UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/04UEFAサッカー情報
●CL対リバプール戦を前に「リバプールには3-0で勝つ」と宣言していたボルダ会長。結果は0-1で敗戦を喫し、ベスト8進出が難しくなっているが、今度はバルサとの勝ち点差が4ポイントに縮まったことについてボルダ会長は、「1ポイント差だ」と語った。すでにベルナベウで行われるクラシコは勝ったものとした発言だが連続して出る“超ポジティブ”宣言。全く根拠がない発言だけに呆気にとられるばかりだ。さらに、「クラシコは1-0で十分」とまで言う。リーガについては、「3試合で8ポイントを縮めたんだから、まあ落ち着いて良いだろう」と余裕をみせている。
●グアルデォラ監督は「我々は危機に瀕してはいない。今後も連敗が続くのであれば、あなた方報道陣の見解が正しいということになるが、我々が勝利を収めれば、私が正しいことが証明される。私の課題は、我々の勝ち点差が縮まったことが事実だとしても、あなた方の見出しと記事に対してコメントしないことだ。我々の勝利を信じている」とコメント。最後に「これまでの人生でも今ほど楽天的になれたことはない」と強気に締めくくった。
●バルセロナは世界的な経済危機を理由に、2011年にMLS(米メジャーリーグサッカー)に参入し、マイアミに同クラブのフランチャイズを置く計画を断念したことを発表した。同クラブは、携帯電話会社ブライスター社のオーナーであるボリビア人実業家マルセロ・クラウレ氏と共同でマイアミにチームを作り、MLSに参加するプランを発表していたが、条件面での折り合いがつかず最終的に合意には至らなかったようだ。
●英国メディアは、リバプールとアーセナルの2チームが「バレンシアのセンターバック、ラウル・アルビオルの若さと経験の豊かさを高く評価しており、来シーズンに向けて獲得に動き出している」と報じた。
●昨シーズンのブラジル全国選手権で21得点を挙げ得点王に輝き、ブラジルでは“ロマーリオ2世”との呼び声も高いケイリソンは、昨年まで所属していたコリチーバを去り、今季、パルメイラスに活躍の舞台を移した。近い将来、ヨーロッパへの挑戦がうわさされるケイリソンだが、本人の希望はバルセロナでプレーすることのようだ。
●フランス代表MFのフランク・リベリが、バイエルン・ミュンヘンのチームメートを批判したとドイツのメディアが3日に報じた。「左サイドで攻撃を仕掛けたいときに十分なサポートを得られないんだ。これを監督(ユルゲン・クリンスマン)に訴えたよ。監督は、僕の言うとおりだと言っていた」とリベリは話した。日曜日のリーグ戦でブレーメンと0-0で引き分け、たまっていた不満が噴き出したようだ。
●マンチェスター・ユナイテッドは現時点で1試合消化が少ないにもかかわらず、チェルシーとリヴァプールに7ポイントの差をつけている。しかし、アレックス・ファーガソン監督は、優勝レースはまだ終わったわけではないと、自チームの選手に警告を発した。「私はずっと言っているんだが、誰も耳を貸さないんだ。だが、優勝の行方を決めるのは3月と4月の結果だよ。この2カ月間でいろんなことが起こりうる。過去に、我々は3、4月の成績で優勝を逃したことがあるし、その間に連勝して優勝したこともある。これからシーズン末までに我々は勝ち点を落とすだろう。ただ、他のチームも勝ち点を落とすと思うけれどね」
●FIFAは3日、南アフリカで開催される2010年W杯のチケットの第1回販売分に現時点で140カ国から50万6000枚の応募があったと発表した。2 月20日からオンラインで発売が始まり、3月31日に締め切られる。この数字には、南アフリカ国民に向けた書面による申請数は含まれていない。
●プレミアリーグ第28節の3試合が3日に行われ、チェルシー、リヴァプール、アーセナルがいずれも勝利をおさめた。チェルシーはアウェイでポーツマスと対戦、激しい雨の中で見るべきところの少ない試合が展開されたが、終了11分前にドログバがネットを揺らし、1-0で勝利。これでヒディンク監督になって公式戦4連勝とした。リヴァプールはホームでサンダーランドと対戦。2-0で勝利した。また、リーグ戦で4試合連続スコアレスドローのアーセナルは最下位のウェストブロムとアウェイで対戦、3-1で勝利した。
●3日にコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのラツィオ対ユヴェントス戦が行われ、ラツィオが2-1で逆転勝利を収めた。
●3日にドイツカップ準々決勝が行われ、リーグ戦で低迷するシャルケ04が2部のマインツに0-1で敗れた。マインツは88分にブルキナファソ出身のバンスが決勝点を決め、クラブ史上初のベスト4に名乗りを上げた。
●3日の試合でフラットン・パークでポーツマスに1-0と勝利したチェルシーのフース・ヒディンク監督が、選手たちのメンタルの強さを称賛した。「チームが精神的に強いのはいいことだ。選手は自分たちの持ち味をしっかりと示したね。75分に3人目の交代を予定していた。我々は多少のリスクを負うかもしれなかったが、良い時にゴールが決まった。ディディエ・ドログバは自身の強い精神力でチームを導く男だ。彼は自分のフットボールを楽しみ、トレーニングを楽しんでいる。今夜の試合は困難だったが、彼はわずかなチャンスを掴み、いちかばちか勝負に出てゴールを決めてくれた」
●ユベントスのFWアマウリ(28)に、そしてイタリア代表のマルチェロ・リッピ監督にとっても、待ち望んだ日がようやく訪れたようだ。イタリア人の祖父母を持つアマウリ夫人シンシアさんが3日、ようやくイタリアの市民権を獲得した。
●ACミランのグルジア代表DFカハベル・カラーゼ(30)が3日朝、右膝の手術を受けたことが明らかとなった。復帰には5か月間要すると見られている。このため、カラーゼは今季中の復帰は絶望的となった。
●3-3に終わった1日のセリエA第26節インテル対ASローマ戦で、インテルFWバロテッリが獲得したPKなど、この試合の判定に対する論争が激化する中、インテルのジョセ・モウリーニョ監督が怒りを爆発させた。「これは陰謀だ。世論を意図的に操作しようとする組織的な動きがある。このような操作が起こる世界は、私の世界とは異なる。優秀な選手が揃っているASローマが無冠に終わっている現状ついて、ここ2日間で触れる者はいなかった。また、我々との勝ち点差が『12』と開き、今季無冠で終わるであろうACミランについて語る者もいなければ、判定ミスにより多くの勝ち点を稼いだユベントスについて触れる者もいなかった。我々が誤審で勝利を手にしたのはシエナ戦だけだ」とモウリーニョ監督。
●トッティは「バロテッリは、晴らしいテクニックと身体能力を持った選手だが、彼のような若手には我慢できない。彼には相手選手と相手サポーターへの敬意がないからだ。(今季開幕前の)スーパーカップでも、コーナーキックを蹴る際に彼は『くそったれローマ』とつぶやいていた。このような攻撃的な態度は何度も繰り返すべきじゃない。しかし、彼は1日(3-3に終わったセリエA第26節インテル戦)の試合でも同じフレーズを繰り返していた。彼は我々と(アウェー)観戦に訪れた2500人のASローマサポーターを侮辱した」とコメント。
●バイエルンの“カイザー(皇帝)”ことフランツ・ベッケンバウアー会長は、同紙を通じてリベリーの発言が“意図的”であった可能性を指摘している。「リベリーは故意にこうした発言をしているように思える。他チームへの移籍を希望する選手がクラブに無理矢理引き留められると、だいたいこうした問題が生じるものだ。リベリーの場合はなおさらだ。チームは彼に過度に依存しているからね」
●トッテナムのクロアチア人MFルカ・モドリッチは、同国の『スポルツケ・ノボスティ』紙とのインタビューで、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のクリスティアーノ・ロナウドの“シミュレーション”と“わざとらしい転倒”を辛らつに批判した。「ロナウドは素晴らしい選手だし、個人的には彼に対して恨みなどないが、あのわざとらしい演技には我慢できない。“力強く男らしいサッカー”が美徳とされているイングランドで、あんなふうに(審判への)抗議や転倒を繰り返していたら、悪い印象だけを与えてしまうだろう。いったい何を考えているのかと言いたい」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。