UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/28UEFAサッカー情報
●またもや逆転勝利、しかもキャプテンのラウルがハットトリック。R・マドリーの奇跡的とも言える躍進が続いている。前節のヘタフェ戦ではペペの退場処分などネガティブな面もあったが何といってもイグアインのだめ押し段が印象的だった。
●ヘタフェは、ビクトル・ムニョス監督の解任を発表した。同チームは、現在2部降格圏内からわずか1ポイントの17位と低迷しており、シーズン終了まで残り5試合の状況で指揮官交代に踏み切った。「就任当初からチームには逆風が吹いていた。頭の中で描いていた改善策を実現させるだけの時間が足りなかった。もう1試合の猶予が欲しかったが、もはやそのような状況にないため、解任の運びとなってしまった。とはいえ、ここまでわたしのことを信頼して留任してくれたトーレス会長には感謝したい。また、選手たちはプロフェッショナルとしての態度を示してくれた。彼らとはここでお別れとなるが、『チームの命運は君たちの手にかかっている』と伝えてある。がけっぷちに立たされているが、1部残留の可能性は十分にある」
●ヘタフェは27日に解任したビクトル・ムニョス監督の後任として“ミチェル”の愛称で知られる、レアル・マドリーのBチーム前監督のホセ・ミゲル・ゴンサレス氏に、今シーズン終了までの残り5試合を託すことを決定したようだ。
●26日に行われたセビージャとのリーグ戦で、自身のハットトリックによりチームを勝利に導き(4-2)、その前日にバレンシアと引き分けたバルセロナとの勝ち点差を縮めることに成功したレアル・マドリーの主将ラウル・ゴンサレスが、今週末に行われるバルセロナとの頂上対決となる“クラシコ”(伝統の一戦)に向け、決意を語った。「(バルセロナとの)差を詰めるチャンスがあることは分かっていたし、僕たちはそれをうまく生かした。だが、まだ優位にいるのはバルセロナの方だ。彼らはリーグタイトルをほぼ手中に収めている。僕たちは何とか彼らのリズムについていかなければならない。1試合1試合をこなしながら、僕らがどこまで迫ることができるか見てみよう」
●28日のチャンピオンズリーグ準決勝第1戦でホームにチェルシーを迎えるバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、この一戦に懸ける強い決意を口にした。「このような極限状況の試合では、選手たちは限界まで力を出し切らなければならないし、勇敢でなくてはならない。もし、これを肝に銘じていない者がいたなら、結果はどうなるか分からない。この試合には全力で立ち向かう。チェルシーは相当に手ごわい相手だが、だからといってわれわれには“よそ行き”のサッカーをすることなどできない」
●セリエAでトップを走るインテルが、セビージャのフランス代表センターバック、ジュリアン・エスキュデ(29歳)に興味を示しているようだ。
●26日のミドルズブラ戦で2ゴールを決めたアーセナル主将セスク・ファブレガス(21歳)が、アーセン・ヴェンゲル監督が導入した新しいフォーメーション4-2-3-1について語った。、「僕にとって新しいポジションだけど、大分馴染んできたよ。ゴールを決めることにも少しずつ慣れてきたし、(得点した時は)気分だっていい。でも僕にとって一番大切なのは、アシストをして、チームのために自分の仕事をすることだ」
●27日に行われたプレミアリーグの試合で、ニューカッスルがホームでポーツマスと0-0で引き分け、降格にまた一歩近づいてしまった。ニューカッスルはオーウェン、ヴィドゥカ、マーティンスの3トップを起用したが、3人が3人ともチャンスに決めきれず、最後までゴールを奪うことはできなかった。
●北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)は27日、豚インフルエンザが発生したメキシコで行われているU-17選手権大会の残り試合を中止にした。
●ベルギーの国営テレビ局RTBFによると、元フランス代表のストライカー、ジャン=ピエール・パパン氏が27日、今月初めから空席になっているベルギー代表監督の候補に名乗り上げた模様だ。
●リーグ・アン残り5試合の時点で、2位ボルドーに5差(ただしボルドーは第33節を29日に行なう)、3位リヨンに6差をつけ、16年ぶりのリーグ優勝が現実味を帯びてきたマルセイユ。しかしここへ来て、チームの心理状態にマイナスの影響を与えそうな事態が起こっている。マルセイユ躍進の最大の殊勲者ともいえるエリック・ゲレツ監督の去就問題だ。
●マンチーニの代理人のジョルジョ・デ・ジョルジス氏は、「クリンスマンが解任されたからといって、マンチーニのバイエルン行きの道が開かれたというわけではない。すでにバイエルンは新監督を見つけている。もしユーベからオファーが来たら、検討することになるだろう。サンプ? そんな話はない」と話した。
●ナポリのFWエセキエル・ラベッシが、数試合の欠場を余儀なくされそうだ。アルゼンチン代表FWは、26日のインテルの試合で古傷の左大腿二頭筋を損傷。
●国際サッカー連盟(FIFA)は27日、ワールドカップ(W杯)予選を担当する審判員らに、会場の安全が確保されるまで試合開始を遅らせる権限を与えると発表した。
●27日にユルゲン・クリンスマン監督を解任したバイエルン・ミュンヘンは、同時にBチームであるバイエルンII(ブンデスリーガ3部)の監督に、元ドイツ代表でバイエルンでも活躍したメーメット・ショルの就任を発表した。
●バイエルン・ミュンヘンは27日、成績不振を理由にユルゲン・クリンスマン監督の解任を発表した。後任には元バイエルン監督のユップ・ハインケスが就任し、今シーズン末まで指揮を執る。
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、若手ブラジル人DFのラファエル・ダ・シウバと2013年までの契約延長を行ったことを発表した。現在18歳のラファエルは、ブラジルのフルミネンセから移籍を果たした今シーズン、早くもトップチームに定着。リーグ戦では、これまで13試合に出場し、昨年11月8日のアーセナル戦では初ゴールも決めている。
●毎年PFA(イングランド・プロサッカー協会)が選出するプレミアリーグ年間最優秀選手に、リオ・ファーディナンド、スティーブン・ジェラードらを抑えて、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のベテランMFライアン・ギグスが選ばれた。年間最優秀選手に選ばれたウェールズ人は、1991年当時、同じマンUでプレーしていたFWマーク・ヒューズ以来、2人目となった。
●27日に解任されたドイツ・ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンのユルゲン・クリンスマン前監督は、AP通信に対し短いコメントを寄せ、「失望している」との心情を明かしながらも、将来を見据えたチーム作りに寄与したとの自負も示した。「当然ながら解任には失望しているが、われわれは将来のバイエルンの基盤を築くことができたと思っている」
●チェルシーのフース・ヒディンク監督は、チャンピオンズリーグ準決勝第1戦のバルセロナ戦を前に記者会見に応じ、バルセロナについて十分研究しており、ぶざまな試合を見せることはないとの自信を見せた。「バルセロナはバイエルン戦の時のように、われわれを驚かせることはできないだろう。わたしはバルセロナをかなり研究しているからね。(バイエルンの)二の舞いを防ぐためには、集中力を高めて試合に入る必要がある」
●スカパーJSAT株式会社(以下、スカパー!)は28日、東京都内で記者発表会を開き、2009-10年シーズンから2011-12年シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL/来季、UEFAカップから改編)の日本国内独占放送権を取得したことを発表した。スカパー!はこれまでもCLを放送してきたが、09-10シーズンから3シーズンにわたって、日本国内でのテレビ放送権、およびIP権(ビデオ・オン・デマンド権およびライブ配信権)、モバイル権の独占放送権を取得。さらにCLに加え、来季からELも放送する。また、CLの予選となるプレーオフ、UEFAスーパーカップの試合も放送する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。