクソン監督を含め複数の有力監督候補と接触しているようだ
●国王杯もひと段落し、レアル・マドリーに故障者のほとんどが復帰するという朗報が届いた。これまで別メニューの練習をこなしていたミチェル・サルガド、ロナウド、グティ、ウッドゲイト、パブロ・ガルシアは27日の練習でチームメイトと問題なくトレーニングを消化。これで残る故障者はラウル、ディエゴ・ロペス、ミニャンブレスのみとなった
●パルマの会長選挙に立候補しているロレンソ・サンス氏は、リキが来季から2009年6月までパルマでプレーする事に関しヘタフェのアンヘル・トーレス会長と合意した。年俸は120万ユーロ(約1億7000万円)と、現在の4倍になる予定
●ビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロ・ロドリゲスは、2009年6月末までだった契約を2年延長する事にクラブと合意に至った
●リバプールは27日、マンチェスター・シティのFWロビー・ファウラーを獲得したと発表した。元イングランド代表のファウラーは2001年にリーズへ移籍して以来、5年ぶりの復帰
●バイエルンはマガト監督の功績を称え、同監督に長期の契約延長オファーを提示することが明らかになった
●ミランは今シーズンの終わりまでDFスタムの移籍を認めないと強調
●ペレは「彼(トッティ)が今世界で一番の選手だ。過去には運に見放されていた。トッティがいるイタリアが現在世界最強だと思う」
●ローマのキャプテンFWトッティは、元チームメイトのFWカッサーノがワールドカップのイタリア代表メンバーに選ばれるべきだと強調「カッサーノは何があっても除外できない選手だ。最後に決めるのはリッピ監督だが、私だったらビエリもチームに加える。彼にとっては辛い時期だが、きっとモナコで結果を出すと思う」
●ユベントスは新生ダービッツと呼ばれているアヤックス(オランダ)の若手MFマドゥロ(20歳)の獲得に興味を示していることがわかった
●FCポルト(ポルトガル)の南アフリカ代表FWマッカーシーは、プレミアリーグへの移籍はないと明かした。ポーツマスやブラックバーンなどから興味を持たれていたマッカーシーだが、ウェストハムからも600万ポンド(約12億4千万円)のオファーもあったとされている
●ミドルスブラのマクラーレン監督(44歳)は、クラブとの契約を2009年まで延長
●ル・マンはサンパウロFWグラフィッチ(26)を獲得
●ユベントスは来季からパルマMFマルキニオンニ(25)獲得で合意した
●鹿島からセルビア・モンテネグロの名門クラブ、レッドスター・ベオグラードへの完全移籍が決まった日本代表FW鈴木隆行(29)が27日、当地で2年契約を正式に結んだ。背番号は「19」
●スコットランド・プレミアリーグで、MF中村俊輔が所属するセルティックは27日、ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフと2009年まで契約を延長
●第24節先発出場した19歳のMFジョナサン・ラクールは正式にランスとプロ契約を結んだ。期間は3年
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.