UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/15UEFAサッカー情報
●バレンシアのエース、ダビド・ビジャが「クラブの財政問題緩和の一環として自分が夏に売却されるという話は聞いていない」と話し、今はクラブが4位以内でフィニッシュすることに集中しているとアピールした。
●リーガ・エスパニョーラ第23節の試合で、首位バルセロナがアウェイでベティスと戦い、2-2で引き分けた。バルサは勝ち点60、ベティスは同26で14位となった。3位バレンシアはマラガと戦い、1-1で引き分けた。もう1試合のデポルティーボ・ラコルーニャ対オサスナは0-0で引き分けている。
●いつもアグエロを取り巻いている移籍の噂については、「昨シーズンもオファーはあった。でもクラブは何も言ってなかった。代理人からそれは伝えられたけど、A・マドリーに残りたいって言ったよ。それで残留を決めたんだ。今シーズンもクラブ側は何も言ってこない。もし興味があるクラブがあれば、最終的に僕が決断する。でも実際は何もないよ」
●バレンシアは選手たちへの報酬を支払えないほど深刻な経営難に陥っている。同クラブのビセンテ・ソリアーノ会長は、カルロス・マルチェナ、ラウル・アルビオル、ビセンテのキャプテン3選手を呼び、「今のところ報酬は払えない。いつ問題が解決するかも分からない」とクラブの直面する厳しい現状を伝えたという。2月13日はバレンシアにとって負債返済のタイムリミットであり、この日、選手たちは未払い分の報酬を受け取るはずだった。だが、現実は異なるものとなってしまった。バレンシアの選手たちに対する未払い報酬は合計1500万ユーロ(約17億7000億円)に達すると見られている。
●元バルセロナのFWマキシ・ロペスがFCモスクワからグレミオに移籍することになった。セルソ・ロッチ監督の下、リベルタドーレスカップ制覇を目指すグレミオは、同選手を2009年シーズンの1年契約で獲得した。
●ベティスと2-2で引き分けたバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後の会見で、ベティス戦を次のように振り返った。「ここへは勝ちに来たが、残念ながらそうはならなかった。だが、非難するべき点はない。なぜならチームはいいプレーを披露し、数多くのチャンスを作り出したものの、それが結果に結びつかなかったからだ。ベティスはいいチームだったが、(リーグ前半戦に行われた)1試合目の方がよりわれわれを苦しめた。特にあの試合の前半には厳しい戦いを強いられた」
●フランスはEURO2016の開催地に立候補することなった。しかし、イタリアとの共同開催の可能性は否定した。
●チェルシーは2007-08シーズンの年度末決算が6570万ポンド(約87億円)の赤字であることを発表した。このうち2310万ポンド(約30億円)は、昨年、監督を解任されたジョゼ・モリーニョ、エイブラム・グラントの2人と、コーチングスタッフに対して支払われた違約金だという。
●13日に行われたブンデスリーガ第20節の試合で、レヴァークーゼンがアウェイで首位のホッフェンハイムに4-1と快勝した。
●デイヴィッド・ベッカムのミランへの完全移籍は、メジャーリーグサッカーが設定した移籍期限の13日になっても、金額で折り合わずに、消滅した模様だ。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が今週末開催されるFA杯4回戦(再試合)を軽んじてはいないと主張、格下のカーディフ・シティにも全力で挑むつもりだと語った。
●インテルのフルバック、マイコンが13日の練習中に太ももを痛めたことが分かった。インテルは、今回の怪我でマイコンが今週末行われるミラノ・ダービーを欠場することが決まったと公表。怪我の詳細については明らかになっていないが、24日サンシーロで開催されるCL決勝トーナメントのマンチェスター・ユナイテッド戦(ファーストレグ)にも出られない可能性が高くなった。
●14日に行われたFAカップ5回戦の試合で、チェルシーはアウェイで2部のワトフォードと対戦、アネルカのハットトリックで3-1で勝利した。そのほかのスウォンジー対フラム(1-1)、ブラックバーン対コヴェントリー(2-2)、シェフィールド・ユナイテッド対ハル(1-1)、ウェストハム対ミドルズブラ(1-1)はいずれもドローに終わり、再試合となった。
●14日に行われたブンデスリーガの試合で、ヘルタ・ベルリンがバイエルン・ミュンヘンを2-1で下し、首位に浮上した。これでヘルタは勝ち点を40に伸ばして、ホッフェンハイムを1ポイント上まわって首位。バイエルンは3位に後退した。
●セリエA第24節の2試合が14日に行われ、降格圏の18位にいるトリノがアウェイでラツィオと戦い、1-1のドローで勝ち点1を持ち帰った。トリノは勝ち点20で17位トリノとの差を2ポイントとした。ラツィオは勝ち点32で11位。ナポリ対ボローニャも1-1のドローで90分を終えた。ナポリは勝ち点35で7位、ボローニャは同23で16位となっている。
●リーグアン第24節の7試合が14日に開催され、2位パリ・サンジェルマンがホームでサンテティエンヌと対戦。2-1で勝利し、この日ゲームのなかった首位リヨンとの差を1ポイントとした。
●プレミアリーグのポーツマス対マンチェスター・シティが14日に行われ、ホームのポーツマスがグレン・ジョンソンとフレイダルションのゴールで2-0と快勝した。
●ブレーメンのMFジエゴが、ユヴェントスでプレーしたいという希望を改めて表明した。ブラジル代表のプレーメーカーは、「ユーヴェへの移籍話は噂じゃない。僕がブレーメンを去るときは、ユーヴェに入るときだ。ユーヴェはチャンピオンズリーグで優勝したいという僕の希望を叶えるクラブのひとつだからね」
●今季終了後の引退を明言しているACミランの元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ(40)。現役最後となる15日の“ミラノ・ダービー”インテル戦を前に、マルディーニが意気込みを語った。「インテル戦に我々のスクデット(セリエA優勝)の可能性が託されている。残念ながら首位インテルとの『8』ポイント差は大きい。しかし、開幕時のスランプを考えれば、よくここまで挽回することができたとも感じる。また、昨季と比較しても、チームは大きく成長していると実感している。ポジティブな1年をスクデットで締めくくることができれば最高だ」
●腰の負傷から、復帰に向けて調整していたACミランのDFアレッサンドロ・ネスタ(32)が、再びストップとなった。ACミランのメディカルスタッフは、ネスタの怪我の状況について「筋肉の違和感を訴えており、腰の負傷の再発ではない」と説明した。
●11日に行われたスペイン代表との親善試合で0-2敗戦に終わったイングランド代表。カペッロ監督は「結果には失望しているが、この試合で私は多くのことを学んだ。スペインは素晴らしいパス回しで我々のリズムを崩した。また、彼らはテクニックと速さを生かしていた。スペインは我々とは全く違い、まるで南米のチームと対戦しているようだった。しかし、何人かのインテリジェンスな選手は、次回スペインと対戦した時の対処法を悟ったようだ。また、ルーニー、ジェラード、ファーディナンド、そしてウォルコットが出場していれば、結果は変わっていただろう。試合に出場しなかった選手について語るのは、本来好きではないが、彼らはイングランド代表にとってテクニック面でも不可欠なメンバーであり、プレーで相手を圧倒できる選手達だ」
●首位インテルを「7」ポイント差で追う2位ユベントス。かつての名門復活に意気込むユベントスのアレッシオ・セッコGMが、来季の補強について語った。「我々は競争力があり、チームは既に高いレベルに達している。今後の補強は、トップクラスの選手しか考えていない。カッサーノ?才能のある選手だが、我々はフォワードの選手を必要としていない」
●Los Angeles Timesの電子版は「LAギャラクシーとACミランは、交渉の期日である13日中に同意に達しなかったため、デビッド・ベッカムのACミラン移籍は消滅した」と報じたが、ベッカムの代理人を務めるシモン・オリベーラ氏は、ACミラン移籍の可能性が残されているとアピールした
●“ミラノ・ダービー”となるセリエA第24節ACミラン戦を翌日に控えた14日、インテルのジョセ・モウリーニョ監督が、記者会見に臨んだ。「ACミランがどのような布陣で臨むかは関心ない。また、先発11名についての迷いもない。ただ、ベンチ入りのメンバーは決めかねている。私にとって、ドローは納得のいく結果ではない。しかし、ダービーを意識しているからではなく、リーグ戦で優勝するために勝利が必要なんだ。第1戦との違い?シーズン終了が近付いており、数字上でも注意が必要となる。接戦が予想され、得点チャンスは少ないだろう。だからこそ、チャンスは必ず得点につなげなければならない」
●“ミラノ・ダービー”インテル戦前日の14日、ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が記者会見に望んだ。MFカカの状態ついては「ダービー戦での出場は難しい。カカ欠場の穴を埋めることは難しいが、我々の準備は万全だ。第1戦で勝利(1-0)を収めたということをみなが思い出さなければならない。頭脳的な仕掛けが必要だ。インテルの欠点は見抜いており、そこを攻めていくつもりだ」
●「『いつかチェルシーに戻る日が来るか?』と聞かれたら、イエスと答えるだろう。なぜなら、わたしが監督だった当時のチェルシーは皆が幸せだったからだ。もちろん、“いつかは”と思っているだけで“いつ”とは特定できない。わたしにとってチェルシーは、親しい友人もいる特別なクラブだからだ」モリーニョ監督は2004-05、05-06シーズン、チェルシーの指揮官としてイングランド・プレミアリーグ2連覇を果たしている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
エッチな写メ交換しようよ

ttp://lv-x.net/dx3/
携帯専用のサイトだょ

全部無料だから待ってるね!

パソコン版もあるよ ttp://lv-x.net/free/?dx3

えりにー
2009/02/16
(月) 10:34:14 | URL | えりにー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。