UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/13UEFAサッカー情報
●12日に行われたスペインリーグの試合で、2位のレアル・マドリーはホームでバジャドリーと対戦。かつて所属したデイヴィッド・ベッカムがスタンドで声援を送る中、前半終了間際のラウールのゴールで先制すると、終盤にはロッベンが追加点を入れて、2-0で勝利。これで首位バルセロナとの差を再び6ポイントに縮めた。レアルのファンデ・ラモス監督は試合後、「ひどいプレーをして勝つより、いいプレーをして勝つ方が楽だなんだ。だが、いいプレーができないときもあるし、今日はそれだった。とにかく勝ち点を取ることが一番だった。バルセロナと比べれば、彼らの方がいいプレーをしている。だが、バルセロナというチームは一つしかいない。彼らのポジションに立っていたいよ。我々はポイントを落とすことだってあるんだ。この順位ではミスは許されないからね」と話した。
●3位のセビージャはホームで残留争い中のヘタフェにまさかの0-1の敗戦。ヘタフェはこれで降格圏から4ポイント離れることに成功した。バレンシアはスポルティング・ヒホンを3-2で下し、ビジャレアルを1ポイント上回ってCL出場圏内の4位に浮上したが、3位のセビージャまではまだ8ポイントの差がある。ビジャは試合後、「思っていたほど緊張はしなかった。だけど、彼ら(両親)はもっと緊張していただろうね。エル・モリニョンでスポルティングのユニフォーム姿ではない僕を見るのはこれが初めてだったんだから」と話した。
●アトレティコ・マドリーはアグエロとシモンのゴールで、デポルティーボを2-1で下して、貴重な勝ち点3をゲット。4位バレンシアに3ポイント差の6位と、来季のCL出場権獲得に望みをつないだ。アグエロは試合後、「チャンピオンズリーグに出場できなかったから、みんなものすごく悲しむよ。僕らはそれだけいいチームなんだから」と話し、残り8試合での巻き返しを誓った。
●14日にチャンピオンズリーグ準々決勝のセカンドレグで再びバルセロナと対戦するバイエルン・ミュンヘン。8日のファーストレグでは、前半で4―0と大差をつけられ、この時点で準決勝進出はほぼ絶望的になった。ハーフタイムにアンリと“和やかに”ユニフォームを交換していたフランク・リベリからもすでに“降参”の気配が漂っていた。試合終了後には、またしてもそのアンリと顔を寄せ合って話すリベリ。カメラに映った口の動きから話の内容を読まれることを避けるため、口を手で覆いながら話す姿が意味深長で、フランスのメディアから「移籍の話題では?」と憶測を呼んでいた。そんな中、リベリのチームメイト、ファン・ボメルがスペインのラジオ局RAC1にバルセロナがリベリの意中のクラブであることを明かした。ファン・ボメルは「フランクは僕に、バルセロナでプレーしたいと言ったよ。彼はドイツ最高の選手。プレースタイルは完璧にバルセロナと合っている。パワフルだし、器用なテクニックもあるからね」と語った。
●累積警告による出場停止で招集されていなかったレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスが12日にホームで行われたバジャドリー戦(レアル・マドリーが2-0で勝利)の途中でスタジアムを抜け、闘牛を観戦しにいっていたことが明らかになった。セルヒオ・ラモスは、現地時間17時からサンチャゴ・ベルナベウで始まったバジャドリー戦の前半はスタンドで観戦したが、前半終了後には退席し、友人である闘牛士アレハンドロ・タラバンテが出場するスタジアム近くのラス・ベンタス闘牛場へと向かった。闘牛は18時から始まり、タラバンテが入場する場面には間に合わなかったものの、その後マネジャーの近くで闘牛を観戦したという。レアル・マドリーのチーム内規律によれば、ホームで試合が行われる場合、招集されていない選手も試合開始時にはサンチャゴ・ベルナベウスタジアムにいることが義務付けられているという。セルヒオ・ラモスは“一応は”この規約を守ったものの、闘牛観戦のためにチームの試合を途中で抜け出すという行為に、選手としてのモラルが問われそうだ。
●12日付の英タブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、マンチェスター・シティ(マンC)が今度はバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに注目しており、3900万ユーロ(約51億5000万円)のオファーを提示する可能性があると報じた。イニエスタはバルセロナと2014年まで契約があり、本人もかねてから「バルセロナで現役生活を全うしたい」との意向を繰り返し示している。しかし、本人の意図とは関係なく、同選手の市場の評価はつり上がる一方で、英国では同選手の将来についてさまざまな憶測が流れている。
●マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドは、昨季はプレミアリーグとチャンピオンズリーグの2冠に大きく貢献したが、今季は時折ピッチ上で不安定なプレーを見せ、つい最近もアストン・ヴィラとポルト戦でボールを失い、それが失点につながる結果となった。ファーガソン監督は、それについて次のように苦言を呈している。「彼がどんな選手だとしてもボールを失っていいわけがない。それは彼にも話したよ。誰だって許されることではないんだ。特にヨーロッパサッカーでは、ボールを失ったら取り返すために長い時間がかかるんだからね」
●12日に行われたプレミアリーグの試合で、5位アストン・ヴィラと6位エヴァトンが手に汗を握る3-3のドロー劇を演じた。
●12日に行われたブンデスリーガの試合で、シュトゥットガルトがドイツ代表FWマリオ・ゴメスのゴールでハンブルガーSVを1-0で下し、欧州カップ戦出場権獲得に望みをつないだ。ハンブルガーのマルティン・ヨル監督は、「3ポイント取れないならば、少なくとも1ポイントを取らなきゃいけない。この試合で1ポイントも取れなかったのは厳しいね。90分間のチームのパフォーマンスには満足しているが」と話した。勝てば首位ヴォルフスブルクと勝ち点で並んだハンブルガーだが、勝ち点51のまま、得失点差でバイエルンに劣り3位。シュトゥットガルトは勝ち点48でUEFAカップ圏内の5位を維持した。もう1試合のレヴァークーゼン対ブレーメンは1-1のドローだった。
●リーグアン第31節の残り3試合が12日に行われ、首位が入れ替わった。前節まで首位のリヨンはホームでモナコと対戦。前半に先制を許し、ビハインドで迎えた65分にクリスが同点ゴールを叩き込んだが、その直後にピノに勝ち越し点を決められてしまう。81分にピキオンヌのゴールで再び同点としたが、反撃もここまで。勝ち点1を加えるにとどまり、同60となった。一方、2位マルセイユはホームでグルノーブルと戦い、前半こそ無得点で終えたが、52分にタイウォのPKで先制すると、その後はゴールラッシュ。ヒルトン、タイウォ、ブランドンが加点し、ロスタイムに1点返されたものの4-1で快勝した。マルセイユは勝ち点を61に伸ばし、ボルドー、リヨンをかわして単独首位に立った。また、パリSGはリールとアウェイで戦い、0-0のドロー。勝ち点を56に伸ばすにとどまり、優勝争いから一歩後退した。
●「テクニカルエリアから出たが、誰かを侮辱したわけではない。ただ主審や第4審判に、ファウルの判定について文句を言ったが、たぶんその時わたしは興奮していたのだろう。退席の処分は理解できる」退席したアンチェロッティは、スタンドから試合を観戦。試合はセードルフのゴールでミランがキエーボを下している。「キエーボの戦術はミランのそれと似ている。だからわれわれは少し変化をつけてプレーした。決してチームのコンディションは良くなかったが、経験やインテリジェンスで試合をものにできた。今は選手のコンディションの回復を待っているところだ」
●最高の出来だった前半から一転、後半は苦戦を強いられたサンプドリア。この苦境を救ったのが、FWアントニオ・カッサーノだった。アウェーの地でレッチェを相手に3-1で勝利したサンプドリアのワルテル・マッザーリ監督がインタビューに答えた。「前半は理想的な戦いができたが、後半は危険なシーンを多く迎えてしまい苦しんだ。それでも最後には3ゴール目を奪い、自分たちの手で試合を閉めることができた。いい試合だったと思う」この試合を決めたのは、PKで2ゴールを決めたカッサーノだった。「カッサーノは、他の選手と同様にいい仕事をしてくれた」
●チェルシーの主将ジョン・テリーは、今季末までの契約で“ブルーズ”(チェルシーの愛称)にやって来たフース・ヒディンク監督の仕事ぶりを賞賛し、同監督の続投を切に願う心の内を明かした。「今はすべてがうまくいっている。アブラモビッチ(オーナー)とヒディンク監督は親しく、(続投に向けて)話し合いが持たれているはずだ。僕らがこのまま進歩し続けるようなら、ほかに選ぶべき道はないだろう。とにかく、ヒディンクは素晴らしい仕事ぶりを見せており、僕たちにとって最適の監督だ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。