FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/19UEFA情報
●ワールドカップ・ドイツ大会を約4ヶ月半後に控え、オランダ代表のマルコ・ファンバステン監督が対戦国の情報収集に乗り出した。オランダが所属する「死のグループ」ことC組は、アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロと強豪ぞろい。ファンバステン監督は、オランダ代表でバルセロナ所属の左SB“ジオ”ファン・ブロンクホルストを通して、成長著しいアルゼンチン代表FWリオネル・メッシー(18)の情報を聞き出した。“ジオ”ファン・ブロンクホルストはこう語る。「ファンバステン(監督)はやはりアルゼンチンを気にしているようだ。その中でもメッシーの存在を気にかけている。監督から直接聞かれたんだ。メッシーはどういう選手で、どうやって守ればいいかってね」「だから僕は、世界中を見回しても彼ほどの才能の持ち主はそういないと答えたよ。そして彼をどう止めるかについては、ボールを持って前を向かせてはいけないし、必ず2人でマークにつくことだ、と伝えておいた。他にも細かい点について話したけど、これ以上は言えないね」
●8月20日の練習で左膝前十字靭帯を断裂し、6ヶ月の戦列離脱となっていたバレンシアのブラジル代表MFエドゥが、ケガ以来初めてボールを使った練習を行なった。ブラジルで手術を受け、そのままブラジルに留まりリハビリを行なっていたエドゥだが、1週間前にバレンシアに戻り、リハビリの最終段階に入っている
●レアル・マドリーのデンマーク代表MFト-マス・グラベセンはクラブでの守備的MFとしてのポジションについて、「R・マドリーでやっているポジションに慣れるには問題があることは秘密でも何でもない。デンマーク代表やエバートンでよりも、かなり守りに費やされている」「慣れるかどうかは分かない、忠実にこなせるかもだ。僕としては攻撃的MFとして攻撃に参加する時のほうが、しっくりくると思っている」
●ビジャレアルはFWルーチョ・フィゲロアのリーベル・プレート移籍と、FWギジェルモ・フランコの獲得を発表した。ビジャレアルはフィゲロアの保有権の半分をリーベルに売却する
●アウェーにも関わらず果敢に攻めたR・マドリー。後一歩のところで何度もゴールを外していたが、カッサーノが移籍後、初出場の試合でゴールを決め、R・マドリーを救った
●スパルタ・モスクワへの移籍が決定していたニハトだったが、結局今シーズンこのままレアル・ソシエダに残ることが決定した
●レアル・マドリードのブトラゲーニョ副会長は、引退が噂されているジダンのプレーを楽しむと語った。ジダン自身はW杯終了後に現役を引退することを示唆している。「3カ月前、多くの人はジダンに対して良く思っていなかった。しかし私は彼がプレーしている姿を見るのが楽しみでしょうがない。我々のチームに彼が在籍していることはとてもラッキーなことだと思う」と語ったブトラゲーニョ副会長は、「これから数カ月、そしてW杯後も我々は彼のプレーを楽しみにしたい。いまは彼のサッカーを楽しむだけだ」
●レアル・マドリードのブトラゲーニョ副会長は、現在怪我で戦列を離れているDFジョナサン・ウッドゲートに対し、自分ができる範囲内でサポートすると語った
●名門レアル・マドリードは19日、同クラブの名誉会長で、心臓手術のため入院していた伝説的名手、アルフレド・ディステファーノ氏(79)が18日にバレンシア市内の病院を退院したと発表
●チェルシーのFWディディエ・ドログバ(コートジボワール代表)が英国紙の取材に対し、ジョゼ・モウリーニョ監督の持つ「神秘的なパワー」を絶賛した。「彼は物事を予言するんだ。彼が言ったことが数分後に実現した場面に何度も出くわしたよ。ほとんど神業だね」
●衝撃の結末が待っていた。今週初めにユベントス入団が確実視されていたマラガ出身で現オリンピック・マルセイユのFWコケだったが、ビアンコネロのユニフォームにそでを通すことはなくなった
●スペインで合宿を行っているハンブルガーSVのFW高原直泰(26)が17日、バーゼル(スイス)との練習試合に出場し2ゴールを決める活躍を見せた
●稲本に新たなライバルが出現することになった。ウェストブロミッジはアルトメディア(スロバキア)のスロバキア代表MFコザックをレンタル移籍で獲得が濃厚
●FA杯3回戦が行われ、ウェストブロミッジは7日に1―1で引き分けた2部レディングと再戦し、延長戦の末2―3で敗退した。MF稲本はフル出場した15日のリーグ戦ウィガン戦から中1日だったが、ボランチとして先発。ゴールこそなかったが、守備でまずまずの動きを見せた
●解雇が囁かれているマンチェスター・ユナイテッドのDFミカエル・シルベストル(28)は、この先もクラブを離れる気はないと強調した
●マンチェスター・ユナイテッドのMFライアン・ギッグス(32)は、バートンと再戦するFA杯で大会記録を狙っている。マンUは昨シーズンの決勝でアーセナルに敗れ、ギッグスはFA杯の記録である5度目の優勝メダルを取り損ねた。過去に5度もメダルを獲得している選手は3人しかおらず、1891年にブラックバーンのジミー・フォレストが達成したのが最後
●アーセナルのFWティエリ・アンリ(28)は、サウザンプトン(2部)のFWセオ・ワルコット(16)にアーセナルへ来るよう勧めた
●ローマは2400万ユーロ(約33億5000万円)の新たなスポンサー契約に向けて交渉を行っている。ミランに勝利を収めた日曜日のオリンピコでのゲームに続いて、ローマは水曜日も「イタレンセ銀行」のロゴが入ったユニホームで試合を行う
●ハンブルガーSVのイラン代表MFメフディ・マハダビキアが、今月末に始まる後半戦に間に合わない可能性が出てきた。マハダビキアは、クラブ合宿が行われているスペインのラ・マンガでぎっくり腰になり、練習を休んで静養中
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.