FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/13UEFA情報
●ユベントスを指揮する名将ファビオ・カペッロが、イタリア紙‘Corriere dello Sport Stadio’のインタビューの中で、バルサで活躍するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシー(18)を絶賛した。
カペッロはその中で「メッシーを初めて生で見たのは、ガンペール杯(今季開幕前のバルサ対ユベントス)だったのだが、私はそのときの彼のプレーからとてつもない衝撃を受けた」と明かした上で、「試合中にもかかわらず、思わず向こうのベンチのライカールトに向かって『おい、メッシーをレンタルでも何でもいいからうち(ユベントス)にくれ!』って叫んでしまったよ。もちろんそのときのライカールトの答えは笑いながらも『NO』だったんだけどね」
「私はこれまで、あんな恐るべき18歳を見たことがない」とメッシーを絶賛。そして「2006年のドイツ・ワールドカップは彼の大会になるだろう」
●A・マドリー会長エンリケ・セレッソ氏は、12日の13:48分(現地時間)にビセンテ・カルデロンで開かれた記者会見でカルロス・ビアンキ監督の解任を発表した
●バーミンガムはウルグアイ人FWパンディアーニの移籍についてエスパニョールと148万ユーロ(約2億円)で合意
●グラベセンがR・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍するだろうと報道された事に対し、マンチェスター・Uの会長はこの噂を真っ向から否定
●アーセナルの左サイドバック、A・コールが来シーズンR・マドリーでプレーする事を望んでいるのを明らかにし、R・マドリーフロントを喜ばせている。A・コールは、2008年までアーセナルとの契約が残っているため違約金1500万ユーロ(20億7000万円)が付くとされている
R・マドリーの広報によると、「A・コールは、R・マドリーが今シーズン終了後に獲得をする候補の一人である。まずはアーセナルと交渉し我々の興味を示すことになる」
●ニューカッスルはレアル・マドリーのト-マス・グラべセン獲得に興味を示しており、代わりにアルベル・ルケをサンティアゴ・ベルナベウに送り込もうと検討しているようだ。
●レアル・マドリーのミチェル・サルガドは、クラブが直面している現在の状況について、「R・マドリーに馴染めない新加入の選手がいるのは確かだと思う。最初は緊張するし、それで畏縮してしまい、本来の力を発揮できなくなってしまう。それに、僕達はずっと前からかなりのアンバランスな状態にいる。自分達の力で乗り越えようと、多くを費やしているけれど、なかなかうまくいかない」
「ジダンも最初の4ヶ月間はプレッシャーに耐えられず、かなり苦労したんだ。R・マドリーは偉大なクラブだし、その分背負うものも大きい。勝利と質の高いレベルが常に求められるんだ」
「全員がクラブの一員としての責任を果たす必要があるし、みんな大切なメンバーなんだ。それぞれ問題を抱えているし、隠したいものだ。でも、フィールドに立ったらチームのために戦うことが大切だよ」
「ファンは歓喜というものに餓えているんだ。ここ何年かは彼らも悲しい思いをしているからね。僕は、勝利を目指し喜びをファンと一緒に分ち合えるチームになる時が来た思っている。ベルナベウのファンは要求が多い。でも、それは僕達にとって大きなメリットであり、逆に相手チームにとっては大きな脅威にもなるんだよ」
「R・マドリーで重要なのは最高のプレーをし、勝つこと。他のことは忘れプレーに集中しなければならない。フィールドに下り立ったら、勝つことだ、良い内容でね。それがこの状況を救ってくれるはずだ」
●ロペス・カロ監督は、R・マドリーからの移籍を志願したとされるグラベセンについて「新聞などで(移籍希望という彼の意思を)知って驚いた。もしそういう意思があることに気付いていれば、直接彼と話し合いの場を持ったのだが」
「もしここ(レアル・マドリー)にいて居心地が悪い奴、そして気に入らない奴は出て行けばいい。そういう選手の存在は、一丸となってチームを助けようという他の選手たちに迷惑だ」
●スペイン国王杯Best16 第二戦の結果
ビジャレアル 0-1 バレンシア
ヘタフェ 3-3 エスパニョール
セルタ 0-0 ベティス
デポルティーボ 1-2 オサスナ
カディス 0-0 セビリア
アスレチック.ビルバオ 0-4 R.マドリー
サモラ 0-6 バルセロナ
●スペイン国王杯 準々決勝の組み合わせ決定
第一戦は1/18開催(左がホーム)
第二戦は1/25開催
ベティス - R.マドリー
カディス - エスパニョール
デポルティーボ - バレンシア
サラゴサとアトレチコの勝者 - バルセロナ
●ウインターブレイク中にスペイン、アトレチコ・マドリーへの移籍がほぼ確実と報道されていたものの合意に至らず
●英国サッカー界に衝撃が走った!! 選手の移籍を巡り賄賂が蔓延しているというのだ。告発主は現役の監督だ。チャンピオンシップリーグ(実質2部)のルートンで指揮を執るマイク・ニューウェル監督
●MFバシリキ・ディアビは、オセールからアーセナルに移って4年契約を結ぶ。オセールのジェラール・ブルゴワン副会長が明らかにした。
●リバプールは引き続き補強を行っている。クロンカンプに続いて、21歳のデンマーク人DFダニエル・アッガーを獲得。
●フィオレンティーナは、テルナーナとの共同保有の形でルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルセスを獲得したことを発表
●ウディネーゼのディ・ミケーレがパレルモ移籍へ
●ドイツ人FWゲラルト・アザモア(27)は、シャルケ04との契約を2008年6月まで延長した
●IFFHS(国際サッカー歴史・統計連盟)によると、2005年の最優秀審判にドイツのマルクス・メルクが選出された
●マルシオ・アモローゾはミランのFWになるため7時13分にマルペンサ空港に降り立った。がミラン・ラボのスタッフは、過去に何度も大きな負傷を経験しているアモローゾのフィジカルコンディションをまだ疑っているようだ
●PSVアイントホーフェンは12日、オーストラリアAリーグのメルボルンから同国代表FWトンプソンを今季終了までの期限付き移籍で獲得
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.