FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/24UEFA情報
●22日のデポルティーボ戦で今季リーグ初ゴールを記録したマジョルカのFW大久保嘉人が、地元紙‘ディアリオ・デ・マジョルカ’で絶賛
●デポルティーボ・ラ・コルーニャのMFフアン・カルロス・バレロンだが、同クラブのホアキン・カパロス監督はバレロン不在で戦っていくことになるが「厳しくなるだろう」「バレロン不在で戦っていくことになるが、厳しくなるだろう。トップチームで代役を立てるか、Bチームから探すかしなければならない。厳しい状況だが、うなだれてばかリもいられないし、前に進んでいくだけだ」「結果に関係なく、バレロンはチームの攻撃の柱だし、彼自身も5ゴールを上げている。彼がPKを蹴れば、チーム内の得点王になれるだろう」「バレロンはディフェンス面でも高い能力を持っている。彼をディフェンス面での貢献は少ない選手だと思っていたが、それは間違いだったよ。それに、選手として10点なら人間としてもすばらしい」「1月31日まで時間があるわけだし、焦る必要はない。バレロンのような選手を探すこと自体難しいからね。移籍マーケットを見て、トップ下のポジションで我々を支えてくれる選手を冷静に探す必要がある」
●2週間前のビジャレアル戦から筋肉に違和感を覚えていたR・マドリーのイギリス人センターバックのウッドゲイトは月曜にはチームメートと同じ練習メニューをこなし、順調に行けば国王杯準決勝のベティス戦にスタメン出場する可能性も出てきている
●バルセロナのオランダ人MFマルク・ファン・ボメルは、首の打撲により木曜日(26日)に行なわれるサラゴサとのスペイン国王杯準々決勝第1戦目を欠場する可能性がでてきた
●エスパニョール戦ですばらしい2ゴールを上げ、注目の的となっているヘタフェのアルゼンチン人DFマリアーノ・ペルニーアは、噂となっているバレンシア移籍について「はっきりしているのは、チャンピオンスリーグに参戦でき、タイトルを狙えるクラブでプレーするためにヘタフェを出て行くことになるだろうということ。これはクラブと同じように僕にとっても大きなチャンスになる。ヨーロッパの舞台でプレーし、そのチームで勝つことはサッカー選手すべての夢だからね」
●FCバルセロナの元監督であるヨハン・クライフ氏は、バレンシアとR・マドリーは首位を走るバルサに追いつけないだろうとし、バルサはここ数週間いい経験をしていると述べた
●先日2-0で勝ったアラベス戦の主役となったバルサのスウェーデン人FWラーション「エトーは今回も代表チームでハットトリックを決めた並外れた選手。エトーがいないと不安に思う皆の気持ちは分かるが、僕だってチームのため精一杯頑張っている」
●ライカールト監督はアラベス戦を振り返り「選手たちの姿勢は素晴らしかった。すべての試合、常に相手を圧倒して勝てるものでもない。アラベスは良いゲームプランを組んできており、ボールを持ったときには何度も危険なカウンターを仕掛けてきた」
●アントニオ・カッサーノは国王杯のベティス戦にスタメンで出場することになりそうだ
●W杯グループ・リーグE組(イタリア、アメリカ、チェコ、ガーナ)で対戦するガーナを視察するためにエジプト入りしたアズーリ(イタリア代表)監督リッピだったがこの日の収穫は乏しかった
●オリンピック・マルセイユの元選手であるジャン・ジャケ・エデリー氏がフランスのスポーツ紙‘レキップ’のインタビューで、1993年のチャンピオンズリーグ決勝でマルセイユがACミランに1-0で勝てたのはドーピングのおかげだと発言した。これを受け、UEFAは、この問題の背景を調査する意向を明らかにした
●ベシクタシュ(トルコ)のFWアイウトンが、今季終了までのレンタルでハンブルガーへ移籍
●今季トットナム(イングランド)からハンブルガーにレンタル移籍していたMFツィークラー(20)が、1月で契約を切り上げてウィガン(イングランド)に移籍
●スペイン・マラガでスイス1部バーゼルの練習に参加していたマルセイユのMF中田浩二(26)が参加日程を終了。24日にマルセイユに戻る
●22日のRBC戦に豪快なヘディングシュートで今季7点目を決めたFW平山への期待は高まる一方だ。23日付の現地紙はチーム最高となる7点(10点満点)の高得点
●パレルモのデル・ネリ監督が24時間以内に解任され、代わりにベテランのマッツォーネ監督が現場復帰を果たすようだ
●フィオレンティーナのトーニは2-0で勝利した日曜の第21節対メッシーナ戦でも2得点を上げ、21試合で21ゴールという驚異的なペースでゴールを決め続けている。プランデッリ監督は彼について、「ゴール前で落ち着いていられれば何の問題もないが、ゴールを決めようとして力むと難しくなってしまうんだ」
●イタリア代表リッピ監督からの要請を受け、元ユベントスのフェッラーラ氏がW杯本大会に向けてチームにスタッフとして参加することになった
●ラツィオのMFセザールとFWシモーネ・インザーギが、24時間以内にインテルへ移籍することになりそうだ
●ウエストブロミッジはアルトメディア・ブラチスラバ(スロバキア)からMFヤン・コザック(25)をレンタル移籍で獲得する予定
●ミドルズブラは今季加入したばかりのザビエルは昨年9月29日に行われたUEFA杯、サンティ戦のあと、抜き打ちで行われたドーピング検査で陽性反応が出たことから、UEFAから18ヶ月の出場停止処分を受けていたDFアベル・ザビエル(33)を解雇
●先日ノーウィッチ(2部リーグ)からウエストハムに移籍した元U-21イングランド代表FWディーン・アシュトン(22)は月曜日のプレミアリーグ第23節、対フルハム戦で早々にデビューすることが予想されており、また試合前にサポーターへの挨拶、記者会見が予定されていることが明らかになった
●ニューカッスルのスーネス監督は退任の噂を否定し、クラブに残ると見られている
●FIFAは23日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会に初出場するアンゴラ代表のアシャに対し、ドーピング(薬物使用)違反で9カ月間の出場停止処分を科した
●ラハマン・レザエイはイタリア人になった。イタリア国籍取得が可能だったのは、夫人がイタリア国籍を持っているためだ
●ローマのキャプテンは木曜日に行われるユベントスとの試合に出場できない。左足首が再び腫れてしまったためだ
●マッシモ・ボナンニはラツィオへの移籍が濃厚となっているようだ
●かつてユベントス、レッジアーナに所属した31歳のMFサンデー・オリセーは現役引退を発表
●メッシーナはテラーモ・カルチョからブラジル人のアウトサイドMFレナト・ラファエル・ボンジを獲得
●ミランのアンドリー・シェフチェンコがまた新たな勲章を手に入れた。“スターアワード2005”の受賞である。ロシアのスポーツ紙『スポート・エクスプレス』の主催する権威ある賞
●アルベルト・ジラルディーノが昨シーズンの最優秀イタリア人選手に選出された
●フェイエノールトがUEFAカップで優勝した時のスター選手、ファン・ホーイドンクがフェイエノールトに戻ることになった。契約期間は1年半
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
平山・松井に続き、今度は大久保嘉人も大活躍。めっきりスポーツニュースにも出なくなりましたからね…。久々のニュースで、『おおっ!』となりました。 マジョルカは現在17位。下部リーグ降格を避けるためにも、まだまだチームは正念場でしょう。もっと、大久保には活躍し
2006/01/25(水) 08:35:45 | 新聞を定期購読するくらいなら、コレを読め!、『本日のニュース』。
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.