FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/12/08UEFAチャンピオンズリーグ情報
●イタリア代表監督のリッピは「イタリアがシード権を獲得したことは喜ばしい。イタリアカルチョの伝統と威信を再認識してもらういい機会となるだろう」
●チェルシーの“野牛”マイケル・エッシェンがリバプールのFディトマール・ハマンに見舞ったタックルが波紋を呼んでいる
チェルシー・モウリーニョ監督は「見てないから何とも言えない。ただリバプールベンチには文句が多いと言ってやった。少しは座ってリラックスしろと」
リバプールのベニテス監督は「タックルも見ていたし、ハマンの足の状態も見えた。明らかに危険なプレー。ビデオを見れば分かる。それだけだ」
●日本の対戦相手はどこに 10日早朝にW杯抽選会
●マンU、11季ぶりの屈辱-サッカー欧州CL
●グループステージ最終節2005年12月07日の結果
A クラブ・ブリュージュ 1-1 バイエルン
A ラピド 1-3 ユベントス
B アーセナル 0-0 アヤックス
B スパルタ 0-0 トゥーン
C ブレーメン 5-1 パナシナイコス
C ウディネーゼ 0-2 バルセロナ
D ベンフィカ 2-1 マンチェスターU
D ビジャレアル 1-0 リール
●国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は7日、国際試合開始前に行う国歌演奏を、今後も継続することを明らかにした
●バイヤー・レバークーゼンは、2006年1月1月付けで、U-21チェコ代表FWミカル・パパドプロスを獲得した。
●国際サッカー連盟(FIFA)は7日、当地で開いた理事会で、原則23歳以下で実施している五輪男子サッカーのオーバーエージ(23歳以上)枠を2008年北京五輪から廃止する方針を固めた。
●決勝トーナメント進出の16チーム
A ユベントス(イタリア)バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
B アーセナル(イングランド)アヤックス(オランダ)
C バルセロナ(スペイン)ブレーメン(ドイツ)
D ビリャレアル(スペイン)ベンフィカ(ポルトガル)
E ACミラン(イタリア)PSVアイントホーフェン(オランダ)
F リヨン(フランス)レアル・マドリード(スペイン)
G リバプール、チェルシー(ともにイングランド)
H インテル・ミラノ(イタリア)レンジャーズ(スコットランド)
●決勝トーナメント対戦規定
同じ国のチーム、およびグループリーグで同居していたチームとは対戦しない
ほかのグループの首位チームと当たらない
●レアル新指揮官、熱血指導でロナウド、右足の内転筋のひきつりをおこす
●国際サッカー連盟(FIFA)は、まだ今年のMVPを公式に発表していない。19日にチューリッヒで表彰される。FCバルセロナのエトーとロナウジーニョ、チェルシーのランパードが候補となっているが、関係者筋の話によるとロナウジーニョで確実のようで、欧州最優秀選手(バロンドール)に続く受賞となる。ロナウジーニョは史上初の2年連続のMVP受賞となる
●6日のCLのアンデルレヒト戦に敗れ、サポーターからブーイングを受けたベティスのマヌエル・ルイス・デ・ロペラ会長は、抗議のため今季いっぱい会長席での観戦を取りやめるとした
●バンデルレイ・ルシェンブルゴ解任後、暫定監督としてレアル・マドリーの指揮を取っているフアン・ラモン・ロペス・カロを「理想的な人物だ。彼はR・マドリーのことを知り尽くし、ヨーロッパサッカーについての幅広い知識も持ち合わせており、適任者と言えるだろう」と評したアリーゴ・サッキ
●イングランド代表スベン・ゴラン・エリクソン監督「誰も私に尋ねてきていないし、レアル・マドリーとコンタクトをとっているわけがない。全くのでっち上げだ」。
●レアル・マドリーの元会長であるロレンソ・サンスが現在のチームについて「ヨーロッパチャンピオンに輝いたにも関わらずチームを変えたあの日に終わってしまった」
●バルセロナのキャプテン、カルラス・プジョールが、代表合宿に招集されたチームメイトのオレゲール・プレサスにアドバイスを送った「オレゲールにはW杯に出場できるなんて素晴らしいことだし、どんな選手だって夢見る貴重な体験になるってアドバイスするよ。彼が招集されて、それを楽しんでもらえるといいね」。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.