FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/04/05UEFAサッカー情報
●4日に行われたスペインリーグの試合で、首位バルセロナ、2位レアル・マドリーが共に勝利を収めて、両者のポイント差6はかわらなかった。今季はインターナショナルウィーク明けの4試合で3敗しているバルセロナだが、アウェイのバジャドリー戦ではメッシとアンリを温存しながら、そんな不安定さは微塵も感じさせず、立ち上がりから主導権を握った。すると、26分にエトーがチャビとのワンツーからネットを揺らし、これが決勝点となって1-0で勝利した。レアル・マドリーはアウェイでマラガと対戦、イグアインのゴールで1-0で勝利し、これでアウェイ6連勝とした。また、バルサと共にミッドウィークにチャンピオンズリーグ準々決勝が控える4位のビジャレアルはアルメリアのストライカー、アルバロ・ネグレドに手こずり、0-3で敗れた。3位のセビージャはカヌーテのPKによる1点で、アウェイでレクレアティーボを1-0で下した。
●週中にCL対バイエルン・ミュンヘン戦を迎えるバルサ。ハードスケジュールの始まりだ。5月27日にローマで行われるCL決勝戦まで進んだとするとなんと8週間で16試合をこなさなければいけない計算となる。3日に一試合という厳しい日程がバルサには待っているのだ。唯一バルサ選手が休めるのが20日にUEFA杯決勝が行われる5月18日~24日の週だけになりそうだ。今シーズンは3冠を狙うバルサにとってはどうしても避けられないことではあるが、グアルディオラ監督の手腕が問われるところだ。効率の良い選手ローテーションをしてしかも結果を残さなければいけない。念願の3冠を目指しバルサの本当の戦いがこれから始まる。
●ビジャレアルのスペイン代表MFサンティ・カソルラは、4日に行われたアルメリアとの試合で、64分に右足首を痛めピッチから退場した。その後の検査で右足の腓骨(ひこつ)を骨折していることが分かり、今季の残り試合への出場は絶望的となった。また、6月にスペイン代表が出場する南アフリカでのコンフェデレーションカップへの欠場も確実となった。
●4日のバジャドリー戦で苦しみながらも1-0の勝利を挙げたバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後の会見で、代表戦後の厳しいコンディションンの中、勝利をもぎとった選手たちをねぎらうとともに、堂々と正面から戦いを挑んできたバジャドリーの戦いぶりを賞賛した。「バジャドリーは激しくプレスを仕掛けてきたため、われわれは苦しい戦いを強いられた。代表戦を終えて戻ってきた選手たちは、厳しいコンディションの中でよく戦った。加えて、相手チームの選手たちにも敬意を払いたい。バジャドリーは、リーガ(エスパニョ-ラ)でわれわれから逃げずに勇敢に戦いを挑んできた唯一のチームだ。それだけに、この勝ち点3は大きな価値がある」
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、1-0で勝利を収めたマラガ戦後に行われた記者会見で、「われわれは残り試合をすべて勝つしかない。そしてバルサ(バルセロナ)のミスを待つのみだ」と述べ、リーグ優勝に向けて一歩も引かない構えを見せた。また、アウエーのラ・ロサレダ(マラガの本拠地)での勝利について同監督は「アウエーでの難しい試合で、互角の戦いだった」との感想を口にし、代表戦の影響で厳しい戦いを強いられた中でのチームの戦いぶりをたたえた。
●4日に行われたブンデスリーガの試合で、ヴォルフスブルクがバイエルン・ミュンヘンを5-1で粉砕し、得失点差で首位に浮上した
●4日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、首位セルティックはハミルトンに4-0と快勝し、5日に試合のあるレンジャーズに6ポイント差をつけた。
●4日に行われたプレミアリーグの試合で、リヴァプールはロスタイムのベナユンのゴールでフラムを1-0で下し、暫定でマンチェスター・ユナイテッドを2ポイント上回り首位に浮上した。
●今季末までニューカッスルの指揮を執ることになったアラン・シアラー新監督は、初陣となった4日の試合でチェルシーに0-2で敗れ、任務の重大さを再認識することになった。チームはライバルのサンダーランドに3ポイント及ばない降格圏の18位に沈んでおり、残るは7試合となった。
●リーグアン第30節の7試合が4日に行われ、首位リヨンがアウェイでル・マンと対戦。18分にブムソンのゴールで先制すると、前半終了間際にベンゼマが2点目をゲット。後半に入っても主導権を握り、58分にはベンゼマが2ゴール目を決める。その後ル・タレックに1点を返されるが、3-1で勝利し、勝ち点を59に伸ばした。一方、リヨンを追うボルドーはナンシーと対戦。引き分けも濃厚だった終了間際に決めたシャマクのゴールで1-0と勝利し、リヨンと3ポイント差の勝ち点56とした。前節まで2位のマルセイユは5日にアウェイでサンテティエンヌと戦う。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は5日、FWのウェイン・ルーニーと口論になったという噂を「まったくバカげている」と否定した。元リヴァプールDFのマーク・ローレンソンが、3月のホームゲームでリヴァプールに1-4で敗れた際に、ファーガソンとルーニーが衝突したと示唆する発言をした。ルーニーは次のフラム戦では先発をはずれ、途中出場したが2枚目のイエローカードをもらって退場、チームは0-2で敗れている。
●「ブラジル代表でフル出場できたから、コンディションは問題ない」日曜日に行なわれるレッチェとの試合に向けて、カカが出場を志願した。
●ユベントスのセッコSDが、ブレーメンに所属するMFジエゴの代理人と接触。ユベントスは来シーズンの新戦力候補を、ジエゴもしくはナポリのハムシクに絞ったようだ。ブラン代表取締役も、「ネドベドの後任者獲得に、2000万ユーロを準備している」と話している。
●インテルのモラッティ会長は、ジェノアのFWミリートに強い関心を示している。鍵になるのは、保有権を持つカリアリのアクアフレスカと、ベンフィカのFWスアソだ。またモラッティは、同じジェノアのMFチアゴ・モッタにも触手を伸ばす。
●ブラジルから戻らないアドリアーノは、明らかにチームの規律を違反している。モウリーニョはアドリアーノをトップチームから締め出すことを検討しており、3日の練習場に姿を現したモラッティと、その処遇について話をした模様だ。
●インテルのモリーニョ監督は、FWアドリアーノの行いがあらたまらないことに、ついにさじを投げたようだ。2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の南米予選のためブラジル代表に招集されていたアドリアーノだが、試合が終了したにもかかわらず、いまだにチームに戻って来ていない。モリーニョ監督は、またしても規律違反を犯したアドリアーノについて、あきらめともいえるコメントを残した。「正直どうしようもない。誰もが、アドリアーノが厳しい状況に置かれていることを分かっている。彼との関係は良好だが、彼は私に難題ばかり与えてくる。こうなってしまうと、もはや規律だけの問題ではない。たいへん悲しいことだが、もはや解決策は見当たらない」
●ブラジル代表のドゥンガ監督が、イタリアのテレビ番組「Telelombardia」のインタビューに応じ、「アドリアーノを心配している」と話した。「代表合宿では、落ち込んだり悲しんだりしている様子なかった。いつものように陽気に歌を歌ったり、ダンスを踊っていたからね」
●ミランのアンチェロッティ監督が、ブラジル代表のドゥンガ監督に苦言を呈した。「代表監督は、選手のコンディションについて所属クラブに報告する必要があるが、いまだ彼から連絡はない。カカの状態は悪くないみたいだが、コンディションを整える必要があるようだ。パトが代表のレギュラーじゃないことに驚いている」
●4日に行われたイングランド・プレミアリーグ第31節、アーセナルは故障から約3カ月ぶりに復帰したMFセスクの活躍でマンチェスター・シティ(マンC)を2-0で破り、チャンピオンズリーグ出場圏内である4位の座を守った。アーセナルのベンゲル監督にとっては、順位争いが熾烈(しれつ)となるこの時期にチームの司令塔が戻ってきたことは、心強い限りに違いない。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.