FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/23UEFA情報
●スペイン代表でデポルティーボ・ラ・コルーニャ所属のMFバレロンが、22日の対マジョルカ戦の試合終盤に左ひざを負傷し、途中退場した。試合終了後すぐさま運ばれた病院では、負傷した左ひざを磁気共鳴診断装置(MRI)で検査。その結果、左ひざの前十字じん帯の断裂と判明し、全治までに6~8ヶ月かかると診断された。デポルティーボのホアキン・カパロス監督は「デポルティーボにとっても、そしてスペイン代表にとっても非常に大切な選手。彼の離脱は両者にとってとても痛い」
●R・マドリーは変わった。それはプレーに関して。全ては数字が物語っているのだが、ルシェンブルゴ監督時と比べてロペス・カロ監督に変わってから、勝利し、ゴールを決め、ファンを喜ばせるサッカーがサンティアゴ・ベルナベウで表現できるようになった。ここ3試合を戦って、なんと11ゴールを叩き出しているのである
●R・マドリーDFセルヒオ・ラモスは、21日のリーガ、対カディス戦での勝利を振り返り、「カディスが、高いモチベーションで来るのは僕たちも分かっていた。カディスはすばらしかったが、僕たちは試合を逆転する事に成功し勝利を重ねる事ができた。これからも冷静に戦い、順位を上げていかなければならない」「リーガはまだたくさん試合が残っている。僕たちは諦めない。フリーキックからの2得点はすばらしかった。これが、ロベルト・カルロスやベッカムがチームにいるかいないかの差である。1発で試合を決めてしまうからね」
●デポルティーボ・ラ・コルーニャはマジョルカ相手に前半で2点先行したものの、勝利を逃した。またも大久保がデポルティーボの歩みを止めた
●マラガのセラフィン・ロルダン会長が、解任の危機に立つアントニオ・タピア監督の続投を明言
●バルセロナ所属のカメルーン代表サミュエル・エトーは、チェルシー(イングランド)との接触の噂に対してコメントを避けている
●スペインリーグ第20節、アトレチコ・マドリードはサラゴサを2-0で下し、ペペ・ムルシア新監督は就任後初勝利を収めた
●カディスのエスパラゴ監督は、「我々は歴史的な1勝を逃し、ベルナベウでの初勝利をあげることができなかった。レアルは確かに質のいい試合をしたし、2本のフリーキックは素晴らしかった。試合を実際に見ていない人にとっては3-1は妥当な結果だと思われるが、実際に試合を見たらその見解が変わるに違いない」
●レアル・マドリードのカロ監督はスペインリーグ第20節について、サポーターの熱い声援があったからこそカディスを逆転で倒すことができたと感謝「サポーターはいつも我々を援護してくれていた。この勝利で少しは喜ばせたと思うが、まだまだ彼らには借りがある。彼らは最高のチームのサポータだからね。」
●ジネディーヌ・ジダン(33)は2006年ワールドカップ・ドイツ大会以降もプレーを続けるかもしれない「スペインではこういったことは普通だ。スポーツ紙はこういった話でいっぱいになる。でも、こういうことを気にし過ぎてはいけない。周囲がいろいろと言うのには構わず、僕は自分がやるべきことに集中する」
●ハンブルガーSVは、ベシクタシュのブラジル人FWアイウトン(32)のレンタルでの獲得を提案している
●イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督(57)の爆弾発言第2弾。特定のプレミアリーグ所属クラブの監督が「移籍で裏金を稼いでいる」と失言した
●バイエルンのFWマカーイは、チーム内でのエースの座を守れるか注目されている。マカーイのライバルとして急浮上してきたのが、ペルー代表コンビのFWピサロとFWゲレーロ
●マンチェスター・ユナイテッドは今シーズンの収益が4600万ポンド(約94億円)で、昨年と比べ1230万ポンド(約25億円)減ったことを発表するようだ
●アーセナルのディーン代表は、フランス代表FWティエリ・アンリ(28)をチームに留めるためにすべてを尽くすと強調。「アンリは残留を希望していると公表した。我々も何が何でも彼に残ってもらいたい。双方が納得のいく結論が出せるよう努力している。交渉は合意に近づいている」
●ウエストハムは24時間以内にノーウィッチのU-21イングランド代表FWアシュトン(22)を移籍金725万ポンド(約14億8千万円)で獲得することが明らかになった。
●マンチェスター・ユナイテッドのギル代表は、当面ファーガソン監督が指揮を取り続けると明かした
●ルマンの日本代表MF松井大輔(24)が21日、アウエーのトロワ戦で4分間に2ゴールを決め、ドイツW杯のレギュラー取りをアピールした。3試合連続フル出場した松井は前半31分、右CKからつないだボールを右足で先制ゴール。同35分には左足ボレーのスーパーゴールで今季3得点目を挙げ、3―1の勝利に貢献
●イングランド・サッカー協会(FA)が同日、イングランド代表のエリクソン監督に対し、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会終了後の退任を言い渡すと報じた
●ガラタサライは危機にひんしている。昨年の暮れに1億5000万ドル(約172億円)という巨額のクラブの負債が発表され、選手に給料を払えない状況が続いている
●フランス・リーグカップ準決勝の組合せ モナコ対ニース、ナンシー対ル・マン
●ルイジ・デル・ネーリに残された時間は少ない。マウリツィオ・ザンパリーニ会長はリーノ・フォスキと話し合いを行い、彼の解任を準備している
●フィオレンティーナはGKボグダン・ロボントを完全移籍の形で獲得したことを明らかにした
●うわさによれば、ラツィオのセーザルとシモーネ・インザーギ(フィリッポ・インザーギの実弟)のインテルへの移籍は時間の問題のようだ
●ヘラクレスのFW平山相太(20)が今季7得点目をマークした
●米国でサッカーの天才少年として注目を浴び、14歳でプロ契約したアドゥー(DCユナイテッド)が22日、米カリフォルニア州サンディエゴで行われたカナダとの国際親善試合に米国代表として後半36分から交代出場し、16歳234日の同代表最年少出場記録をつくった
●カタール国際ユース大会(19歳以下)は22日、ドーハで開幕し、1次リーグA組のU-19(19歳以下)日本代表は1-1でU-19フランス代表と引き分けた
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.