UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/24UEFAサッカー情報
●元バルサの選手、監督として活躍し今も多大な影響力があるヨハン・クライフ氏が、バルセロナダービーにおけるバルサの敗戦(1-2)についてコメントを残した。24節終了時点で2敗という数字はバルセロナダービーという大事な試合ではあるものの「最悪の敗北」ではなくむしろ「喜ばしいこと」だと言うクライフ氏。「勝ち試合が重なれば負ける時が来るもの」とポジティブな考えを示した。「良い時期に負けた」とも言うクライフ氏は、「これで油断することもなくなる」と敗戦は今後の反省となるとしている。また、R・マドリーとの勝ち点差が7に縮まったことについては、「まだ、バルサが優位に立っている」としている。バルサが敗戦した一つの要因としては、「時間稼ぎやプレーを止めるエスパニョールの戦略に打ち勝つことができなかった」
●バルセロナは、21日のエスパニョル戦でデルガド・フェレイロ主審から提示された、セイドゥ・ケイタへのレッドカードおよびジェラール・ピケへのイエローカードについて、スペインサッカー協会(RFEF)の競技委員会に処分取り消しを求めるようだ。この訴えが認められない場合、両選手は次節(3月1日)のアトレティコ・マドリー戦で出場停止となる。
●アトレティコ・マドリーのアベル・レシーノ監督は23日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナーメント1回戦の対FCポルト戦を翌日に控え、「一番大事なのは、勝つことだ」とコメントし、勝利へのこだわりをアピールした。「一番大事なのは、勝つことだ。われわれはまず、勝ちにいかなければならない。その上で無失点に抑えられれば、それに越したことはない。ホームで得点し、余裕を持ってアウエーゲームに臨むのが理想だ」
●24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)リヨン戦を前に、バルセロナのリオネル・メッシは、リーグ戦の直近2試合(ベティス戦で2-2の引き分け、エスパニョル戦で1-2の敗戦)で勝利を挙げられなかったことについて、チームがこれを乗り越え、立ち直る準備ができていることを強調した。「この2試合の結果については心配していない。僕らは立ち直る準備ができており、あとは前進するのみだ。そして、これを乗り越えるための絶好のチャンスを迎えている」また、21日に行われたエスパニョルとの“バルセロナ・ダービー”で今季2度目の敗戦(1-2)を喫したことに対しては、この敗戦によるダメージはないと考えている。「(負けたことは)忘れなければならない。僕たちにはすごく重要な試合が控えているのだから。ロッカールームは意欲に満ちているし、雰囲気はとてもいいよ。素晴らしい試合になると思う」一方、対戦するリヨンについては、エースのカリム・ベンゼマを「多くのゴールを量産している要注意選手」として評し、また世界有数のフリーキッカーとして知られるジュニーニョ・ペルナンブカーノに対する警戒心を隠そうとしなかった。「彼のキック力は十分に分かっている。ゴールの近くでファウルを与えないように注意しなければならない。なぜなら“彼が蹴る”という時点で、半分はゴールされたようなものだからね」
●チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の初戦、アウエーでオリンピック・リヨンと対戦するバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は23日、試合前日の記者会見に臨み、「チームの調子はいい。良い結果を得られると信じている」と述べ、アウエーながら積極的に攻撃を仕掛けて“勝ちに行く”姿勢を見せた。「れわれの調子はいい。CLでベスト16までたどり着き、ここで試合をすることができることを誇りに思う。ここへは良い試合をするためにやって来た。われわれは勝ちにいくつもりだし、明日は疑いなく“攻めて攻めて攻めまくるサッカー”を披露するつもりだ」また、バルセロナの指揮官は21日に行われたエスパニョルとの“バルセロナ・ダービー)での敗戦(1-2)について聞かれると「終わったこと」と切り捨て、現在直面しているCLに照準を合わせていることを強調した。
●アーセナル主将セスク・ファブレガスが、4月4日にホームで開催されるマンチェスター・シティ戦で復帰する見込みであることが判った。母国スペインのバルセロナでリハビリトレーニングを積んだ後、すでにイングランドに戻って来ており、チームのフルトレーニングに合流間近だという。
●インテルDFワルテル・サムエルが、CL決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦出場がほぼ不可能になったことが判った。先週末のボローニャ戦でふくらはぎを負傷したサムエルは、スキャンの結果、過去の古傷を再び痛めてしまったことが判明した。
●英メディアは“ツェフ、ミヒャエル・バラック、ディディエ・ドログバがロマン・アブラモヴィッチ・オーナーに指揮官交代を直訴し、これがスコラーリ前監督の解雇決定に強く影響を及ぼした”と報じているが、渦中のツェフは「チェルシーのドレッシングルームに不協和音が流れているという噂がたくさんあったけど、それは決して真実ではない。選手たち同士は素晴らしい関係を保っていると思う。僕らは仲が良いし、このチームは厳しい状況下でもファイティングスピリットを持ち、それを示している」
●リヴァプールの主将スティーヴン・ジェラードが、チャンピオンズリーグ対レアル・マドリー戦のメンバーに入ったことがわかった。チームが23日に認めた。ジェラードは月曜朝の練習でチームメートと軽めのセッションをこなし、スペインへ向かうことになった。
●ガラタサライは23日、成績不振でミヒャエル・スキッベ監督を解任、元主将のビュレント・コルクマズ(40歳)を新監督に任命した。
●23日に行われたプレミアリーグの試合で、トッテナムがアウェイでハル・シティと対戦、ウッドゲイトのヘディングシュートが決勝点となって、2-1で勝利した。
●マレーシアの格安航空会社エアエイジアは24日、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームのスポンサー候補に名乗りを上げたことを認めた。
●エバートンのMFミケル・アルテタの負傷は上位入りを目指すチームにとって大打撃となった。プレーメイカーのアルテタは今季31試合に出場7得点を記録。チームの攻撃の中心的存在だった。
●22日に行われたセリエA第25節ホームのカリアリ戦で、輝きのないパフォーマンスで1-0辛勝を収めたACミランに対し、ACミランサポーターからブーイングが起こる場面もあった。波に乗り切れないシーズンを過ごすACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は、MFクラレンス・セードルフに対する集中的なブーイングはすぐに収まるだろうと考えているようだ。
●アーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督は、攻撃的なASローマを待っているようだ。24日に控えた欧州CL決勝トーナメント1回戦(第1レグ)ホームのASローマ戦への意気込みを、名将ベンゲルが語っている。「ASローマは、(アウェー戦とはいえ)0-0のスコアは狙ってはこないはずだろう。イタリア的なプレーではなく、攻撃を仕掛けてくるだろう。アウェーでの1点が、1回戦突破への大きな鍵を握っていることを十分に理解しているからだ」
●MFフランク・ランパード(30)が、チェルシー監督経験もあるユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督の印象を語った。英紙“Daily Telegraph”のインタビューに応じたランパードは「彼を尊敬している。クラウディオの存在がなければ、今自分はこうしてここにいないだろう。彼が自分をチェルシーに引き抜いてくれて、成長のサポートをしてくれた。自分の発想にはなかったサッカーを教えてくれたのも彼だったよ。ウエストハム時代の自分は、視野が狭く、プロがどのような生活を送っているのか、いかにプレースタイルを維持・形成するのかを知らなかった。彼が自分に全てを教えてくれた。」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦の好カード。イタリア王者インテル対イングランド王者マンチェスター・ユナイテッド戦前日の23日、両クラブの選手が意気込みを語っている。インテルのMFエステバン・カンビアッソは「ミスは許されない。試合終了まで、集中力を途切れさせてはいけない。マンチェスター・ユナイテッドのディフェンスは堅いが、我々の攻撃に自信を持っている。インテルもクオリティの高いチームであり、白熱した試合展開となるだろう。」また、FWズラタン・イブラヒモビッチは「マンチェスター相手にゴールを挙げたい。モウリーニョは、ファーガソン以上の名将だ。確かにファーガソンは経験豊富な監督で尊重しているが、多くの点でモウリーニョが勝っている。自分は彼の下で多くを学んだ。イングランドのディフェンスと戦う準備は整っている。我々のプレースタイルがより望ましい。自分は野心家であり、ルーニーやベルバトフより勝っていることを証明したい。」一方、マンチェスター・ユナイテッドのFWクリスティアーノ・ロナウドは「今後は全ての試合が重要だ。ミスを犯したチームは敗退する。我々は志半ばで去るわけにはいかない。厳しい試合は覚悟しているが、マンチェスター・ユナイテッドは最強であり、結果を求めてベストを尽くすつもりだ。」
●ミドルスブラ、トッテナム、ウエストハム、チェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドに3回…。イングランド勢のチームとのアウェー試合では7戦7敗と相性が悪いASローマ。欧州CL決勝トーナメント決勝1回戦アウェーのアーセナル戦を24日に控えたASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が23日、記者会見に臨み鬼門突破を誓った。「確かに、イングランドでは負けっぱなしだ。しかし、今回は新たな機会だ。統計学で全てを計ることはできない。我々のメンタルは大きく成長している。我々の特徴は、イングランド勢のチームに通用するはずだ。」
●「我々のスタイルを変えるつもりはない。フォーメーションは4-4-2で臨むつもりだ。フォワードはイブラヒモビッチとアドリアーノが先発する」。欧州CL決勝トーナメント1回戦ホームのマンチェスター・ユナイテッド戦直前の23日、インテルのジョセ・モウリーニョ監督が先発フォーメーションを明らかにした。モウリーニョ監督は続けて「選手には『15日後にこの大会から敗退しているかもしれない、とは絶対に考えるな。15日後には欧州王者を倒しているかもしれない、と考えろ』と言った。恐怖を抱く必要はない。我々の本来の姿を維持すること。明日、全てが決まるわけではないが、全てが決まるアウェーの第2レグへの足がかりにはなる。我々は強敵と対戦するが、彼らにも同じことが言える。また、マンチェスター・ユナイテッドが勝ちを狙ってくるとは思えない。彼らはディフェンス重視で臨むはずだ。彼らがリーグ戦と同様の展開で来るのかは判断できないが、我々のスタイルを変えるつもりはない。マンチェスター・ユナイテッドを倒すことは特別ではない。それよりも勝ち進むことが重要だ。恐れはない。2か月後の決勝戦に駒を進めることを願っている」
●チーム編成の実権を握るACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は「アンチェロッティ監督が、ここ数年残した業績は素晴らしい。シーズン前に掲げた目標を達成することができれば、今後も間違いなくアンチェロッティ体制で行く。納得することのできる、最低限度の目標は達成しなければならないが、容易な監督交代に我々は反対だ」
●かつて“世界一のレフェリー”と称され、現在もイタリアの審判のシンボル的存在であるピエルルイジ・コリーナ氏は、ラジオ番組の中で“オレンジカード”の導入を検討していることを発表した。“オレンジカード”は、ほかのスポーツですでに適用されている「試合中に選手を一時的に退場させる」というルールのために導入されるものだという。
●オリンピック・リヨンのクロード・ピュエル監督は23日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦を翌日に控え、記者会見を行った。ピュエル監督は、1回戦の組み合わせ抽選が行われる以前から、バルセロナ対策を準備してきたことを明らかにした。「第1戦、第2戦ともにオープンな打ち合いの展開の試合となるだろう。われわれが勝ち抜くためには、手にするチャンスはすべて生かさなければならない。いずれにしても、この対戦を予想して2カ月前から練習を積んできた」
●オランダのスポーツニュース番組『ストゥディオ・スポーツ(NOS)』は23日、「ブラックバーンのアンドレ・オーイヤーは、PSVと移籍の合意に達した」と報道した。しかし、その他メディアの報道を拾ってみると、実際には交渉の最終局面を迎えているというのが事実らしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。