FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/03/24UEFAサッカー情報
●今季開幕前にACミランからボルドーに移籍したフランス代表MFヨアン・グルキュフ(22)の獲得に、レアル・マドリーも関心を示していることが23日、判明した。
●サミュエル・エトーは、バルセロナでの通算得点数をクラブ歴代5位に伸ばした。エトーは、6-0で大勝した22日のマラガ戦で2得点をマーク。同クラブでの公式戦通算得点数を123とし、それまで5位の記録を持っていたパトリック・クライファートおよびカルロス・レシャックの記録を1ゴール上回った。バルセロナで5シーズン目を迎えたエトーは、1939年から48年まで同クラブでプレーしたマリアーノ・マルティンの持つ124ゴールにもあと1得点と迫っており、歴代4位になるのは時間の問題となっている。
●アトレティコ・マドリーのディエゴ・フォルランの代理人、ダニエル・ボロトニコフ氏はFOXスポーツとのインタビューで、同選手に多くのオファーが届いていることを明らかにした。「ヨーロッパの複数のビッグクラブからわたしに電話があり、彼の状況について聞かれた。わたしの返答はいつも『アトレティコと話してくれ』だがね。フォルランはアトレティコに満足している。彼はチームで重要な役割を負っている。とはいえ、今シーズンが終わるまでは、状況をきちんと評価することはできない」フォルランとアトレティコの契約は2011年の6月末まで残っているが、サンダーランド、マンチェスター・シティなどが同選手に強い興味を示していると言われ、イングランドでは元マンチェスター・ユナイテッドのフォルランが「来季はプレミアリーグへ戻るのでは」とのうわさが後を絶たない。同代理人はこうしたうわさについて、コンタクトがあったことを認めた上で「彼はプレミアリーグでも活躍できるだろう」と、意味深な発言をしている。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、今シーズンのチームの活躍について「当初の期待を上回るパフォーマンスを見せている」と、テクニカルスタッフを含めて驚いていることを明らかにした。ラポルタ会長は、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いる現在のチームは、同監督がかつて選手として活躍した時代に、当時のヨハン・クライフ監督が作り上げた“ドリームチーム”に起源があるとしている。その上で同会長は「現在のチームは“ドリームチーム”の継承者としてふさわしい」と述べ、クラブ史上最高と言われるチームと肩を並べるだけの実力があるとの見解を示した。
●先日契約を更新したばかりのリバプールのラファエル・ベニテス監督だが、現状の戦力に満足しているわけではなさそうだ。現在リバプールは、リーグ戦では首位に肉薄し、チャンピオンズリーグでも生き残っているが、ベニテス監督は早くも来季を見据えた補強プランを考えている。その来季の補強リストの中には、レアル・マドリーのオランダ人MF、アリエン・ロッベンの名前も挙がっているという。英紙『デイリー・スター』によると、リバプールはこの夏、補強費として3000万ポンド(約42億7000万円)の予算を計上しているとされるが、ベニテス監督は、このうち2000万ポンド(約28億5000万円)をロッベン獲得に費やすこともいとわないと考えているらしい。
●週末のリーグ戦でトッテナム・ホットスパーに0-1で敗れたチェルシーのフース・ヒディンク監督が、チャンスをモノに出来なかったことを悔やむ一方、まだタイトルレースは終わっていないと主張、優勝めざして最後まで戦うと宣言した。
●ギグスはMUTVの中で、「言うまでもなく、僕らはこの結果に失望している。先週リヴァプール戦に負けた後、僕らはここ(フラムの本拠地、クレーヴン・コテージ)に来て、いいパフォーマンスを披露したいと思っていたからね。これから複数のメンバーが国の代表試合でいなくなる。誰も怪我することなく戻って来るのを望んでいるし、アストン・ヴィラ戦で軌道修正できると信じている」
●チェルシーのFWニコラ・アネルカがケガのために、W杯予選に臨むフランス代表から離脱した。フランスサッカー連盟が23日に発表した。0-1で敗れた週末のトッテナム戦ではフル出場したアネルカだが、足の親指を傷めて全治3週間と診断された。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長は23日、エースストライカーのズラタン・イブラヒモヴィッチでも金額的に納得のいくオファーがあり、選手が移籍を望むなら売却の可能性はあると話した。「誰にも適正価格というものがある。もし彼が退団を望むなら、彼にも値札はつく。イブラヒモヴィッチがどこかへ移籍して、インテルがチャンピオンズリーグに優勝するかもしれない。人生では、変化を求めて後悔することもあるものだ」
●マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーは0-2で敗れた先週末のフラム戦でイエローカード2枚を受けて退場処分となったが、1試合の出場停止ですむことになった。
●スコットランドサッカー協会(SFA)は23日、2012年ロンドンオリンピックに英国チームとして参加希望の選手に対し制裁措置は取らないと発表した。
●サッカー界の神様と称されるペレが、ラジオのインタビューで、マンチェスター・シティのブラジル代表FWロビーニョ(25)が薬物を使用していたことをほのめかし、若者に悪影響を及ぼすと批判した。英紙“Sun”のインタビューに応じたロビーニョの広報は、ロビーニョの薬物使用疑惑に対し事実無根だと訴えた。広報は「ペレの発言の全てを、我々は完全に否定する。ペレの発言は誤って伝えられたものだと信じており、これ以上誤解を生じさせないためにも、ペレと直接コンタクトを取るように進めている」と説明
●「スクデット(セリエA優勝)は、2位である我々を大きくリードしているインテルが獲得するだろう」。ユベントス、そしてイタリア代表の守護神ジャンルイージ・ブッフォン(31)が“Sky Sport24”のインタビューに応じ、白旗を揚げた。セリエAは残り9試合。ユベントスは首位インテルと勝ち点7差の2位。
●23日、インタビューに応じたインテルのジョセ・モウリーニョ監督はイブラヒモビッチのインテル残留を断言した。「イブラヒモビッチだけでなく、我々全員が欧州CL敗退に失望している。ただ、彼は得点王を獲得するという新たな目標が生まれ、モチベーションに溢れているように見える。彼との関係は良好であり、開幕当初より今の方がプレーに磨きがかかっている。彼の発言が間違った解釈をされているだけだろう」
●ポルトガルの『ア・ボーラ』紙は、ベンフィカのホンジュラス代表ダビド・スアソについて「左ひざの重傷により、ベンフィカでのキャリアに終止符が打たれる可能性が高い」と報じた。
●インテルは23日、公式サイト上で、アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソと2014年まで契約を延長することで合意したと発表した。
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が22日アウエーでのナポリ戦(0-0)の後に約50人のナポリサポーターから襲撃を受けたと『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が報じた。同紙によれば、ガッリアーニ副会長は車でナポリのカポディキーノ空港へ向かっていたところをナポリのサポーターグループに取り囲まれ、車に石を投げつけられた上にタイヤをパンクさせられたという。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.