UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/02UEFAサッカー情報
●2日に行われるレアル・マドリーとの“クラシコ”(伝統の一戦)を前に会見に臨んだバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、「この試合はリーグ優勝の行方を決める。駆け引きするつもりなどない」とコメントし、レアル・マドリー戦に全力で臨む意向を示した。過密スケジュールが試合に及ぼす影響について同監督は「疲労など存在しない。それは精神的なものにすぎない」と疲労の蓄積はないことを断言した。とはいえ、「リーグ優勝に向けた計算はレアル・マドリー戦が終わってからだ」とあくまで慎重な姿勢を崩さなかった。一方、レアル・マドリー戦で主力選手のうち数人を温存するかどうかについては、まだ決断を下していないようだ。「正直、まだどうするか決めていない。当日に決断することになるだろう。いずれにしても、チームにとってベストの選択をするつもりだ」
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、2日に控えたバルセロナとの“クラシコ”(伝統の一戦)を前に記者会見に応じた。まず、両チームのプレースタイルの違いについて質問されたラモス監督は、次のように述べた。「われわれがバルサをぴったりとマークしていることから分かるように、レアル・マドリーのこれまでの戦い方が悪いとは言えない。レアル・マドリーほどのチームがこれだけ勝ち点を稼いでいるのに首位になれないのは、バルサも正しいやり方で戦っているということだ。バルサもレアル・マドリーも最高のレベルで戦っている。われわれはこれからも粘り強く戦い抜くつもりだ」また、ラモス監督はバルセロナ戦の重要性をこう強調した。「バルサ戦はわれわれにとって最も大事な一戦だ。直近の試合ということもあるが、もし勝てなければリーガ優勝は非常に難しくなる。後がないわれわれは、残り試合のすべてに勝つしかない」
●元R・マドリー監督のシュスター氏が2日行われるR・マドリー対バルサ戦の予想をしている。シュスター氏はR・マドリー監督としても周囲を騒がすコメントを連発していたが、このクラシコ予想でも次のように語った。「みんなメキシコで発生した豚インフルエンザに驚いているが、バルセロナにはもう一つのインフルエンザがある。それは“マドリー病”だ。私が選手時代からそれは存在していた」とシュスター氏は言う。シュスター氏が言う“マドリー病”の意味は、「なんで“マドリー病”かって?それはR・マドリーだけがバルサと戦える唯一のチームだからだ」としている。なかなか面白いコメントだが、今の両チームの力関係を考えると少し大げさな発言にも聞こえる。クラシコの試合予想は、「両チームとも苦しい戦いを強いられるだろう。たくさんの要素がある特別な試合だからね。両チームとも気を抜くことができないし、結果は大差にはならないだろう」と締めくくった。シュスター氏が言う“マドリー病”がどのくらいバルサに影響するだろうか。
●英『デイリー・ミラー』紙によると、レアル・マドリーのアリエン・ロッベンがマンチェスター・シティ(マンC)に移籍し、イングランド・プレミアリーグ復帰を果たす可能性があると伝えた。同紙によると、マンCはロッベン獲得のために1800万ポンド(約26億6400万円)のオファーを用意しているようだ。また、インテルも同選手獲得を目指しているとしているが、レアル・マドリーとインテルのジョゼ・モリーニョ監督の関係が良くないことから、マンCにアドバンテージがあると推測している。
●リーガ・エスパニョーラ第34節の見どころは、何と言っても2日にサンチャゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとバルセロナの“クラシコ”(伝統の一戦)だろう。データの上では、同スタジアムで行われた過去78回の“クラシコ”のうち、レアル・マドリーは50試合で勝利しており、バルセロナに軍配が上がったのはわずか14回とレアル・マドリー有利となっている。だが、今シーズンのバルセロナは世界でもトップクラスの選手を擁し、シーズンを通して素晴らしいサッカーを披露しており、プレーの内容ではバルセロナがレアル・マドリーを上回っているのも事実だ。
●マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンドは29日のCLアーセナル戦のファーストレグで負傷退場したが、来週のセカンドレグには間に合いそうだという。
●イングランド代表FWジャーメイン・デフォーは1日、腹違いの兄の死による衝撃を語ると同時に、今週からトッテナムの試合に復帰すると明かした。
●イングランドでは、アーセナルのGKマヌエル・アルムニアの同国代表入りの話題がここに来て再燃しているようだ。4月29日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの第1戦でも好セーブを連発し、あらためて実力を知らしめたこのスペイン人GKは、イングランドに来て丸5年を迎える7月14日にも英国国籍の申請が可能となるため、「カペッロ監督はアルムニアをイングランド代表に招集するべきか?」といった議論が再び巻き起こっている。トッテナムのハリー・レドナップ監督は外国で生まれた選手のイングランド代表選出に難色を示した。
●マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス(25歳)が、これまでになくはっきりとこの夏の移籍希望を明らかにした。今季末で2年間の期限付き契約期間が切れるテベスについて、アレックス・ファーガソン監督は残留を強く希望していると話している。
●ウェストハムのジャンフランコ・ゾラ監督が、GKロバート・グリーンをイングランド代表正GKに推薦した。プレミアリーグの指揮官として1年目のシーズンを送るゾラは、グリーンのプレーを高く評価している。「彼はうちのキープレーヤーの1人で、すばらしい活躍をしている。シーズン序盤は少し問題を抱えていたが、その後彼は変わり、レベルアップを果たした。彼がイングランド代表でプレーするのなら、代表にとって非常に優秀なキーパーになるだろうね」
●あとは公式発表を待つだけになった。インテルとの契約を解消したFWアドリアーノの新天地がフラメンゴに決定したようだ。フラメンゴのデライール・ドゥンブロスク会長が「Uol Deporte」のインタビューで明かした。「あとは契約書にサインするだけだ。アドリアーノの意思に沿って、契約交渉を進めてきた。彼は9年ぶりにフラメンゴに戻ってくることになるだろう。契約は1年で、来年の夏までとなる」
●ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、「Radio Kiss Kiss」のインタビューに応え、サポーターに主力選手の残留を誓った。「ハムシクとラベッシ? 彼らを売るつもりはないから、マーケットには出していない。このことはあらためて強調しておきたい。他の多くの選手を買えるような巨額のオファーが届くこともないだろう」
●南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯に出場しているメキシコの2チームが1日、新型インフルエンザの影響で開催できなくなったホームゲームの代替開催の候補地だったコロンビアとチリから受け入れを拒否された。メキシコの2チームは16強に残っているが、ホームゲームの試合日程は未定。南米サッカー連盟は、アウェーでの試合を終えるまで判断を留保すると発表した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/15
(火) 18:14:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。