FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/12/29UEFAサッカー情報
●冬の移籍マーケットで獲得したブラジル代表右サイドバックのシシーニョが、12月28日(木)早朝、バラハス空港に到着し、そのままサニタス・ラ・サルスエラ病院でメディカル・チェックを受け、これを無事パス、晴れてレアル・マドリーの選手となった。
●クラブのさらなる飛躍を目指すビジャレアルのフェルナンド・ロッジ会長は、出場機会を求めてレンタル移籍を検討している同クラブのFWフィゲロアやDFクロンカンプの希望にも動じていない。ロッジ会長は、「選手の放出は、ほぼ有り得ない」
●カタルーニャ州代表はパラグアイ代表と1-1で引き分け、サポーターに勝利をプレゼントすることはできなかった。この試合がデビュー戦となったペレ・グラタコス監督に率いられたカタルーニャは、スペクタクルで、試合を支配し、決定機を多く作った。
●ディナモ・モスクワのポルトガル人MFマニーチェのチェルシー入りが近日中に決まりそうだ。マニーチェはすでにアトレティコ・マドリーと交渉していて、チェルシーが強奪する形となる。
●アントニオ・カッサーノの(23)レアル・マドリー入りについて、ローマが12月27日火曜日に行った経営者会議で移籍のゴーサインを出したとのこと
●バレンシアDFマルコ・カネイラはスポルティング・リスボン(ポルトガル)へ移籍することになるだろう
●レアル・マドリードの名誉会長であり、伝説的プレイヤー、アルフレッド・ディステファノ氏は水曜の朝に心臓バイパス手術を受けた。
●アーセナルはメキシコ人選手カルロス・ベラをセルタにレンタルする。この16歳のFWは、来月2日からセルタに加入するが、セルタのEU外選手枠が埋まっているため、今季プレーできる保障はない。オラシオ・ゴメス会長は「来季に向けいい選手が入った」と、述べた。
●ACミランの主将、そして精神的支柱として活躍するパオロ・マルディーニ(37)がこのたびモルディブ親善大使として任命された。
●カペッロ「マンチェスター・ユナイテッドの監督は夢の仕事だ。私の名前は常々レアル・マドリーとユナイテッドの監督候補に挙がるが、今はユベントスでセリエAとチャンピオンズ・リーグで優勝を成し遂げたいね。とはいえ、プレミアリーグでの仕事は非常に魅力的。私がイングランドでも成功できるのを証明するチャンスがあれば、挑戦したい。ユナイテッドは偉大なクラブだし監督であれば誰もが夢見る仕事じゃないかな」
●1月の移籍市場でフィオレンティーナが新たに獲得する選手の一人はマックス・トネット(31)になるかもしれない。
●マルコ・ディバイオ(29)は正式にモナコ入団を発表した。「チームにとって必要なことができるよう願っている」
●パルマのフロントは攻撃陣を強化するためFWを探しており、シモーネ・インザーギ(29)も補強の候補に挙げられている。
●フェイエノールトは28日、AZアルクマールのオランダ代表DFロン・フラール(20)と来年1月1日からの加入で合意したと発表した。
●バイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表DFサニョルは、今季終了後ユベントスへの移籍が決定したと報じられていたが、ここにきて一転、残留の可能性が出てきている。
●前シャルケ監督のラングニック氏(47)は、ケルン入りの噂が流れる中、ボルフスブルクの新監督に就任することがほぼ確実となった。
●ボルシア・メンヘングラッドバッハに所属するFWエウベル(33)は来年1月に母国ブラジルへ帰国し、クルゼイロでプレーすることが決定した。
●アーセナルのベンゲル監督は、1月に予定されているMFロベール・ピレスとの契約更改の交渉でピレスを説得することに前向きのようだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.