FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/14UEFA情報
●イングランド代表のアシュリー・コール(アーセナル)の来季レアル・マドリー入りが噂されるなか、それが実現すれば熾烈なポジション争いの渦中に立たされるロベルト・カルロスが、現在の心境を口にした。
「まず一番に言わなければいけないことは、僕は今レアル・マドリーで幸せだってことだ」と語り始めたロベルト・カルロス。32歳という年齢からくる衰えを指摘され、今シーズン終了後でのレアル退団も囁かれている同選手だが「レアルとはあと2年半の契約が残っているし、僕のプレーヤーとしての最盛期が過ぎてしまったとも思わない。来シーズンもここでプレーする」
●オサスナは土曜日にメスタージャで行なわれるバレンシア戦でピエ-ル・アチ-ル・ウェボを起用できることになった。これはカメル-ン代表監督の特別許可をもらった上でのもの
●レアル・マドリードはアーセナルのDFアシュリー・コールとの接触を書面で正式に否定した
●イタリア一の名門ユーベで歴代の得点記録を塗り替えたデル・ピエロに現地メディアの特集が増えている。13日付のガゼッタ・デッロ・スポルト紙は2、3面の両開きでデル・ピエロのインタビューを大々的に取り上げた。
「自分のことを『ピントゥリッキオ(芸術家)』とみんなに呼ばれるようになりたいね。ロベルト・バッジョが最高の画家ラファエッロと呼ばれていたように」「本当はバッジョのように静かに(サッカーの世界から)去りたいんだけど・・・」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がイングランドの“超新星”獲得に一歩リードした。英国各紙が、「ウェイン・ルーニー以来の大器」と呼び声が高いサウサンプトン(イングランド2部)のMFセオ・ウォルコットのアーセナル移籍が確実と報じたのだ。
「走りこみのタイミングが素晴らしく、攻撃的なポジションを複数こなせる。プレーの冷静さはプレミアでも通用する」
●アーセナルのアシュリー・コール。レアル・マドリーが来季に向けてのコールを獲得候補の一人に挙げているが、本人は移籍の噂についてのコメントは避け、建設中のアーセナルの新しいスタジアムのピッチを踏むまで移籍するつもりはないと伝えた。
●リバプ-ルのGKイェルズィ・デュデクは、クラブとラファ・ベニテス監督に対し不快感を示しており、「どんな値段でもいいから」クラブを辞めたい、これ以上このクラブでプレーしたくないと伝えた
●フィオレンティーナはセリエBのテルナーナからチリ人MFヒメネズ(21歳)を獲得し、怪我を負っているGKフレイの代役は補強しないと明かした
●バイエルンのドイツ代表キャプテンのMFバラック(29歳)は、レアル・マドリードとの正式な移籍交渉を始めることが明らかになった。
●ユベントスのカペッロ監督(59歳)は、来シーズンの終わりまでユベントスで指揮を執り、2009年に引退すると明かした。
●フェイエノールトMF小野伸二(26)が13日、浦和に01年7月の移籍以来、4年半ぶりに復帰することが正式に決まった。完全移籍の3年契約で移籍金は250万ユーロ(約3億4500万円)。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.