UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/16UEFAサッカー情報
●15日に行われたスペインリーグの試合で、レアル・マドリーはスポルティング・ヒホンを4-0で粉砕、ラウールは開始15分で先制点を決めて、アルフレド・ディ・ステファノのクラブ最多得点記録を更新する308ゴールを達成した。これでマドリーはリーグ戦8連勝とし、首位バルセロナとの差を10ポイントに縮めた。セビージャはエスパニョールと対戦、カヌーテの2ゴールで2-0で勝利し、3位に浮上した。一方、エスパニョールは残留争いのライバル、マジョルカがヌマンシアに1-0で勝利したため、最下位に沈んだ。ビジャレアルはラシン・サンタンデールと1-1で引き分け、トップ4への返り咲きのチャンスを逃すと、アトレティコ・マドリーもヘタフェに終盤追いつかれ、勝ち点2を失う形になった。
●グアルディオラ監督率いるバルサはこれでリーガ22試合負けなし。1973-74シーズンにマリヌス・ミチェルス監督時代の26試合負けなしのレコードまで4試合と迫った。第1節のヌマンシア戦に敗戦してからは、19勝3分け(対ラシン・サンタンデール、ヘタフェ、ベティス戦)と安定した強さを発揮している。ミチェルス監督時代のバルサにはクライフ、レシャック等を擁し、カンプ・ノウでR・マドリーに引き分け(0-0)以降、26試合負けなし(19勝7分け)の記録を残している。次節のバルセロナダービー対エスパニョール戦、続いてA・マドリー、A・ビルバオ、アルメリア戦で負けなければ26試合無敗という歴代記録と並ぶことになる。今シーズンは公式戦9試合で相手に先手を奪われながらも逆転勝利、又は引き分けに持ち込んでいるバルサ。先制しなければ負けてしまうという勢い任せのチームではないという証明だろう。CLや国王杯のような一発勝負の大会では勝負強さは欠かせない。今シーズンのバルサはまさに“本物”の強さと言って良いだろう。
●バレンシアのダビド・アルベルダは、チームの不振や選手への給与未払いなど、クラブが抱えている問題について自身の見解を述べた。アルベルダはまず、現在のチーム状況について次のように述べた。「長いシーズンの中で浮き沈みがあるのは当然だが、僕たちは今シーズンで最も苦しい時期を迎えていると思う。選手たちは皆、この逆境を乗り越える気持ちに満ちているにもかかわらず、なかなかこの悪い状況が変わってくれないんだ。結果が伴わないときは、チームの士気も落ちる。だが、僕たちはプロフェッショナルとして、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位以内でシーズンを終えるためにも、前を向いて戦い続けなければならない。もうこれ以上は耐えることも残っていないだろうから、今後についてポジティブに考えていけばいいだけだ。なぜなら、僕たちは今でも上位にいるのだから」
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、4-0で勝利した15日のスポルティング・ヒホン戦で、主将のラウルがクラブ歴代最多得点となる309ゴール目を達成したことについて、その偉業をたたえた。「ゴールというのはチームの力で決めるものだ。だが、ラウルは毎年のように立派な成績を残し、称賛される存在だ。当分の間、彼を上回るような選手は現れないだろう。彼は常に最前線で戦い、堂々と勝負を挑むことでチームを引っ張ってきた。この偉業を心から祝福したい」
●レアル・マドリーの主将ラウル・ゴンサレス・ブランコは、15日に行われた対スポルティング・ヒホン戦で2ゴールを決め、レアル・マドリーでの通算ゴール数を309に伸ばした。それまでアルフレッド・ディ・スレファノが持っていた最多得点記録307を抜いて、歴代得点王としてクラブの歴史に名前を刻んだ。試合後、ラウルはインタビューに応じ、偉大な記録達成を達成したことに満足の意を表しつつも、さらにゴールを決め続けていくとの決意を新たにした。「記録には満足している。ついに偉大なディ・ステファノ氏を上回ることができたのだから。これからも、勝利のためにゴールを決め続けていきたい。今日は試合にも勝つことができたので、なおうれしい」
●15日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、セルティックがレンジャーズと対戦、0-0で引き分けた。この結果、首位セルティックは勝ち点56に伸ばし、レンジャーズとの差は2ポイントのまま。
●15日に行われたFAカップ4回戦の試合で、プレミアリーグ同士の対戦となったエヴァトン対アストン・ヴィラ戦は、ティム・ケイヒルの活躍でエヴァトンが3-1で勝利。ベスト8にコマを進めた。また、マンチェスター・ユナイテッドは2部のダービー・カウンティとアウェイで対戦。4-1で危なげなく勝利した。
●セリエA第24節の大一番、首位インテル対2位ミランのミラノダービーが15日に行われ、インテルが2-1で勝利した。インテルはこれで勝ち点を56とし、ミランは同45でその差11ポイント。インテルの優勝がぐっと近づいた勝利となった。通算270回目を迎えたダービー。3位ユヴェントスはサンプドリアとホームで戦い、1-1で引き分けた。インテルが勝利したことを考えれば痛恨のドローで、インテルとの勝ち点差は9ポイントに開いた。また、ローマはアタランタに0-3完敗。ジェノア対フィオレンティーナは3-3で勝ち点1を分け合った。
●リーグアン第24節の3試合が15日に開催され、首位リヨンがル・アーブルと対戦。3-1で快勝した。リヨンは勝ち点49とし、2位パリSGとの差は4ポイント。一方、3位マルセイユはモナコに1-0で勝利し、勝ち点44とした。
●ベッカムは「ピッチでプレーすることを楽しんでいるし、自分のパフォーマンスにも満足している。だが完全移籍に関しては、自分ができることは何もない。自分の手におえなくなったようなもの。交渉はまだ終わっていない。これから1~2週間に渡って両クラブが再び話し合うのは知っている。僕の願いはミランに残ることだ」
●チェルシーDFジョン・テリー退団の噂が報じられたが、本人は「クラブを去るつもりは毛頭ない」とこれを完全否定した。
●試合後“SKY”のインタビューに応じたインテルのジョセ・モウリーニョ監督は「今日の勝利で、自滅しない限りスクデット(セリエA優勝)は我々のものだという確信を得た。ユベントスとACミランが今後、全勝するとは考え難いからだ。ユベントスとACミランに対し、挽回は厳しいとの精神的ダメージを与えるためにも、今日の勝利は重要だった。我々は、素晴らしいパフォーマンスを披露した。選手達に賛辞を送りたい。アドリアーノのゴール?正当だ」
●試合後“SKY”のインタビューに応じたACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「残念でならない。イブラヒモビッチとアドリアーノのフィジカルの強さに苦しめられた。パフォーマンスそのものは良く、試合自体も我々が概ね支配していたことを考えると、ドローが妥当な結果だった。2失点を許した前半も素晴らしい展開だったと確信している。繰り返すが、インテルの2人のフォワードにやられた。今後、スクデットは考えない」
●試合後“SKY”のインタビューに応じたユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は「敗戦に終わる可能性もあったが、選手達はなんとかふんばった。得点機を作りながらもゴールにつなげることができない試合では、敗戦に終わる危険もある。今日の我々にとって、ドローはポジティブな結果だ。選手達は素晴らしいパフォーマンスを披露し、勝ち点『1』を奪った。選手達には、何も言うことはない」
●試合後、インタビューに応じたASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「この結果は真摯に受け止めなければならない。アタランタが勝利に相応しかった。彼らは我々以上のパフォーマンスを披露しており、速さと集中力があった。また、ホームの利点を最大限に生かしていた」
●イングランド・プレミアリーグ、チェルシーの監督に就任したオランダ人の名将フース・ヒディンク氏(62)が、来夏にもサッカー界から引退する考えを明らかにした。15日付の英大衆紙サンデー・ミラーに、「2010年ワールドカップ(W杯)が終わったら、辞めることになるだろう」と語った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。