UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/29UEFAサッカー情報
●カンプ・ノウで行われたCL準決勝第1戦のバルセロナ対チェルシーは、バルセロナが圧倒的に攻め込みながら決定打を欠いて0-0で引き分けた。決着は第2戦に持ち越されたわけだが、バルサは間にレアル・マドリーとのクラシコも控えており、消耗が懸念される。また、ホームでどう戦い方を変えてくるのか、ヒディンク監督の采配にも注目だ。
●バルセロナのペッペ・グアルディオラ監督は、0-0で引き分けたチェルシー戦後に行われた記者会見で、試合の笛を吹いたドイツ人のヴォルフガンク・シュタルク主審を批判した。シュタルク主審は、カルレス・プジョルとヤヤ・トゥレにイエローカードを出し、プジョルは来週のCLセカンドレグは累積で出場停止となった。グアルディオラ監督は、アンドレス・イニエスタへレートタックルした、チェルシーのミヒャエル・バラックを退場処分にするべきだったと主張する。「ただファウルを繰り返すチームの警告数とつじつまを合わせるためだけに、ちゃんとプレーしているチームにカードを出すのは許されないことだ」「バラックのファウルはあきれたものだよ。アンドレアスはゴール目指してペナルティエリアに向かっていたんだ。あれは明らかに2枚目のイエローカードとなるべきだ」
●バルセロナのメキシコ代表DFラファエル・マルケス(30歳)は、0-0で引き分けたCL準決勝ファーストレグのチェルシー戦で負傷し途中退場したが、29日午前に行われた検査の結果、左膝の手術が必要なことがわかった。バルサのメディカルチームによると、マルケスは膝の外側と内側の半月板を損傷しており、土曜日に内視鏡手術を受けることになった。これにより8~10週間の離脱となりそうで、バルサはシーズン終盤をベテランDF抜きで戦うことを余儀なくされた。
●バルセロナのサムエル・エトオのマンチェスター・シティ移籍が現実味を帯びてきた。英BBCはバルセロナとシティの幹部が、4月27日月曜日に移籍に関する会談を持ったと報道。接触を図っただけとし、移籍に関する具体的な進展があったとは報じていないが、可能性は高まったとしている。
●マルセイユのエリック・ゲレツ監督は28日、今季限りでの退任をチームに伝えて、選手たちを驚かせた。マルセイユは現在、リーグアンで首位に立っている。今季末で契約の切れるベルギー人監督は2007年9月に監督に就任し、ようやく今季は7連覇中のリヨンをチャンピオンの座から引きずり下ろすチャンスを得ている。
●プレミアリーグでトップクラスの審判であるハワード・ウェブ主審が、先週末のマンチェスター・ユナイテッド対トッテナム戦で、ユナイテッドにPKを与えたのは間違いだったと認めた。
●CL準決勝マンチェスター対アーセナル戦前日の記者会見で、ファーガソン監督は「1-0で勝ちたい」と明言している。ファーガソンは「どちらのチームもホームで失点しないことに細心の注意を払うはずだ。とにかく失点をしないことが鍵となる。1-0で勝って第2戦のエミレーツへ迎えればいい」とコメント。
●FWアンドリー・シェフチェンコが、来シーズンもミランに残るのは難しそうだ。代理人のファビオ・パリージ氏が、「calciomercato.it」のインタビューに応えた。「シェフチェンコはチェルシーからミランにレンタル移籍中だ。だからシーズン後にはロンドンへ戻ることになるだろう。正直言って、ミランが彼を買い取るとは思えない。アンチェロッティや他のチームメイトとの関係は分からないが、唯一の問題は、彼がレンタルの身ということ。規則に従えば、シーズン終了後にはチェルシーに戻ることになる。ミランが買い取るのか、それともロンドンへと返すのかは様子を見てみよう」
●コリンチャンスのFWロナウドは、数え切れないほどの復活を、母国ブラジルで果たした。4月26日、サントスのホームに乗り込んだコリンチャンスは、2ゴールを決めたロナウドの活躍もあって、3-1で勝利。サンパウロ州選手権の上位4チームで争われる決勝トーナメント、対サントス戦の第1レグをアウェーながらモノにしている
●インテルと契約を解除したFWアドリアーノの新天地は、フラメンゴになりそうだ。アドリアーノが「globoesporte.com」のインタビューに答えた。「もしプレーを再開させるなら、フラメンゴになるだろう」
●「過ちを犯してしまい、とても申し訳なく思っている。ザンパリーニ会長をはじめ、チームメイトやサポーターに謝罪したい」先日、ドーピング検査でコカインの陽性反応が出たパレルモのDFモリス・カロッツィエーリは、クラブの公式ホームページ上で謝罪した。
●パルマのトンマーゾ・ギラルディ会長は「Radio Kiss Kiss」の取材に応じ、ミランと共同で保有しているイタリアU-21代表のFWアルベルト・パロスキを、来シーズンもクラブに残したいと話した。「ミランと共同保有しているパロスキを、来シーズンもチームに残したい。彼にとっても、パルマに残ってプレーしたほうが、より成長できるだろう。来シーズンは慣れているパルマでセリエAを戦ったほうが、余計なプレッシャーを感じずにプレーできるはずだ」
●マンUは7月18日にマレーシアのクアラルンプールでマレーシア選抜と最初の試合を行った後、韓国のソウル、インドネシアのジャカルタと移動してそれぞれ1試合ずつを行い、7月26日に中国の杭州で中国一部リーグの浙江緑城と最終試合を行いツアーを締めくくるという。
●クリンスマン監督の後任として今シーズン末までバイエルン・ミュンヘンの指揮を執るユップ・ハインケス新監督は就任にあたり、最悪でも来シーズンの欧州チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指した上で、「選手に自信を取り戻させなければならない」との考えを示した。
●イングランド・プレミアリーグ、リバプールのラファエル・ベニテス監督は地元メディアに対し、この夏の戦力補強に必要な資金を捻出(ねんしゅつ)するため、クラブは何人かの選手を売却する必要があること語った。「戦力補強のための選手獲得のためには、何人かの選手を売却して手持ちの資金を増やさなければならない。今の時点では、選手の名前や資金の額については話してはいないがね」
●バルセロナとの欧州チャンピオンズリーグ準決勝、第1戦を0-0の引き分けで終えたチェルシーのフース・ヒディンク監督は、アウエー戦での引き分けに満足の意を示しながらも、2戦目に向けて「勝負はまだ互角だ」と気を引き締めた。「われわれは効果的に試合を進めた。状況は少し良くなるとはいえ、次の試合がわれわれに有利だということは全くない。まだ何も決まっていない」
●ベルギーの新聞は、「4月27日、KBVB(ベルギーサッカー協会)は、ディック・アドフォカートとオランダ国内のレストランで、3時間以上にわたり話し合いを持った」と報道した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。