UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/25UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーは24日、ヘタフェ戦で退場処分となったペペが、10試合の出場停止処分になったと発表した。スペインサッカー連盟の規律委員会が処分を下した。ポルトガル代表DFは、来週のバルセロナとのクラシコはもちろん、今季の残りのリーグ戦6試合に出場できなくなった。レアル・マドリーの選手が10試合の出場停止処分を受けるのは史上初めて。
●ベティスでプレーするブラジル出身のトルコ代表MFメフメト・アウレリオは、ひざの故障により今季中の復帰が絶望的となった。チームドクターが明らかにしたところでは、ひざに違和感を訴えていた同選手は、22日のバレンシア戦後にさらに症状を悪化させたという。
●アルゼンチンの『オイ』紙によると、レアル・マドリーは数週間前から今季のクラウスラ(後期リーグ)を最後にヒムナシア・ラ・プラタとの契約が終了する24歳のMFイグナシオ・ピアッティの獲得に興味を示しているという。
●インテルのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチにとって、イタリア、セリエAでの周期は終わりに近づいているようだ。ユーロスポーツとのインタビューに応じた同選手は「何か新しい挑戦が必要だ」と語り、特にリーガ・エスパニョーラでのプレーを希望していることを明らかにした。「インテルとはまだ契約もあり、ここには満足している。しかし同時に、イタリアではもう5年もプレーしており、何か新しい挑戦が必要だと感じている。僕はテクニカルなサッカーが好きだし、僕のスタイルにはスペインが合っていると思う」
●スペイン1部リーグ20チームの昨年6月末時点での負債総額が35億ユーロ(約4500億円)に上ったことが24日、分かった。ロイター通信がバルセロナを拠点とする会計専門家の調査結果として報じた。 一年前の調査との比較では、負債が約6億6000万ユーロ(約850億円)拡大し、レアル・マドリードの5億6300万ユーロ(約725億円)を筆頭に、アトレチコ・マドリード5億1100万ユーロ、バレンシア5億200万ユーロ、バルセロナ4億3800万ユーロと続いている。
●インテルは24日、ブラジル代表FWアドリアーノ(27歳)の契約を解消したと発表した。「2009年4月1日をもって、両者合意の上で契約解消となったことを発表する。今朝、イタリアサッカーリーグの事務所に書類を提出した。所属した8年間で74得点を決めたアドリアーノに感謝する」とクラブは発表した。
●イングランドサッカー協会は24日、ロンドンのウェンブリースタジアムのピッチを張り替えることにしたと発表した。FAカップ準決勝を戦ったマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督やアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督から、ピッチに関して不満が続出していた。
●24日にフランスリーグアンの1試合が行われ、リヨンのリーグ8連覇の夢がますます遠のいた。リヨンは、こちらも優勝を目指すパリ・サンジェルマンとホームで対戦し、0-0で引き分けた。今季のリヨンはホームゲームが悩みの種で、最近12試合ではわずか3勝しかしていない。これでリヨンは3位のまま。1試合消化の少ない首位マルセイユとは3ポイント差となった。
●24日に行われたブンデスリーガの試合で、ヘルタ・ベルリンがホッフェンハイムを1-0で下し、勝ち点を55に伸ばして暫定で2位に浮上した。
●インテルのFWズラタン・イブラヒモビッチが、英TV局British Eurosportsのインタビューで、移籍宣言とも取れる発言をして注目を集めている。「何か新しいことに挑戦したい。インテルには満足しているけど、もうイタリアには5年もいるし僕には新たな挑戦が必要だ。イタリアでは何もかも勝ち取ったし、多くのことを学んだ。ただ、人生においては何か別のことを試さなければならない瞬間というものがあるんだ。僕が昔、アヤックスにいた頃のようにね」
●アドリアーノとインテルの契約解除に使用された書類のインクが乾ききる前に、あるクラブがアドリアーノにラブコールを送った。それはプロデビューを果たした地元のフラメンゴだ。フラメンゴのデライール・ドゥンブロスク副会長は、アドリアーノの獲得希望を表明している。
●イングランドのメディアは、ミランがデイビッド・ベッカムの期限付き移籍期間を延長するため、すでにロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)と交渉を行っている可能性があると報じた。この報道によると、ミランはベッカムとの契約延長のために、800万ユーロ(約10億2400万円)近くの金額を支払う用意があるという。
●アドリアーノの代理人を務める元ブラジル代表GKのジウマール・リナルディ氏「契約解除には本来2億ユーロ(約256億円)の罰金が必要だった。だが、インテルの経営陣と相談した結果、今回の合意に達することとなった。よって、誰にも一切の支払いは生じず、自由契約となったアドリアーノはいかなるクラブとも交渉が可能になった。これにはイタリアのクラブも含まれる。とはいえ、彼はヨーロッパでプレーすることを想定しているものの、イタリアでのプレーは考えていない。あの国ではメディアとの関係も含め、疲弊し切っているからだ。彼は現在、コンディション維持のためにリオ・デ・ジャネイロで自費による練習を続けている」
●アーセナルのトーマシュ・ロシツキの代理人パベル・パスカ氏がチェコのメディアに語ったところによると、現在リハビリ中の同選手が今季中の復帰を断念したようだ。
●FA(イングランド・サッカー協会)は、“不適切なふるまい”を理由に、アーセナルの主将セスク・ファブレガスを提訴した。これによると、3月17日に行われたFAカップ準々決勝のハル・シティ戦(アーセナルが2-1で勝利)で、セスクが相手チームのアシスタントコーチに向かってつばを吐き、またこの試合に招集されていないにもかかわらずピッチに侵入したという2つの点について、“不適切なふるまい”と判断された。
●英紙『ザ・タイムズ』によると、先日「マンチェスター・ユナイテッド(マンU)での周期は終わった」と述べ、今季限りで同クラブからの退団をほのめかしているアルゼンチン人FWカルロス・テベスの獲得合戦に、新たにリバプールが名乗りを上げたようだ。““アパッチ”(テベスの愛称)獲得をめぐっては、すでにレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・シティ、インテルなどが興味を示しており、リバプールの参入によりますます競争が激化しそうだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相互リンクのご依頼
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
AThzbLOx
2009/04/26
(日) 03:14:33 | URL | hikaku #cJuqLt0I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。