FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/25UEFA情報
●ブラジル代表でレアル・マドリー所属のFWロナウドが、今シーズン終了後の移籍市場で売りに出される可能性が浮上した
●A・マドリー会長エンリケ・セレッソ氏「私が、トーレスに対するオファーを聞かないとは言い切れない。私は、トーレスのことを思ってどのチームからのオファーも聞くつもりでいる」「もし、どこかのチームが9000万ユーロ(約126億円)出すならね・・・」
●レアル・マドリーのトマス・グラベセンは、スペインのマスコミにうんざりしているようだ。激しいプレーをする選手との烙印を押されたグラベセンは、そのマスコミの評価が審判や相手選手に影響を与えていると語り、スペインの“偽りの”フットボール文化を非難した「ピッチに立てばよく分かる。審判や相手選手は新聞を読んでいるんだ。それが僕の置かれている状況だよ。相手は僕が近づく前に倒れるし、審判は誰よりも早くカードを出す。“ほら、R・マドリーの殺し屋が来た”ってね」
●レアル・マドリーのロペス・カロ監督は「カッサーノは徐々にコンディションが良くなってきている。それは非常に喜ばしいことだが、しかし、彼はまだトップフォームにいるとは言えない。もちろんこれから彼がトップフォームになれば、素晴らしい活躍をしてくれるだろう」「まず、この試合に向けて知っておかなければいけないことが、3つある。1つ、第1戦はほとんどラッキーで勝てたということ。ベティスは素晴らしい試合をしていたし、何が起こってもおかしくなかった。2つ、ベティスはスペインでも有数の良い選手を抱えたクラブだということ。最後にこのようなトーナメント戦に負けて泣く思いをしたくなかったら、この試合に向ける気持ちはいかなるものかプロの選手であれば、理解しているはずだ。」「とにかく慢心しないことだ。リーグも国王杯もチャンピオンズリーグもR・マドリーにとっては全て重要なのだ。プロであれば、どのようにプレーして、どのようにこれから練習して行かないといけないか分かっているはずだ。決勝に進むのが夢だが、それほど遠い夢だとは見ていない。しかし、それまでの道のりを省略する事も出来ないし、全てを賭けて戦い続けなければいけない」
●レアル・マドリード監督就任の噂については、カペッロ監督は「ロナウドを放出するなら就任もありえる」
●アルゼンチン人の左SBペルニアの移籍について、ヘタフェはバレンシアと交渉する準備があることを明らかにした
●レアル・マドリーのラモスは「国王杯のようにエキサイティングな大会であれば、どんな選手でも良い結果を出そうと全力を尽くすだろう。特に、タイトルホルダーならなおさらね。だが、我々は相手のスタジアムで勝っているし、今はチームの調子がいいから、ベティスにとっては本当に厳しい試合になるだろう」
●レアル・マドリードのペレス会長は、MFジダンに今後もクラブに残って欲しいと願っている「ジダンの契約はまだ残っているが、本人が希望すればその前に退団できるという条項も含まれている。だが、我々は彼に続けるよう説得するつもりだ」
●アーセナルのフランス人FWティエリ・アンリ(28)は、来季バルセロナでプレーすることになるかもしれない。カタルーニャのスポーツ紙『スポルト』はアンリとバルセロナの間に口頭での合意が存在すると伝えている。同紙はさらに以下のように報じた。「アンリが来季バルセロナのユニホームを着る可能性は90パーセントだ。彼がまだ獲得していない唯一のタイトルはチャンピオンズリーグだが、バルセロナに来れば優勝できると分かっているからだ」
●イタリア一の問題児として有名なラツィオFWディ・カニオがまたまた問題を起こした。今度はヘッドロック!!開始3分で退場
●リバプールに1-0と競り勝ったマンチェスター・ユナイテッド、ゴール直後にキャプテンのガリー・ネビルがリバプールサポーターの陣取るスタンド前までわざわざ走り、ユニホームをつかんでゴールを喜んだ行為が問題となっている「リバプール選手の前に走って、彼らを馬鹿にするような態度を取ってたんなら謝るけど、あれはただ喜んでいただけだ。それじゃぁ、お上品に笑いながらハーフラインまで戻ればよかったのか? 近頃、サッカー選手は潔癖を求められているし、問題を起こせばすぐに処罰を受ける。サッカーがロボットの試合になってもいいのか?」
●マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズが、右目に問題を抱えて今シーズンに別れを告げることとなった
●2002年日韓共催のW杯でブラジル代表を優勝に導き、現ポルトガル代表監督のフェリペ監督が、今年行われるドイツW杯後にイングランド代表監督に就任するのを望んでいることを明らかにした「プレミアリーグは、とても興味深い。すばらしい選手が揃っているし、競争も激しい。代表チームも強いし、ドイツW杯では優勝候補の一つである」
●レッチェが、バルディーニ監督の解任を発表した。レッチェが今季監督を解任するのはこれで2度目となる
●カペッロ監督はインテルのことを「アルゼンチン人の素晴らしいチーム」と表現
●ミドルズブラに所属するスロバキア代表FWシラルド・ネメト(28)がストラスブール(フランス)へ移籍
●バーミンガムに所属する元アーセナルMFジャーメイン・ペナント(23)が、先日アーセナルへの移籍が決定したイングランド期待の星、テオ・ウォルコット(16)に忠告「もちろん成功を祈っているけれど、険しい道のりだと思う。アーセナルが若手育成をしっかりできているかについては、個人的には合わなかった。ただ、ウォルコットはクラブも大事にしてくれそうだし、彼の能力を最大限引き出す努力はしてくれるはずだ」
●トットナムのMFレト・ツィーグラー(20)がレンタルで今季終了までウィガンへ移籍
●ウィガンがクラブ史上初の公式カップ戦決勝の舞台へ進出した
●英国スポーツ大臣のカボーン氏はイングランド・サッカー協会(FA)に対し、エリクソン監督の後任に外国人監督を考慮すべきだとのコメントを発表「もちろんイギリス人監督を求める気持ちは理解できるが、監督を務めるからには充分な知識が必要だし、今やフットボールは世界共通のもの。ラグビーやクリケット、テニスでさえ外国人監督を雇う今、国内に絞るという考えには異を唱えたい」
●エリクソン監督は記者会見で、「契約については一件落着だ。これからはW杯に集中する。今回は優勝のチャンスが充分にある。どうか邪魔をしないで欲しい」
●セルティックMF中村が2月22日のアジア杯予選インド戦に関して「日程的に参加は難しいと思う」と出場に否定的な見解を示した
●フランス地方紙「ル・ドフィーネ」が24日付の紙面で、フランスリーグ2部グルノーブルのFW大黒将志(25)の特集記事を掲載
●昨年の世界ユース選手権でU-20日本代表を指揮した現FC東京強化担当の大熊氏が、29日のフェイエノールト戦を視察する見込みとなった
●ベルギーリーグ、ゲンクの元ナイジェリア代表MFサンデー・オリセー(31)が現役引退を表明
●ハンブルガー、FWアイウトン獲得で残留が決定的だと言われていたFW高原の去就が再び取り沙汰される
●ラツィオのロティート会長「インテルに交渉を続ける意思があるとは思えない。われわれは誰も放出しようとはしていない。条件が整えば交渉に応じる準備はある」
●MSVデュイスブルクはフランスのメッツからアン・ジョンファンを獲得したことを発表
●マルコ・マルキオンニ(25)は今後5年間ユベントスでプレーすることになる。代理人もパルマも、そのことを認めた
●リヨンのジェラール・ウリエ監督は、火曜日の『レキップ』紙のインタビューでリヨンの補強計画について尋ねられ、カーン所属のセンターバック、ロナルド・スバールに対する強い関心を明らかにした
●所属するリバプールでラファエル・ベニテス監督との関係が良好とはいえないポーランド人GKイェルジ・デュデクが、近いうちにブンデスリーガで再起を図りそうだ
●鹿島の日本代表FW鈴木隆行(29)がセルビア・モンテネグロの名門レッドスター・ベオグラードに完全移籍することが決まり、25日にベオグラードへ出発
●オランダ1部リーグ、PSVアイントホーフェンのヒディンク監督の代理人は25日、同監督がイングランド代表監督の就任に興味を持っていると明かした
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ケガ人が続出するマンチェスター・ユナイテッドが、ついに中盤の選手を補強するのでしょうか。 スコールズが視力の問題で今季絶望。 オシェイが肋骨を骨折。 さらに昨日のリーグカップ準決勝で、ギグスがハムストリングを痛めたようです。 パクチソンもまだ完璧ではな
2006/01/27(金) 07:34:14 | ポルトガルサッカーのすすめ
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.