FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/12/15UEFAチャンピオンズリーグ情報
●レアル・マドリーのデイビッド・ベッカムが、ピンチに立たされているマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督を擁護
「サー・アレックス(・ファーガソン)はユナイテッドで長年指揮をとり、さまざまなタイトルをもたらした。現状の成績だけで彼が悪い監督とは言えないだろう。僕のキャリアの中で最高の監督なんだから。彼は苦境から簡単に逃げ出すような人じゃない。去就を決めるのは彼自身だ」
●元フランス代表の主将で、モナコの前監督のディディエ・デシャン氏がR・マドリーの監督に就任するかもしれないと、フランスの日刊紙、‘レ・パリジェン’が報じた
●レアル.マドリーのベッカム「チームはみんな熱意を持って取り組んでいるし、すごくまじめだ。今は試合も勝っている。この3年で6人もの監督に指導を受けたことは、私にとって大変なことだった。尋常じゃないし、戸惑っている。今はロペス・カロ監督を迎えているし、結果がついてくればいいと思う」
●ラウルの左膝の手術を行なう必要があるかどうかについて判断を下すために、レアル・マドリーは、クラブの医師とともに4人の専門医の協力を得ることにしたようだ。来週にも専門医によるラウルの膝の検査が行なわれ、よりベストな治療方法を見極めていくという。
●レアル・マドリーからの興味を知ったローマのアントニオ・カッサーノ(23)は、個人的に進めていたユベントスやインテルとの交渉を止めている。R・マドリーはカッサーノ獲得に500万ユーロ(約7億円)用意しており、カッサーノはR・マドリーでプレーするという彼の夢を実現することになりそうだ。
●ボルシア・ドルトムントのディレクターがアトレティコ・マドリーからオファーが届き、ロシツキーの移籍に関して交渉中であることを認め、今週中にも決断を下すとした。問題となっているのは移籍金である。
●バルセロナのメッシーは「今シーズンはバルサでリーグ、チャンピオンズリーグ、国王杯の全てのタイトルを獲りたい。そしてアルゼンチン代表としてW杯もね。その後、もう何も望むものはないよ」
「いつかはその日が来れば来れば良いと思うけど、それにはまだまだ足りないことがたくさんあるね。でも、ロナウジーニョも言ってくれたように、いつかその日が来て、彼のような選手になれるように頑張るよ」
「ゴールデンボーイ賞は僕1人の力で受賞したものではない。全てのチームメイト、バルサのスタッフのお陰なんだ。今シーズン選手証の問題で出場できなかった時期を除けば、2005年は最高の年になったね」
●メキシコ2部のイラプアトでプレーした福田健二が、スペイン2部リーグのカステジョンに移籍することが明らかになった。契約期間は半年間で、1年間の延長オプション付き。
●ロナウドはフロレンティーノ・ペレス会長にシーズン終了後の移籍を要請したようだ。
●ASローマのFWアントニオ・カッサーノ(23)争奪戦からインテルが最初に手を引いた。インテルのパトロンであるモラッティ氏は「カッサーノはインテルに要らない。うちのFW陣を信頼しているし。それよりもレコバの契約延長の方が先決だ」
●英BBC放送は公式サイト上で14日、サッカーの元アイルランド代表主将のMFロイ・キーンが、スコットランド・プレミアリーグでMF中村俊輔が所属するセルティックに加入すると報じた。
●1994年から98年までに禁止薬物エリスロポエチン(EPO)を使用させたとして、アグリコラ医師は昨年11月に禁固1年10カ月の有罪判決を受けた。
ユベントスの医事責任者アグリコラ医師とジラウド取締役は14日、禁止薬物を選手に与えたとの容疑について、無罪判決を受けた。
●バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表MFセバスティアン・ダイスラー(25)は、今季末までの契約を2009年6月末まで延長することで、クラブ側と合意した。
●国際サッカー連盟(FIFA)会長のジョゼフ・ブラッターは、今でもチーム内の外国人の数を制限したいと考えている。「最低限の“国内出身選手”が必要だ」。
●エルナン・クレスポはチェルシーに満足していないようだ。「イタリアに戻りたい。あそこのサッカーが僕には合っている」
●オランダ全国紙『アルヘメーン・ダッハブラット』は15日(現地時間)、「フェイエノールトは日本からのオファーを受け入れた」という記事を掲載した。
記事によると「フェイエノールトは浦和からの2度目のオファーを受け入れ、両者で合意に達した。あとは小野自身が『イエス』と言うのを待つだけ」という。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.