FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2006/01/03UEFAサッカー情報
●プレミアリーグ首位チェルシーのキャプテン、ジョン・テリー(イングランド代表)。今年のドイツ・ワールドカップでも活躍が期待される闘将が、追随するライバルチームを威嚇!! イングランド・サッカー界の“完全支配”を目ざすと豪語した。
「チェルシーが勝ちつづければ、下のチームは勝点を縮められずにイライラするだろう。数年前にアーセナルが勝ちつづけて、俺たちが追いつけなかったようにな。とにかくもう追いつけない、って思わせるように勝つだけだぜ。それに目標はたった1回の優勝だけじゃない。マンUやアーセナルがやったみたいにずっと勝ち続けるのが目標さ」
●「オーウェンにとっても災難だが、クラブにとっても大きな痛手だ。目の前が真っ暗になった」そう語るのは所属するニューカッスルのグレアム・スーネス監督。
●ディナモ・モスクワに所属するポルトガル代表MFマニシェ(28)はチェルシーへの移籍を熱望していることが明らかになった。
●アーセナルに所属するMFピレス(32)は間もなく他のクラブとの移籍交渉を開始することが明らかになった。
ピレスは今夏でアーセナルとの契約が満了するが、ボスマン条約上、契約満了の半年前から他クラブとの移籍交渉が認められていることから、他のクラブとの移籍交渉が間もなく開始されることが噂されている。
●日本代表MF小笠原満男(26=鹿島)がプレミアリーグのウェストハムの練習に参加することが2日、正式決定した。3日渡英し5日から練習を開始する。
●ボルトンのガートサイド会長が12月31日、フェイエノールトMF小野について初めて言及した。「彼は欲しい選手。
●地元誌キッカーは、ハンブルガーSVのFW高原獲得に乗り出していたビーレフェルトが手を引く可能性が出てきたと報じた。
●ニューカッスルのスーネス監督は、先日怪我で離脱したオーウェンの穴を埋めるべく、選手補強に動くことを示唆するコメントを発表した。
●インテルのマテラッツィがチーム練習に復帰
●アントニオ・キメンティ(35)はカリアリの新たなGKとなる。ユベントスからの移籍で、カリアリとの2年契約にサインした。
●トリノはフィオレンティーナから完全移籍の形でギリシャ人FWジシス・ブリザスを獲得したことを発表
●ブラジルから戻ってきたアドリアーノは気合い十分だった。「ユベントスに追いつくのは不可能じゃない」「体の調子はいい。休むことができた。これからはすぐに調子を上げていきたい」
●コパデルレイ(スペイン国王杯best16)対戦表 2006/01/04 左がホーム
サモラ - バルセロナ
アスレチック.ビルバオ - レアル.マドリー
セルタ - ベティス
デポルティーボ - オサスナ
カディス - セビリア
ビジャレアル - バレンシア
アトレチコ.マドリー - サラゴサ
ヘタフェ - エスパニョール
●バレンシアのフアン・バウティスタ・ソレール会長は、ポルトガル人DFのマルコ・カネイラがスポルティング・リスボアにレンタル移籍することを明らかにした。
●デポルティーボのセンターバック、ホルヘ・アンドラーデはクラブを去る意思がある事を断言したと共に、移籍先はスペインだけでなくイギリス、イタリアも考えている旨を明らかにした。「リーガで上位のチームへ移るのが第一の希望だが、イギリスやイタリアもレベルが高く惹かれている。どの国でも構わないが、条件は一流のチームであることだ」
●ローマのFWアントニオ・カッサーノ(23)が2日にもレアル・マドリー入りする。R・マドリー、カッサーノ、そしてローマ首脳陣の間で行われたここ数週間の交渉で、2日は報告とサインの日とされており、この日のうちに契約が行われる可能性がある。
●ミランが再びアトレティコ・マドリーの主将、FWフェルナンド・トーレスに興味を示している。ミランはフェルナンド・トーレス獲得をこの冬の移籍市場の大目標としている。
●1月3日(火)、レアル・マドリーはコパ・デル・レイ決勝トーナメント1回戦第1戦、サン・マメスにてアスレティック・ビルバオと対戦する。今冬にR・マドリーに移籍、チーム練習に合流してまだ2日しか経っていない右SBシシーニョが初の招集入りを果たし、スペインでのデビュー戦のチャンスを掴んだ。
●2006年の仕事初めとなる月曜日(1月2日)、チームのメンバーと話しをするためシウダー・デル・レアル・マドリーに現れたフロレンティーノ・ペレス会長は、「ファンは悲しんでいるし、何らかのタイトルを求めている。気持ちを切り替えて欲しい」
●今冬、リバプ-ルからビジャレアルに移籍し、リーガに復帰する形となったホセ・ミゲル・ゴンサレス、通称‘ホセミ’は入団会見の場で「目標はマラガでプレーしていた時のレベルを取り戻すこと」
●バルセロナのフランス人FWルドヴィク・ジュリが、今シーズン終了後にバルサを去る意思があることをほのめかした。
ジュリは元旦の会見で「このような素晴らしいクラブにいられて幸せに思う」と話しながらも、若手FWメッシーの台頭によりレギュラーポジションを失った状況を冷静に分析。「今のように、あまり出場機会に恵まれないなら、来シーズンは他クラブへ移籍する必要があるかもしれない」とコメント
●ハビエル・サビオラの2006年は残念な形で幕を開けた。肉離れのため4週間の離脱。シウダー・デポルティバの練習場で行われた練習試合の終了間際に足を痛めてしまった。
●「これまで一緒に仕事をしてきたチームには満足している」とロペス・カロはクラブの公式サイト上でコメントした。
「カッサーノが来るなら、彼も仕事に取り掛からなければならない。彼が特別な貢献をすることができれば、このクラブをますます大きくすることができるだろう。われわれとしては、アントニオ(カッサーノ)は創造性を持った質の高い選手だと考えている。ゴールを決められる国際レベルの選手で、優れた資質を身に付けている」
●ローマとレアル・マドリーはアントニオ・カッサーノの移籍に関して合意している。カッサーノは2日の夜にマドリーへ飛ぶ予定。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イタリア、ローマの悪童カッサーノ。彼のレアル移籍が合意に達した様だ。ジダン、ロビーニョ、ベッカム、ラウル、ロナウドとの競演を進める以上、今後、チーム戦術をどのように組み立てていくのかに注目が注がれる。...
2006/01/03(火) 23:33:35 | iN-phase,Horyの部屋
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.