FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/12/07UEFAチャンピオンズリーグ情報
●グループステージ最終節 2005年12月07日の対戦表
A クラブ・ブリュージュ 20:45 バイエルン
A ラピド 20:45 ユベントス
B アーセナル 20:45 アヤックス
B スパルタ 20:45 トゥーン
C ブレーメン 20:45 パナシナイコス
C ウディネーゼ 20:45 バルセロナ
D ベンフィカ 20:45 マンチェスターU
D ビジャレアル 20:45 リール
●グループステージ最終節 2005年12月06日の結果
E PSV 2-0 フェネルバフチェ
E ミラン 3-2 シャルケ
F オリンピアコス 2-1 レアル・マドリー
F リヨン 2-1 ローゼンボリ
G ベティス 0-1 アンデルレヒト
G チェルシー 0-0 リバプール
H アルトメディア 0-0 ポルト
H レンジャーズ 1-1 インテル
●国際サッカー連盟(FIFA)は6日、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の出場登録選手について、06年5月15日以降の所属クラブでの試合出場を禁止すると発表
●国際サッカー連盟(FIFA)は6日、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の優勝国賞金を2450万スイスフラン(約22億6000万円)とすると発表した
1次リーグは3試合で600万スイスフラン(約2億7750万円)。
1次リーグを突破すれば850万スイスフラン、8強入りで1150万スイスフラン、準決勝進出で2150万まで増額される。大会賞金総額は3億スイスフラン(約277億円)で、前回比約30%増となっている。
FIFAはまた、出場32チームに一律で準備金100万スイスフラン(約9250万円)を用意し、大会中の移動交通費、宿泊費なども一定額を支給すると発表
●G大阪の日本代表FW大黒将志(25)がフランスリーグ2部のグルノーブルに移籍することが6日、決定的となった
●チェルシーのモウリーニョ監督は「1位か2位かなんていうことは私には関係ない。ただ、今日の試合に勝てなかったのは悔しいね」
●リヴァプールのベニテス監督は「ほかのチームより勝ち点が上回ったのだから、我々がトップに相応しいということだ。無失点で終えられたし、カウンターからも何度かチャンスを作れた。いい試合ができたと思うよ」
●ミランのカカ「今週起こったすべてのことや、いろいろ言われたことに対してお祝いをしよう。難しいグループを突破することができた。いま僕らは、大事な(ミラノ)ダービーに向けて気合いが入っている」
●インテルのマンチーニ監督「親善試合のようにするわけにはいかなかった。選手たちはよくやってくれた。レンジャーズはグループリーグ突破がかかっており、われわれも恥ずかしいところは見せられなかった。アドリアーノとマルティンス? 良くなっているように見えた。ボールのバウンドがやや不運だった場面もあったし、相手は非常にアグレッシブだった」
●ミランのアンチェロッティ監督「強く望んでいた勝利を手にすることができた。1点差まで追い上げられた時には多少の不安がよぎったが、それをうまく抑え込むことができた。最後のガットゥーゾの行動?(ポウルセンの目の前で煽るような喜び方) 緊張感のせいだ……」
●アルベルティーニ引退会見時に「ミランとの別離は本当に辛いものだった。なぜそうなったのか今でも理解できないし、今後も分からないだろう」と胸中を明かした。また前イタリア代表監督トラパットーニ(現シュツットガルト監督)に対し「日韓W杯への召集を約束してくれていたのに…。彼は言っていることとやっている事がまったく違っていた」
来春に引退試合としてACミラン対バルセロナが最も思い入れの強いサン・シーロで予定
●ロビーニョの代理人であるリベイロ氏「フロレンティーノ・ペレス会長は誠実な人物だが、今のレアル危機の責任は彼にある。それはチームのバランスを見ればわかるはずだ。左サイドバックのロベルト・カルロスのバックアップ要員は誰もいない。そして右サイドバックは、クラシコでロナウジーニョに踊らされたサルガドと、力の足りないディオゴの2人。さらにはエルゲラとパボンというレアル・マドリーというビッグクラブに相応しくないセンターバック・・・。そんな選手たちを揃えておいて、ルシェンブルゴに責任があるか?こんな状態ではどの監督が来てもチーム作りは困難だ」
「スペイン人選手とブラジル人選手とでチームが2つに分かれている」と続け「エルゲラ、グティ、ラウルの3人とブラジル人選手たちの関係が良くない」と名指しでチーム内の不和を暴露した。「これがルシェンブルゴの仕事をやりにくくしていた大きな要因。彼にもロビーニョにも責任はない」
●負ければクビ!! ファーガソン監督が背水の陣。7日に行なわれるチャンピオンズ・リーグのグループリーグ最終戦。決勝トーナメント進出をかけ、ベンフィカと戦うマンチェスター・ユナイテッドだが、突破を確実にするには勝点3が必要な状況に陥っている。
●アッリーゴ・サッキの退団と共に、フェルナンド・イエロがレアル・マドリーに復帰することが確実になった
●レアル・マドリーのロペス・カロ暫定監督は、CLのオリンピアコス戦を終え「チームに意欲は見られたが、後半にミスを犯した」
「前半は良い出来だった。選手たちは強い気持ちをもって戦っていたし、ゴールチャンスもつくっていた。しかし後半にディフェンス面でのミスを突かれて失点した。悪い結果となったがそんなに悲観することはない」。
7日に初のチーム全体練習を控え「全ての選手がプロ精神をもって練習に取り組んでくれるはずだ」
●エミリオ・ブトラゲーニョ副会長は、アッリーゴ・サッキが年末にR・マドリーを退団することを嘆き、彼を「素晴らしいプロ精神を持った、最高の人格者だ」と評した
●先週、右ひざの前十時靱帯を断裂し手術を受けたチャビ・エルナンデスが、6日にバルセロナの病院を退院した
「今はどんな予想もしないよ。今は自分のことと自分の膝のことだけを考えて、一日でも早く復帰できるように医者にお願いするだけ。でも、今からW杯までには、まだ何ヶ月もあるからね」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.