UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/01UEFAサッカー情報
●バルセロナのストライカー、サミュエル・エトーが「自分の将来はバルセロナにある」と主張、今シーズンの終わりに契約延長についてクラブと話し合うつもりだとアピールした。あと1年間バルセロナとの契約が残っているものの、このカメルーン代表が夏にマンチェスター・シティに移籍するのではないかとの憶測がまことしやかに囁かれている。
●CL準決勝第1レグ、対チェルシー戦を終え、リーガに戻りベルナベウで行われるR・マドリーとの“クラシコ”を迎えるバルサ。今シーズン魅力的なフットボールを演じているがイニエスタはディフェンス重視で来るいくつかのチームに嫌気がさしている様子だ。「バルサに勝つための戦略は足を蹴るってことみたいだね。片方のチームがフットボールをしたくても、もう一方がディフェンス重視だと試合は難しくなる。そういう試合も攻略しないといけないんだけど・・最近はフットボールをしようとするチームよりも違うタイプのフットボールの方が称賛されるみたいだ」とイニエスタは語る。チェルシー戦を振り返ったコメントだが、守備を固めた相手はとにかくバルサの攻撃阻止に専念していた。対R・マドリー戦も力関係からして、R・マドリーがホームで戦いながらも守備重視になる可能性はあるが、クラシコについてイニエスタは、「ベルナベウで勝てばかなり優勝の可能性が高くなる。R・マドリーはこの試合に勝つしかない。今のところはポイントを重ねているが、勝ち点4差で2位。このままの状態が続くようにしたい」と語る。
●レアル・マドリーのファビオ・カンナバーロは『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙とのインタビューで、「代理人に解決策を見つけるよう頼んだ。レアル・マドリーの対応を待つという可能性もあったが、クラブは僕の将来について『会長選挙の結果が出るのを待たなければならない、そして他クラブからのオファーも考慮しなければならない』と、以前と異なることを言ってきた。それに、今さら新しいクラブでゼロから始めるのは嫌だから、マンチェスター・シティ(マンC)とバイエルン・ミュンヘンからのオファーを断った。来年はワールドカップもあるので、落ち着いた環境でプレーできるところを探したい」
●バルセロナのFWサミュエル・エトーは、2日にサンチャゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”(伝統の一戦)を前に、地元テレビ局TV3の番組『オーラQ』の中で、「レアル・マドリーの運命はこの一戦に懸かっている」とコメントし、ライバルにプレッシャーをかけた。「レアル・マドリーにとってはクラシコが最後のチャンスとなるが、バルサにしてみればレアル・マドリー戦の結果によって運命が決まるわけではない。結果がどうであれ、僕たちは首位をキープするのだから、プレッシャーは全くない」
●イタリア代表のマルチェロ・リッピ監督(61歳)が、かつて2度采配を振るったユヴェントスへの復帰説を否定した。
●アーセナルのDFミカエル・シルヴェストルとFWエドゥアルドが共にそけい部を負傷して戦線を離脱、5月2日のポーツマス戦を欠場することが決定した。来週のミッドウィークに行われるCL準決勝セカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦にも間に合わない可能性があるという。アーセン・ヴェンゲル監督は、「残念なことにエドゥアルドは再びそけい部を痛めてしまった。リオ・ファーディナンドが彼の上に落下した際にアクシデントが起きてしまった。膝から足の付け根にかけて、少し繊維が剥がれてしまったようだ。シルヴェストルも同様に足の付け根を負傷している」と説明している。
●クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督が、来シーズンからチェルシーの監督に就任するという報道を否定した。現在チェルシーでも指揮を執るフース・ヒディンク監督は、最優先事項であるロシア代表監督に専念することを理由に、“チェルシーとの契約は今シーズン限り”と念押ししてある。
●ウディネーゼのFWファビオ・クアリアレッラが、自身の将来について「ビッグクラブからオファーが届いたら、自分にとって重要なチャンスになるだろう」語った。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が笑顔を見せた。というのもユベントス戦で太ももを負傷したMFスレイ・ムンタリが、当初の予定よりも早く戦列に復帰することが分かったからだ。
●33節のインテル戦で左太ももを故障したナポリのFWエセキエル・ラベッシは、検査の結果、全治20日との診断を受けた。ラベッシは15日後に患部の再検査を受け、その後に復帰時期を決めるという。
●UEFAカップは30日、各地で準決勝第1戦の2試合を行い、ハンブルガーSVはブレーメンの本拠に乗り込んだドイツ勢対決に1-0で先勝した。ウクライナ勢同士の顔合わせとなったディナモ・キエフ-シャフタル・ドネツクは1-1で引き分けた。第2戦はいずれも5月7日に行われる。
●サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)と2部リーグ(同B)で構成するイタリア・プロリーグは30日、1部が2部と分離し、別組織となる決議を下したと発表した。
●ウォルフスブルクのマガト監督が、来季からシャルケを指揮する可能性があることが30日、分かった。独大衆紙ビルト(電子版)は、同監督がシャルケと就任で合意したと伝え、同国の複数のメディアも同様に報じている。
●イスラエルのマッカビ・ネタニヤを率いるローター・マテウス監督が、今シーズン限りで同クラブを退団することを発表した。
●イタリアの『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙によると、今季カタールのアル・サードからラツィオに期限付き移籍しているアルゼンチン人FWマウロ・サラテが、ラツィオと2014年までの契約を結ぶことで合意に達したようだ。同選手には、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリーなども興味を示していた。
●イタリア・オリンピック委員会(CONI)のスポーツ上級裁判所は、4月18日にユベントスのホームで行われたインテルとの試合で、ユベントスの一部のサポーターがインテルのマリオ・バロテッリに対して人種差別的な野次(やじ)を飛ばした件で、同クラブに対して下されたホームでの1試合の無観客試合の処分を取り消すことを発表した。
●将来を嘱望されている若手ナイジェリア人MFジョン・オビ・ミケルは、どうやら今後もチェルシーでプレーを続ける可能性が高いようだ。最近、多くのクラブが獲得に動き出していると報じられていたが、この度、同選手の代理人ジョン・シトゥ氏が、これらのうわさをきっぱりと否定した。
●ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンは、4月27日に解任されたユルゲン・クリンスマン前監督の後任として、今季オランダリーグを制覇したAZのルイス・ファン・ハール監督の就任を検討しているようだ。
●ベルダー・ブレーメンに所属するブラジル人MFジエゴが今シーズン終了後にユベントスへ移籍する可能性が高まっている。以前よりドイツから出たがっていたジエゴだが、次の居住地はイタリアのトリノになるかもしれない。
●イタリアの『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙によると、インテルは来季に向けてバイエルン・ミュンヘンに所属するフランク・リベリーの獲得を狙っているとのことだ。インテルのマッシモ・モラッティ会長はまた、リベリーだけでなくジェノアのディエゴ・ミリートもチームに加え、ズラタン・イブラヒモビッチとの強力な攻撃陣を編成しようと考えているという。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うぉ!
これとかどうよ?
http://cham-news.net/00/g7ljj44/
2009/05/01
(金) 21:30:34 | URL | FF456 #nmGJAXj2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。