FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2005/11/15UEFAチャンピオンズリーグ情報
・GKイーケル・カシージャス「僕達はドイツへの切符を絶対手に入れるよ。でも、気持ちの緩みにつながってしまうから、大差の勝利はあまり良いとはいえない。もちろん、2-1より5-1でアウェイで戦う方が良いに決っているけれどね」
・バルセロナのロナウジーニョはクラシコを前にして「結果の予想はやめておくよ。私たちの目標が勝利なのは明らかだけど、とても難しいことだ。だから、R・マドリーのような直接のライバルに勝つためには、すごく集中しないといけない」
・バルセロナのデコはクラシコを前にして「絶対私たちが勝つ。なぜなら、私たちの方が強いからだ」「私にとって、最高の瞬間がやってくる。練習はかなり積んでいるし、かなり成果はある。完ぺきな試合、完ぺきな瞬間にしてみせる」
「私たちにはR・マドリー同様、すばらしい選手がたくさんいる。R・マドリーには試合の局面を一瞬にして変えることのできる選手たちがいるが、バルサより上回っているという要素を見出すことはできない」
「R・マドリーにはホームのプライドもあるだろう。サポーターからの期待やクラブの歴史も背負っている。人生の全てをかけて戦ってくるだろう」
・バルセロナのライカールト監督「我々との対戦で、彼らのファンを納得させるような試合を行わなければならないR・マドリーには大きなプレッシャーがかかる。クラシコのような試合では90分間戦う姿勢を見せる必要があり、勇気や誇りといったメンタルの部分が重要になってくる」
「多くの人が我々を最高のチームと評価してくれているが、クラシコのような試合にはメンタル面が重要になってくる。些細なことで勝敗が左右されてしまうものだ。いつものようにしっかり準備し、いつもと同じメンタリティでピッチに立つことが何よりも大事だ」
「偉大なライバルとの対戦では、相手もベストメンバーでプレーする方が良い。選手達は勝利を目指して戦う時には、それが大きなモチベーションとなるものだ」
・バルサのラポルタ会長クラシコを前に「常に本命はホームで戦うチームだ」「レベルの均衡した2チームの対戦だ。バルサは、最大の尊敬と謙虚な気持ちでマドリードへ向かう。我々は、今まで通り試合に立ち向かい、すばらしい試合ができると思う」
・バレンシアは、冬の移籍市場で選手を放出する考えはないことを明らかにした
・レアル・マドリーがアーセナルの左SB(サイドバック)、アシュリー・コールに接近している
・ベティスのマヌエル・ルイス・デ・ロペラ会長はロレンソ・セラ・フェレール監督との契約について更新するよう交渉を始めた
・インテルのベロン「間違いなくロナウジーニョが候補だ。だが、エトーやランパード、テリーといった選手たちも気に入っている。イタリア人では? もちろんマルディーニだ。とはいえ、DFには不利だけどね。アドリアーノは何度もこの賞を獲れるかもしれないが、彼次第だ。十分に成熟しているが、もっとコンスタントにいいプレーができるようにして、今のように頑張って練習を続けていかなければならない」
・ブラジル代表監督パレイラは「イタリア代表のピルロ(26=ACミラン)は素晴らしい選手だ。最初に彼のことを誉めたリバウドに加え、カフー、カカ、エメルソンなどブラジル代表選手みんなが口を揃えて『ピルロは完璧な選手で往年のドゥンガのようだ』と言っている。確かに彼はFKをはじめ、イタリア代表にとって決定的な仕事ができるキーマンだ」と絶賛
・バイエルン・ミュンヘンのカールハインツ・ルンメニゲ会長は、クラブの株主総会の中で、「バラックへの契約延長オファーを取り下げる」
・MFランパードが試合後、アルゼンチン選手にユニホーム交換を断られ「どうやら向こうはユニホーム交換には乗り気じゃなかったみたいだね。もし両国にいがみ合いがあるとすれば、それはイングランドからじゃなくアルゼンチンの方からだと思う」
・ホセ・レイナの加入で出場機会に恵まれず、現状のままではW杯への出場が危ぶまれるリバプ-ルのポーランド代表GKイェルズィ・デュデクは、冬の移籍マーケットでの移籍を検討しているようだ
・ミランのシェフチェンコ、バロンドールは「僕ならパオロ(マルディーニ)に贈る。彼は偉大なキャプテンで、人間的にも素晴らしい」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.