UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/27UEFAサッカー情報
●26日に行われたスペインリーグの試合で、2位レアル・マドリーがアウェイで3位のセビージャと対戦。ラウルのハットトリックで、マドリーが4-2で勝利し、バルセロナとの勝ち点差を4ポイントに縮めることに成功。今週末のエル・クラシコに向けて大きな勝利となった。
●すでに来季の選手獲得候補リストを作成中のフロレンティーノ・ペレス氏。R・マドリー復活とサポーターの信頼を取り戻す大改革が必要とされる。その中でもビックネームの獲得は大きなインパクトを与えられる重要な項目となる。カカとC・ロナウドの獲得についてはもう数シーズン前から囁かれているが、Sport紙はペレス氏がイニエスタ獲得に興味を示していると伝えた。今シーズン、バルサで大活躍をしているイニエスタ。一部ではメッシよりも上という声も聞こえるほどプレーに磨きがかかった感がある。
●26日に行われたプレミアリーグの試合で、アーセナルがミドルズブラに2-0と快勝。ミッドウィークのマンチェスター・ユナイテッドとのCL準決勝に弾みを付けた。
●26日に行われたブンデスリーガの試合で、首位のヴォルフスブルクが残留争い中のエネルヒー・コットブスに0-2で敗れる波乱があった。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、経済危機と50%という英国の新税率がプレミアリーグから外国人選手を遠ざけることになるだろうと話した。
●セリエA第33節の8試合が26日に行われ、首位インテルがナポリに0-1で敗れた。
●リーグアン第33節の8試合が26日に開催され、首位マルセイユがリールに逆転勝ちした。2-1で勝利。勝ち点を67に伸ばし、この日ゲームのなかった2位ボルドーとの差を5ポイントに広げた。3位リヨンとの差は6ポイントとなっている。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は、0-1で敗れたナポリ戦を落ち着きながら振り返った。「スコアレスドローの試合だったが、このような結果になってしまった。しかし2位とは7ポイント差だから、スクデットを獲得するには残り5試合で3勝すればいい」
●インテルに1-0で勝利したナポリ。それでもナポリの指揮官、ロベルト・ドナドーニは熱狂するサポーターとは対象的に、冷静にメディアの質問に答えた。「首位のチームを相手から勝利を奪ったから、サポーターは喜んでいるだろう。インテルのようなビッグクラブから刺激を受けるのは、難しい作業ではない。しかし大事なのは、これを継続させることだ。そうすることによって、チームは成長する。インテルに勝ったからといって、われわれの問題がすべて解決することはないし、いままでのミスが帳消しになることはない。」
●「この勝利は、自分にとって大きなモチベーションになる。これからナポリの順位が上がるのか下がるのかは、自分たちの手にかかっている」インテル戦で決勝ゴールを決めたのは、途中出場のFWマルセロ・サラジェタだった。
●チェルシーのジュリアーノ・ベレッチは、28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝での古巣バルセロナとの対戦を前にインタビューに応じ、「個人技が試合を左右する」との見解を示した。「今回の対戦では、個人技が試合を決めるだろう。バルセロナではメッシ、エトー、アンリがプレーし、チェルシーにはドログバ、アネルカ、マルーダがいる。僕たちは空中戦に非常に強く、セットプレーでの強さも際立っている。こういった試合では、個人技によるワンプレーが試合を左右することも少なくない」
●相馬崇人の所属するポルトガル1部リーグのマリティモは26日、アウエーで第26節のベンフィカ戦に臨み、2-3で敗れた。相馬は後半37分から途中出場した。
●バイエルン・ミュンヘンは27日、クリンスマン監督の解任を発表した。同監督は今季から指揮を執っているが、ここまでリーグ3位。欧州チャンピオンズリーグ(CL)も準々決勝で敗退した。ユップ・ハインケス氏が今季終了まで監督を務める。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。