FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/11/24UEFAチャンピオンズリーグ情報
●エミリオ・ブトラゲーニョ副会長と、テクニカル・ディレクターのアリゴ・サッキ氏が22日、バンデルレイ・ルシェンブルゴ監督と練習場で会議を行い、けが人の穴を埋めるため、1月の補強でチームを立て直すと明らかにした。
●バラックの代理人、R・マドリーとの接触を認める
●デンマーク代表監督であるモルテン・オルセンがR・マドリーにおけるグラベセンの起用についてルシェンブルゴ監督を批判した。
「エバートンでプレーしていた時にはまさに典型的な10番タイプのポジションでプレーしていて成功を収めたんだ。テクニックは優れているし、ゲームを組み立てる能力も持っている。それに相手にとって危険なパスが出せるんだからね」
●ユベントスのゼネラルマネジャー「カペッロがR・マドリー?そんなの繰り言以外の何でもないよ。最近よほど面白いニュースがないのだろう。だから、そんな在りもしないことを勝手に想像して作り始めているんだ」と完全否定
●バルサのロナウジーニョ「一日一日とチームは自信を掴んで来ているね。チームの目標達成に確かな手ごたえを感じているよ」「未だ僕らは何も獲得していない」
●リヨン戦、ホームの観衆からブーイングを浴びせられたレアル・マドリーのルシェンブルゴ監督は同点にされた直後にベッカムを交代し「彼らは何もわかっちゃいない」「ベッカムを代えたのは、彼が背中に痛みを感じていたからだ。観客がそのことを知らないのは当然だが、それでも私を非難するなら、今度はベッカムを死ぬまで使おう」
●ベティスはアンフィールドでリバプールに0-0で引き分け、欧州最高峰の大会に別れを告げることになった。UEFA杯にまわる。
●マンチェスター・ユナイテッドの試合後にはホームサポーターから「キーン」コールが響くなど、ファーガソン監督は窮地に追い込まれつつある。監督のコメント「ここ2年を振り返ってみれば、優勝チームは全く予想しなかった結果になっているじゃないか。私が思うに優勝はリヨンだ。彼らはビッグクラブに見劣りしない活躍をみせているからね」
●リバプールとチェルシーインテル・ミラノが新たに決勝トーナメント進出
●携帯電話サービス大手の英ボーダフォン・グループはファンからの要求でマンチェスター・ユナイテッドとの年間約900万ポンド(約18億4000万円)の4年契約を打ち切ることになった
●4ゴールを決めたシェフチェンコ「マルコに並ぶ4ゴール? 比べられてうれしい。4ゴールに到達するのは簡単なことじゃないけど、大事なのは勝ち点3ポイントだ。前半はちょっと苦しかったけど、後半のミランは良かった。少なくとも10回はチャンスがあったが、GKが良かった。いいプレーをしてくれたチームのみんなに感謝している」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.