UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/01UEFAサッカー情報
●南アフリカW杯予選アウェイでトルコ代表と対戦するスペイン代表。先日、マドリードで行われた対トルコ代表戦ではピケのゴールでなんとか1-0の勝利をもぎ取ったが、トルコ代表の統率された組織の前に前半は攻めきれない場面も目立った。得点が入ってからはいつものスペイン代表らしくボールをキープできたものの、追加点を奪う決定的チャンスはあまり作らせてはもらえなかった。デル・ボスケ監督は苦戦が予想されるトルコホームでの試合を前に両サイドをワイドに使うサイドアタッカーを置いた布陣を試している。トルコに向かう前に行われたスペインでの最後の練習で10対10の紅白戦を行ったデル・ボスケ監督。中盤はシャビ・アロンソとマルコス・セナのダブルボランチにシルバとリエラをサイドアタッカーにする形が見られた。サイドから突破口を探るという戦術が伺えるが、F・トーレスがワントップだったためチャビかビジャが残りの一人の枠に入る模様だ。
●レアル・マドリーのイタリア代表DFファビオ・カンナバーロ(35)の去就が注目される中、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がナポリ移籍入団を否定した。これまでに何度も「キャリアの最後は故郷ナポリで」とのカンナバーロ発言が紙面に掲載されたが、デ・ラウレンティス会長は「レアルとの契約期限が満了するようだが…、私が常に言っているように彼はナポリには来ない。彼は別の所に行くと信じている」とカンアバーロのナポリ移籍入団説を完全に否定。
●トルコ戦に勝利すれば、W杯本大会出場がほぼ確実となるスペイン代表。だが、同代表ビセンテ・デルボスケ監督は、試合前日の記者会見で「まだ予選が終わっていない」ことをあらためて強調し、楽観的観測に警鐘を鳴らした。「われわれは、今あるアドバンテージを守ることに集中しなければいけないし、ボスニア・ヘルツェゴビナとトルコが熾烈(しれつ)な2位争いをしていることも忘れてはいけない。トルコは自国サポーターを前に、得意とするつなぐサッカーをしてくるはずだ。われわれは、ボールを奪ったらサイドから素早く攻撃に移ることを意識しなければいけない。常に的確な判断が要求される試合になるだろう。いずれにしても、明日は主導権を握ることが勝利への鍵になる」
●バルセロナのアンドレス・イニエスタは、選手としてのキャリアをバルセロナ一筋で貫き通したいようだ。レアル・マドリーの次期会長選挙で、同選手の獲得が“公約”になるのではといわれるイニエスタだが、レアル・マドリーへの移籍話については「誰が会長になろうとあり得ない」と一笑に付し、バルセロナへの愛着を次のように述べた。「僕はクラブと2014年までの契約を結んでいるが、もし神が許すなら、僕の夢でもある“バルサでの引退”が実現することになるだろう。選手にはそれぞれ希望するクラブがあると思うが、僕はここでプレーし続けたい」
●英タブロイド紙『デイリー・ミラー』によると、ベニテス監督は、フェルナンド・トーレスとエトーという強力な2トップの実現を夢見ているという。そして“レッズ”(リバプールの愛称)はエトーに対し、1940万ユーロ(約25億3000万円)のオファーを準備しているとのことだ。
●1日に行われるW杯予選でウクライナと対戦するイングランド代表のFW陣に負傷者が続出している。28日のスロヴァキア戦で負傷したエミール・ヘスキーに代わって追加招集されたダレン・ベントと、カールトン・コールがウクライナ戦を欠場することになった。ファビオ・カペッロ監督は、月曜日の練習中に膝の腱を傷めたベントに代えてアストン・ヴィラのゲイブリエル・アグボンラホールを追加招集している。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督とDFリオ・ファーディナンドは1日のW杯予選ウクライナ戦を前に、ファンが選んだ2008年最優秀選手賞を受賞したFWのウェイン・ルーニーを絶賛した。23歳のルーニーは、ウクライナ戦でプレーすると、歴代最年少で50試合出場を達成したイングランド代表となる。しかも、最近の代表4試合で7ゴールと絶好調だ。
●ポルトガル代表は3月31日にスイスのローザンヌで、南アフリカと親善試合を行い、2-0で勝利した。28日のW杯予選ではスウェーデンと対戦し、数多くのチャンスに決めきれずに0-0で引き分けてしまったポルトガルだが、カルロス・ケイロス監督はその試合から6名を入れ替えて、2010年W杯開催国との試合に臨んだ。
●元イングランド代表キャプテンで、現在はBBCテレビの解説者を務めるアラン・シアラー氏(38歳)が、今季末までニューカッスルを率いることになったと、31日にスカイとBBCが報じた。心臓手術を受け、リハビリに励むジョー・キニア監督の代行を務める。
●1日に行われた2010年W杯アジア最終予選グループAの試合で、オーストラリアがウズベキスタンを2-0で下し、本大会出場へ大きく前進した。
●バルセロナやレアル・マドリーといった名門クラブが獲得を検討し、動向が注目されてきたリヨンのFWカリム・ベンゼマだが、このところ騒ぎはすっかりおさまった感がある。チームがチャンピオンズリーグで敗退した直後、本人がリヨン残留を明言したことが大きいが、ここ最近ベンゼマのプレーに冴えが見られないのも原因だろう。31日付のレキップ紙は一面で「ベンゼマ、問題は何か?」と見出しを掲げて、21歳の若手スターがプロ入り以来初めて直面する苦難にスポットを当てている。
●ミランに所属するイタリア代表のザンブロッタが、アンチェロッティ監督の去就についてコメントした。「アンチェロッティはミランに残ってくれると信じている。もちろん、チームにフィットしているロナウジーニョも同様にね。カンナバーロ? 彼にはミラン加入の噂もあるみたいだけど、彼はマドリーに残ると思うよ」
●英国オリンピック委員会(BOA)は、2012年のロンドン五輪のサッカーで、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを統一した“英国代表チーム”を結成すると宣言し、調整を進めているが、FIFA(国際サッカー連盟)は、独立した代表として認められているそれぞれの“国”の協会は「統一チームは地域の独立性維持を脅かすもの」として、この案に依然難色を示している。
●2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選グループ4首位のドイツは、1日にウェールズとのアウエー戦に臨む。ドイツ代表のレーブ監督は、もう後がない状況に立たされた対戦相手を警戒し、このように述べている。「事実上、本大会出場のラストチャンスをものにするために、ウェールズはわれわれに勝利しなければならない。この一戦にすべてを懸けてくるだろう。誇りと名誉を傷つけられた時の英国人は、特に危険だ」
●この件についてはもう何も話すことはない。何度も繰り返すようだが、わたしの意図は『来シーズンもミランで指揮を執ることだ』と、いい加減、皆に分かってもらいたい」来シーズンの去就について、さまざまなうわさが取りざたされているミランのカルロ・アンチェロッティ監督。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。