FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/17UEFAサッカー情報
●冬の移籍市場に衝撃が走った。オリンピック・マルセイユで2シーズン目を迎えていたマラガ出身のFWコケが16日、ユベントスとの契約のため代理人のマネル・フェレール氏と共にトリノへ飛んだ。4シーズンの契約を結び、今季終了までは、シエナへレンタルされる。
●バレンシアのFWダビ・ビージャは19日の国王杯デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦に集中しており、敗退の可能性も「十分ある」と、述べた。ビージャは両チームとも「勝ち抜く力がある」とし、「ここ10年間力を見せつけている強いチーム同士の対戦。いいサッカーを見せて、最後にバレンシアが勝つ」
●2ヶ月前にアキレス腱を切り、手術を行ったレアル・ソシエダのFWダルコ・コバチェビッチが、本日(16日)の練習中に治療した箇所を再び切ってしまい、同日午後に再手術を行った。これによりコバチェビッチは今季絶望となった。
●日曜日、カンプ・ノウで行なわれた対アスレティック・ビルバオ戦で勝利(2-1)し、連勝記録を17に伸ばしたバルセロナだが、試合終了間際にサミュエル・エトーがA・ビルバオのウナイ・エスポジトにつばを吐いたことに対して許しを求めた。ラジオ局‘プント・ラジオ’で「僕は何にもしていない。エスポジトに向かってつばも吐いていないし、もし彼につばが当たってしまったのなら、彼に謝るよ。もちろん、ピッチではつばは吐いたけれど、彼に向かって吐くなんて試合中にしていないよ。何度も言うけれど、僕はエスポジトに向かってつばは吐いていない。でも、もし当たってしまったのなら、彼に謝るよ」
●アスレティック・ビルバオのウナイ・エスポジトは、バルセロナのサミュエル・エトーが彼に対しつばを吐いたことについて、「エトーにしか分からないことだし、はっきりとしたことは言えないけれど、おそらく、ピッチで思うようなプレーができす、冷静さを欠き、つばを吐くという行為に出てしまったんだろうし、その時は後悔したと思うよ。僕につばを吐いたわけじゃないってエトーは言っているけれど、何をしたか彼自身が一番分かっていることだ」「エトーはすばらしい選手だよ。でも、人として彼にはがっがりさせられた」
●ロナウジーニョは「他のチームを意識する必要はない。優勝を獲得するかどうかは自分達にかかっている」「プレーの方法をしょっちゅう変えないので、体で覚えてプレーできる。これはとても助かる」
●今季がベティスでの最後のシーズンになるのではないかと言われているMFホアキンは「その日その日を生きているので先の事は何とも言えないし、どこで引退を迎えるかなんていう事も考えてはいない」とベティス残留については未定と伝えた。さらにロレンソ・フェラ・フェレール監督をはじめとするチームらとの素晴らしい日々を送る事を大切にしているとも語った
●DFパブロ・アルファロのラシンへの移籍、そしてDFパブロ・ルイスの怪我により、ディフェンダーの補強を目指していたセビージャが、17日、アヤックスのフランス人DFジュリアン・エスクーデ(26)の獲得で合意に至った
●R・マドリーのルシェンブルゴ前監督が解任された際には、その後任候補に名前が挙がったデシャンだが、「これまでR・マドリーとコンタクトを取ったことは一度もない」「もしR・マドリーからの誘いにNOと言ったら、頭がおかしいと思われるよね」
●12日にムルシア新監督が就任したAマドリードだが、ベティスに敗戦。リーグ10試合、依然勝ち星なしが続いている。
●uefa.comユーザー選出のベストイレブン
<GK>
ペトル・チェフ (チェルシー)
<DF>
カフー (ミラン)
カルレス・プジョール (バルセロナ)
ジョン・テリー (チェルシー)
パオロ・マルディーニ (ミラン)
<MF>
ルイス・ガルシア (リバプール)
スティーブン・ジェラード (リバプール)
パベル・ネドベド (ユベントス)
ロナウジーニョ (バルセロナ)
<FW>
アンドリュー・シェフチェンコ (ミラン)
サミュエル・エトー (バルセロナ)
<監督>
ジョゼ・モウリーニョ (チェルシー)
●サンダーランド対チェルシー戦でのことだ。69分にウイングのアリエン・ロッベン(チェルシー)が決勝点を叩き込んだ。喜びを押さえられないロッベンは、スタンドまで掛けつけ、サポーターとほぼ確実になった勝利を祝った。しかし、これを見た主審のクリス・フォイは、ロッベンにレッドカードを提示。当然、チェルシーのモウリーニョ監督は異を唱えた。「確かに、主審はルール通りの判断を下した。しかし私は、ファンと一緒に喜ぶ選手にカードを出すのを好まない。そんな時間があるのなら、プレー時間を増やしたほうがよっぽど良い」
●バイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表DFサニョル(28)は、バイエルンと4年間の契約延長をすることで合意した
●第19節でミランを1-0で下したローマの主将トッティは、チームが今シーズンを4位で終えて欧州チャンピオンズリーグの出場権を獲得することを狙っている
●フィオレンティーナのFWボジノフは、GKトルドとのトレードでインテルへのレンタル移籍を希望していることを明らかにした
●インテルのオーナー・モラッティ氏がGKトルドとフィオレンティーナのFWボジノフのトレードを提案しているという
●フランス、リーグ・アンのオセールFWディアビーが、プレミアリーグ・チェルシーからの破格のオファーを蹴ってアーセナルへ移籍した
●MF稲本は15日のウィガン戦にフル出場し、1-0の勝利に貢献した。前半43分にDFムーアが退場し数的不利となったが、稲本は体を張った守備で中盤を支えた。試合終了を迎えると、好セーブを連発したGKクシュチャクを抱き上げ、喜びを分かち合った
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.